霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

四大主義

インフォメーション
題名:四大主義 著者:出口王仁三郎
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :Z9029
一、清潔主義 心身修祓の大道
一、楽天主義 天地惟神の大道
一、進展主義 社会改善の大道
一、統一主義 上下一致の大道

[#次は『王仁文庫』第五篇「道の大原」p77~81より引用]

 この神様の教へ──日本の皇道──は清潔主義、即ち「払い給へ清め給へ」といふのである。今日の衛生掃除などもその一部分である。また楽天主義であります。この天地の間に生を()けたといふことは、非常なる楽しいことである、天のお恵みを心から楽しむといふ楽天主義であります。それから進取主義当時は「進展」主義ではなく「進取」主義と呼んでいた、即ち「()や進みに進み、弥や迫りに迫り、山の尾のごとに追ひ伏せ、河の瀬ごとに追ひ払ひてまつろへ(やわ)し」また「五十檀(いかし)八桑枝(やくはえ)の如く、茂木(もく)栄えに栄えしま給へ」なぞといふのでありまして、(さき)に進んでも(あと)には退かんといふのであります。それから統一主義即ち家内を和合するのも、一国を和合するのも統一することである。また自分の霊体を一致するのも統一さすことである。すべてかういふ統一主義であります。
 この清潔主義、楽天主義、進取主義、統一主義との四つが皇道の四大主義であります。そして神人合一するといふことも、余り難しいことではない。過去を思はず悔やまず、未来を案ぜず取り越し苦労をすることがない。明日のことは人間では解ることが出来ないのでありまして、今といふ瞬間、即ちこの刹那が大切であります。つまり刹那主義でありまして、この瞬間に神とも成れば、鬼ともなり、善ともなれば、悪ともなるのであります。いはゆる善悪正邪の分水嶺なのであります。(中略)この刹那を守つて善に進んで行き、天地を楽しんで──楽天主義で、精神を統一して、過ぎ去つたことを思はず、悔やまず、取越苦労をせずに、一路目的地に向かひましたならば、遂には目的の地に安着し、何事も成らずといふものはありませぬ。これが即ち皇道の本義であります。
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
9/8飯塚弘明.comブログ更新。「三鏡解説」を011まで載せました。目次はこちら
9/1飯塚弘明.com「霊界物語スーパーメールマガジン」に昨年から連載している三鏡の解説を、加筆訂正してブログに順次掲載して行きます。「三鏡解説 目次
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→