霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 反宗教運動

インフォメーション
題名:第5章 反宗教運動 著者:出口王仁三郎
ページ:22 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121802c106
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『人類愛善新聞』昭和6年6月3日
 今年は神武(じんむ)紀元(きげん)二五九一年であるが、これをナンセンス的に解釈すれば二五九(じごく)(はじめ)()む。だから反宗教だの宗教否定運動だのと宗門(しうもん)の内外から騒ぎたててゐる。融通念仏宗(ゆうづうねんぶつしう)菅長(くわんちゃう)山上戒全師(やまがみかいぜんし)が既成宗教の打破を(さけ)むでゐるが、(いやし)くも一宗一派の菅長ともならう者が、一(たん)宗教界(しうけうかい)廓清(くわくせい)を図らうとするには余程の決心がなくてはならぬ。吾々(われわれ)より以上の勇気を持ってゐるに相違(そうゐ)()からう。勿論(もちろん)宗門内(しうもんない)の妨害や牽制(けんせい)があるにせよ、()れを決行するには地位を(なげう)つ覚悟がなくてはならぬ。
 宗教の改革は結構なことで、これによりて宗教家は刺戟(しげき)され(かへ)って(あめ)()って()(かた)まるであらう。既成宗教はこれから良くなりさうだ。私は口にこそ出さぬが信仰生活に入った時から、宗教改革を実行してゐたものだ。今日(こんにち)の既成宗教家は信者から()はして貰ってゐる。それでは指導する事は出来ぬ。実際の宗教(しうけう)撲滅(ぼくめつ)は出来るものでない。()の好きな者は()、芝居の好きなものは芝居と言ったやうに、宗教は各人の心内的のものだから、()くすることは人間を否定することになる。今日(こんにち)の仏教は三千年前に、基督教(キリストけう)は二千年前に出来たものであるから、日進(にっしん)月歩(げっぽ)の時代に()はない。(いたづ)らに戒律や訓戒を設けて動きの取れぬものになってゐる。五十年前の村の先生でも既に老ぼれになってゐると同様に、宗教も人の造ったものである以上は矢張(やはり)時代(じだい)順応(じゅんおう)指導(しだう)をやらなければならぬ。日本の惟神(かむながら)大道(だいだう)――皇道は時代順応指導を具備し、皇典古事記の如きは言霊学(げんれいがく)天津(あまつ)神算木(かなぎ)(もっ)て読んで見ると、チャンと飛行機のことから世の中の成行(なりゆき)まで一切が示されてゐる。だから皇道は融通自由で行詰(ゆきづま)ることが無い。(すなは)ち古事記は皇道の大本(たいほん)を説いたものに(ほか)ならぬ。(しか)し今の学者のやうな説き方では、いつ迄たっても判るもので無い。そこに皇道と古事記の尊さがある訳である。
(昭和六、六、三号、人類愛善新聞)

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
11/25霊界物語音読第33~38巻をアップしました。
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→