霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

保釈後の動向

インフォメーション
題名:保釈後の動向 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:758 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c4343
 一〇月二九日、綾部では秋季大祭がおこなわれ、翌一二日には、教祖大祭・祖霊大祭が執行された。その日の午後、分所・支部長会議がひらかれていた最中に、「明後日瑞月先生保釈お帰り」との報がはいって、おもわず一同歓呼の声をあげたことである。
 一一月一日保釈の決定にもとづいて、王仁三郎は九八日間の獄中生活にわかれをつげ、午後一時一一分に北区刑務所若松分監の門をでた。数名の新聞記者に撮影され、多数の信者にむかえられて、さぬき屋(真砂町)の二階で休憩し、午後三時五〇分に大阪駅を出発した。このときは一〇〇人以上の信者が同車して綾部までおくっている。綾部駅では六〇〇人をこえるでむかえの人々で駅頭はにぎわった。そして先月二八日竣工したばかりの西門からはいって、無事神苑に帰着したのである。王仁三郎が、この間終始沈着な態度を保持していたことは、体重は入監中にかえって二貫目も増加したというのにもうかがわれる。
 苦難にみちた入蒙の旅、パインタラの遭難にあって、まさしく死線をこえて帰綾をみた王仁三郎にたいして、役員・信者は、すくなくとも一~二年間は休養するものとみていた。社会もまた、事件はまだ解決してはいないし、官憲が、ふたたび国外に脱出することのないようにきびしく監視しているのだから、こんどはおとなしくしているものと一般に考えられていた。
 ところが、出獄後三ヵ月しかたたない一九二五(大正一四)年二月の節分祭がおわると、ただちに数人の信者をともなって、居は亀岡にうつされ、亀岡城址を聖場とするための作業の陣頭指揮を王仁三郎がとったのである。神業を日々のっとめとする王仁三郎にあっては、まったく休養という日はなかったのである。『出口王仁三郎全集』の第六巻には
財政問題や、日出雄(王仁三郎)の保釈問題に関する、小田原評議で低迷せし周章狼狽の空気は、日出雄の保釈帰綾と共に一掃され、全くの嵐の跡の夫れの如く、天地清明の聖地と復活したのである。爾来進展主義の日出雄は、負債や世評に屈することなく、瑞祥会本部を亀岡より綾部に移して、諸務の総攬を宇知麿に一任し、自らは真澄別其他を率いて、万寿苑に根拠を定め、入蒙出発の際宣言せし如く、単に三五聖団の日出雄としてでなく、世界の源日出雄として、万界の暗を照破すべき、神界経綸の実現に着手したのである(大正14・8・17筆録)。
とのべられている。まことに「万界の暗を照破すべき、神界経綸の実現」のために、その基礎を亀岡とさだめて、財政緊縮のおりからにもかかわらず、信者の意表外な挙にでて、積極的に建設造営が着手されたのである。そのために、やや沈滞しかけていた教団も、さらに勇気づけられ、教団内部の空気も一変した。一般社会は、王仁三郎の精力ぷりと、入蒙の挫折をものともしない、その不屈の精神に「驚嘆の目をみはるは亀岡町の人々のみならず、日出雄が天下無敵の経綸振りと、其説示の絶対なるに、今更の如く耳目をそばだて、或は教を請ふべく、或は事業経営の主宰と仰ぐベく、往来する人々引きもきらず」(『出口王仁三郎全集』6巻)というありさまであった。こうして事件以来の世間の酷評を一転する機会がつくられてゆくのである。
〔写真〕
○保釈出獄 (上)刑務所前での王仁三郎 (下)出迎えの人たちの胸はよろこびにあふれていた p758
○綾部の西門 右前方に黄金閣がみえる 破壊された本宮山神殿の材料がつかわれている p759
○王仁三郎の揮毫 p760
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→