霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

四大綱領

インフォメーション
題名:四大綱領 著者:出口王仁三郎
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :Z9030
一、祭 惟神の大道
一、教 天授の真理
一、慣 天人道の常
一、造 適宜の事務

[#次は『王仁文庫』第五篇「道の大原」p2~17より引用]

 四大綱領は、大本において神懸(かんがかり)修業の際、神界より直示されたもので、これが皇道大本の教への由つて出づる源泉であります。決して本田翁本田親徳のことの所説を採録したといふ様な訳ではないのであります。

政──政は万世一系なり当時は「祭」ではなく「政」だった。天照大神の神勅を奉じて、天上より下土(かど)に降臨し給ひ、(しゆ)()(しん)の三徳を具備して、全世界を平らけく安らけく知召(しろしめ)し給ふ、天津日嗣(あまつひつぎ)天皇の御天職であります。(中略)まつりごと五言霊の活用を拝し奉れば、世界の治平は、どうしても神選の地上唯一の君主政治でなければ、真の平和と、万民の幸福とを招来することは、絶対に不可能なることが明らかである。かの代議政体や、共和政治や、合衆制度や、専制政治の、到底物にならぬことは、当然のことであります。故に皇道大本にては、綱領として、政は万世一系、天津日嗣天皇の御天職なりと、強唱(きやうしよう)する所以(ゆえん)であります。

教──(けう)とは天授の真理なり。すべて教なるものは、今日の人智を以て測り知ることの出来ぬもので、智徳円満豊備なる神の直々の教へでなければ、(けう)といふ資格は無いのであります。(中略)人は(かへり)みる、(はじ)る、(くゆ)る、(おそ)る、(さと)るの五情の戒律を、霊魂中に天賦的に付与されてをるにおいておや。盗むなかれ、殺すなかれ、姦淫するなかれ、等の戒めは、人類自然に知悉しておる筈であります。(中略)要するに教へなるものは、過去、現在、未来に通じ、かつ実地に神明、人に(かか)りて、善悪邪正の模範を示し、世界の現状をつぶさに顕示し玉ふが故に、一として(たが)ふことなし。神諭に誠の神の教へは、毛筋の横巾ほども違はぬぞよ、と現はれある所以であります。

慣──慣は天人道の常なり。山野に樹木の発生し、かつその幹の丸く成長するは、これ天道である。これを人あり、伐採して或ひは四角の柱と造り替へ、或ひは平たき板となし、或ひは諸道具を作製するは、これ即ち人道である。人に五倫、五情の心得あるは、人類自然の慣性にして、神または人の教導を待つて知るべきものではありませぬ。

造──造は適宜の事務なり。世の中には、神聖な神様を信仰する以上は今までの様な(いや)しき商法は()めねばならぬとか、下駄屋をしてゐて、神様に奉仕しては勿体ないとか、不敬だとか言つて()める人が間々あるが、これは誤解である。人は天地経綸の司宰たる以上、いやしくも利用厚生の道のためなら、何の事業も神界、現世のために結構なことである。神様にも天神、地祇、八百万の神様が御在り遊ばして、(かみ)は神界統御の神役(おやく)を遊ばす、掛巻(かけまく)(かしこ)き天照大御神様もあれば、一家の守神(しゆしん)もあり、雪隠の神様もありますが、その御役目に高下は有つても、天地守護の職掌には貴賤尊卑の別は無いのと同様に、いかなる事務に従事するも、社会のためになることなら、決して尊卑の区別はありませぬ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→