霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 神社と教派

インフォメーション
題名:第3章 神社と教派 著者:出口王仁三郎
ページ:19 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121802c104
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『直霊軍』明治43年5月10日
 近来(きんらい)国幣社(こくへいしゃ)以上(いじゃう)に奉仕する神職の多くは、神社は宗教以外に特立する者なりと云ふ迷論を主張する者あれども、吾人(ごじん)は常に神社も教派も共に信仰に()って成立(なりた)つものなる事を信じて疑はざるなり。如何(いかん)となれば彼等は神社に(おい)水火難除(すゐくわなんよけ)(など)守護札(おまもりふだ)領布(はんぷ)し、(また)家内繁昌(かないはんじゃう)国家安全(こくかあんぜん)戦勝祈念(せんしょうきねん)の祭典を挙行しつつあるにあらずや。(この)守護札(おまもりふだ)授与(じゅよ)や戦勝祈念の如き、全然(ぜんぜん)(その)基礎(きそ)の信仰に隔離したるものと云ふを()べきや。祈念は勿論、一切の祭典儀式は(みな)()祈禱(きとう)なり。祈禱(きとう)(その)根底(こんてい)を信仰に置かざるべからざる者なる事は万人の首肯(しゅこう)する所なり。祈禱(きとう)は果して信仰に基くものとすれば、神社も教派も(とも)に宗教の圏内を脱すべからざるは明白なり。同じ宗教圏内にても神社の側に(おい)ては、過去の功績を報賽(はうさい)して尚ほ将来を祈願し、教派の側に在っては宇宙万有の主宰に(おは)す大神の遺訓を遵奉(じゅんぽう)して蒼生(さうせい)接化(せっくわ)輔導(ほだう)を理想とするものなり。功績(こうせき)報賽(はうさい)(しゅ)とする神社としては、国土経営に(はげ)(たま)ひし大国主神(おほくにぬしのかみ)少彦名神(すくなひこなのかみ)、又は一族を挙げて義勇(ぎゆう)奉公(はうこう)の誠を捧げし楠公(なんこう)其他(そのた)君国(くんこく)()尽瘁(じんすゐ)して功績あるものは、高下尊卑(かうげそんひ)を問はず祭祀(さいし)するを()べしと(いへど)も、遺訓の宣伝を(しゅ)とし神人(しんじん)の感合を理想とする教派としては、神社の(それ)の如く祖先中の有功者(いうこうしゃ)(すなは)ち国土経営に大功(たいこう)ありとか、皇室の危急を救ひ奉りしとか、又は逆賊を討伐して塗炭(とたん)(くるし)みより民を助けしとかを(もっ)て、任意に祭祀(さいし)すべきものにあらずして、必ず、天照皇太御神(あまてらすすめおほみかみ)(いつ)かずむばあるべからざるなり。(しか)るに今日の神道各派は此の明白なる事理を攪乱(かくらん)して、惟神(かむながらの)大道(たいだう)の何物たるかの帰旨(きし)を明確に説明するなし。()吾人(ごじん)の説をして更に確めむとせば各派の教規(けうき)なるものを見よ、(その)祭神(さいしん)の種々雑多なる(ほと)んど功績報賽(こうせきはうさい)(しゅ)とする、神社と(がう)も差異なきを発見せらるべきなり。
(明治四三、五、一〇号直霊軍)

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
11/25霊界物語音読第33~38巻をアップしました。
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→