霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 歴朝の施政方針

インフォメーション
題名:第2章 歴朝の施政方針 著者:出口王仁三郎
ページ:389 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121802c161
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『敷島新報』大正5年5月11日
 崇神(すじん)天皇(てんわう)即位(そくゐ)(ねん)(ぐわつ)(みことのり)(いは)
(おも)ふに(わが)皇祖(みおや)諸々(もろもろ)天皇(てんわう)(たち)宸極(あまつひつぎ)光臨(のぼり)(たま)へるは、(あに)、一(しん)(ため)ならむや、(けだ)人神(じんしん)司牧(ととのへ)牧の字は底本では「禾+攵」という文字を使っているが一般に日本書紀では「牧」が使われている。て、天下(てんか)経綸(けいりん)(たま)所以(ゆえん)なり、(ゆゑ)()世々(よよ)玄功(げんこう)(ひら)き、(とき)至徳(しとく)()(たま)へるなり云々(うんぬん)」と(おほ)せられて()りますが「人神(じんしん)司牧(ととのへ)て、天下(てんか)経綸(けいりん)す」とは(すなは)祭事(まつりごと)(もっ)って政治(せいぢ)(おこな)はせらるる()であります。
 (また)()()()天皇(てんわう)御製(ぎょせい)にも
    (あま)(かみ)(くに)(やしろ)(いは)ひてそわが葦原(あしはら)(くに)(をさ)まるとありますが、祭事(まつりごと)(わが)神国(しんこく)(ゆゐ)一の治国(ちこく)(はふ)でありまして、(わが)国家(こくか)施政(しせい)方針(はうしん)は、(いづ)れも()()根本(こんぽん)原則(げんそく)から()()されたのであります。
 (ゆゑ)古来(こらい)国家(こくか)(こと)は、臨時(りんじ)大事(だいじ)勿論(もちろん)平時(へいじ)恒例(くわんれい)(こと)でも、(あるひ)神意(しんい)()ひて(をしへ)()け、(あるひ)祈願(きぐわん)奉告(ほうこく)して(おこな)はれ、(こと)(をは)って(のち)にはまた奉告(ほうこく)謝賽(しゃさい)せられたもので、(これ)今日(こんにち)にも(おこな)はれて()るのであります。元来(ぐわんらい)この国家(こくか)祭礼(さいれい)といふ(こと)は、(その)形式(けいしき)差異(さい)があり、(また)(こと)大小(だいせう)(べつ)がありましても、一()戸主(こしゅ)(なに)(こと)()すに(あた)って(おや)報告(ほうこく)(また)相談(さうだん)するのと意義(いぎ)(おい)ては(かはり)()い、()れが(おや)死後(しご)(おい)如在(じょざい)(れい)(もっ)(おこな)はれる(とき)は、(すなは)ち一()祭祀(さいし)であります。(ゆゑ)国家(こくか)祭祀(さいし)起源(きげん)(たづ)ぬる(とき)は、(とほ)神代(かみよ)(おい)()()(なぎ)()()(なみ)(そん)修理(しうり)固成(こせい)(まつり)(はじ)まって()るのであります。神代(じんだい)()()ると、(はじ)(なぎ)(なみ)(そん)男女(だんぢょ)(みち)先後(せんご)(あやま)られましたが(ため)に、不具(ふぐ)なる蛭子(ひるこ)()()みになり、(さら)天神(てんしん)(をしへ)()けて(ここ)(こう)(そう)せられたのでありますが、()れは(あたか)息子(むすこ)最初(さいしょ)家業(かげふ)失敗(しっぱい)して、(さら)老練(らうれん)なる(おや)(をしへ)()けて成功(せいこう)したのと(おな)(こと)で、(なぎ)(なみ)(そん)としては()天神(てんしん)(まつ)(たま)ひ、息子(むすこ)としては()(おや)(まつ)ったのであります。(しか)今日(こんにち)所謂(いはゆる)祭祀(さいし)(すなは)ち一(しゅ)形式(けいしき)(そな)へた祭祀(さいし)は、天孫(てんそん)()()()(のみこと)降臨(かうりん)濫觴(らんしゃう)して()るのであります。神代(じんだい)()()ると天孫(てんそん)()()()(のみこと)降臨(かうりん)(たま)ふに(さい)し、天照(あまてらす)(おほ)()(かみ)()()づから寶鏡(はうきゃう)()りて()れを天孫(てんそん)(さづ)けて(のたまは)
()れの(かがみ)は、(もは)(あが)御魂(みたま)として、(あが)(まへ)(いつく)がごと、(いつ)(まつ)れ」
と、()(わが)国典(こくてん)に「(いつ)きまつる」といふ言葉(ことば)()えた(はじめ)でありますが、また()(とき)高皇(たかみ)産霊(むすびの)(かみ)(あめの)兒屋(こやねの)(みこと)太玉(ふとだまの)(みこと)(みことの)りし(たま)はく。
()(すなは)天津(あまつ)神籬(ひもろぎ)(かま)へ、天津(あまつ)磐境(いはさか)(おこ)()(まさ)吾孫(すめみま)御為(みため)(いは)(まつ)らむ、(いまし)(あめの)兒屋(こやねの)(みこと)(ふと)(たまの)(みこと)(よろ)しく、天津(あまつ)神籬(ひもろぎ)()ちて、葦原(あしはらの)中津(なかつ)(くに)(あまくだり)て、(また)吾孫(すめみま)御為(みため)(いは)(まつ)れ」と、()(また)臣下(しんか)(たい)して祭祀(さいし)(をし)(たま)うたのであります。磐境(いはさか)斎境(いはさか)斎場(さいじゃう)()であります。神籬(ひもろぎ)()籬木(もろぎ)祭典(さいてん)(とき)神霊(しんれい)招請(せうせい)して()する()のことで、(さかき)または(まつ)(もち)ひるのであります。されば爾来(じらい)歴代(れきだい)天皇(てんわう)祭祀(さいし)(もっ)為政(しせい)大本(たいほん)()(たま)ひ、一(れい)(はっ)し一()(おこな)はるるにも私意(しい)(くは)(たま)(こと)なく、(ほと)んど(みな)神意(しんい)奉伺(ほうし)(うへ)にて(おこな)はせられたのであります。それで国家(こくか)祭祀(さいし)荘重(さうちょう)熾盛(しせい)でありまして、上下(じゃうげ)貴賎(きせん)ともに祖神(そしん)(たい)して敬虔(けいけん)愛慕(あいぼ)(じゃう)(ねっ)して()(とき)は、(がい)して天下(てんか)泰平(たいへい)で、(くに)少々(せうせう)(らん)があっても(ただ)ちに(おさま)り、国威(こくゐ)国光(こくくわう)海外(かいぐわい)(かがや)くと()状態(じゃうたい)であったが、(これ)(はん)して祭祀(さいし)(おとろ)へた時代(じだい)国家(こくか)はどうも(はなは)だしい内乱(ないらん)(おこ)るとか、海外(かいぐわい)諸国(しょこく)との関係(くわんけい)面倒(めんだう)であるとか()事故(じこ)比較(ひかく)(てき)(おほ)かった(やう)であります。
 抑々(そもそも)人皇(じんわう)(だい)(だい)神武(じんむ)天皇(てんわう)が、日向(ひうが)より東征(とうせい)(ぐん)(おこ)夥多(くわた)賊徒(ぞくと)誅戮(ちゅうりく)して天下(てんか)平定(へいてい)(こう)(そう)(たま)ふや、皇祖(くわうそ)天神(てんじん)(まつ)って荘重(さうちゃう)なる()即位(そくゐ)(しき)(おこな)はれましたが、()れが今日(こんにち)大嘗祭(だいじゃうさい)であります。(また)()即位(そくゐ)()(ねん)
(わが)皇祖(みをや)(みたま)(てん)より降臨(こうりん)して(ちん)()光助(くわうじょ)(たま)へり、(いま)諸虜(しょりょ)(すで)(たひら)海内(かいだい)無事(ぶじ)なり、(もっ)天神(てんしん)郊祀(こうし)大孝(たいかう)()ぶべきなり」と(おほ)せられて、霊畤(れいじ)大和国(やまとのくに)宇陀郡(うだぐん)榛原村(はりはらむら)鳥見(とみ)山中(さんちう)()てて皇祖(くわうそ)天神(てんじん)大祭(たいさい)(おこな)はせられたのであります。(くだ)つて(だい)(だい)崇神(すじん)天皇(てんわう)(また)格別(かくべつ)神祇(しんぎ)崇敬(すうけい)()らせられ、従来(じゅうらい)のやうに神人(しんじん)同床(どうしゃう)では神祇(しんぎ)冒涜(ぼうとく)するの(おそ)れありとて、別人(べつじん)別処(べっしょ)(せい)(おこ)(たま)ひ、(また)疫病(えきびゃう)流行(りうかう)して百(しゃう)流離(るり)し三(かん)関係(くわんけい)して辺境(へんきゃう)(おい)背叛(はいはん)するものあるや、天神(てんしん)地祇(ちぎ)(いの)りて(ゆめ)大物主神(おほものぬしのかみ)諭告(ゆこく)()て、天下(てんか)順伏(じゅんぷく)し、後世(こうせい)御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)(もう)(たてまつ)つた(ほど)であります。(つい)(だい)十一(だい)垂仁天皇(すいにんてんわう)(また)御父(おんちち)崇仁天皇(すじんてんわう)()同様(どうやう)神祇(しんぎ)崇敬(すうけい)(たま)うて二十五(ねん)(はる)(ぐわつ)(みことのり)して(のたまは)
(わが)先皇(せんわう)御間城(みまき)入彦(いりひこ)()()瓊殖天皇(ゑのすめらみこと)は、()(さかし)(ひじり)(まし)ます、欽明聰達(つつしみあきらかさとく)(ふか)謙損(ゆづりすつる)ことを(とり)て、(こころざし)
沖退(むなしくしりぞくる)ことを(いだ)き、機衡(まつりごと)綢繆(すべをさめ)神祇(しんぎ)礼祭(いやまつ)り、(おのれ)()()(つと)め、()に一(にち)(つつし)む、(これ)(もっ)
人民(おほみたから)富足(とみたり)天下(てんか)太平(たひらか)なり、(いま)(ちん)()(あた)つて神祇(しんぎ)祭祀(いはひまつ)ること、(あに)(おこた)()るを()()
 かくして伊勢(いせ)大神宮(だいじんぐう)(おこ)(たま)うたのであります。(つぎ)神功(じんぐう)皇后(くわうごう)神明(しんめい)救助(きうじょ)()り三(かん)(せい)(たま)
たるが(ごと)きは、(じつ)祭祀(さいし)(ため)国威(こくゐ)発揚(はつやう)したのであります。かくて神功(じんぐう)皇后(くわうごう)(かん)征伐(せいばつ)結果(けっくわ)應仁(おうじん)(てん)(わう)御代(みよ)(いた)り、百済国(くだらのくに)より論語(ろんご)(およ)び千()(もん)(けん)じて仏教(ぶっけう)伝来(でんらい)(たん)(ひら)き、欽明(きんめい)天皇(てんわう)の十二(ねん)百済(くだら)聖明王(せいめいわう)仏像(ぶつぞう)経論(きゃうろん)(たてまつ)りて仏教(ぶっけう)東漸(とうぜん)先導(せんだう)()してより物部(もののべ)蘇我(そが)()軋轢(あつれき)()たし、疫病(えきびゃう)流行(りうかう)となり、蘇我(そが)()専横(せんわう)となり、馬子(うまこ)大逆(たいぎゃく)となり、(つひ)推古(すいこ)天皇(てんわう)(てう)(おい)聖徳(しゃうとく)太子(たいし)崇仏(すうぶつ)政治(せいぢ)()るに(およ)んで国情(こくじゃう)(ぺん)し、我国(わがくに)固有(こいう)(まつり)(すなはち)(まつりごと)大義(たいぎ)衰頽(すいたい)()たしたのであります。元来(ぐわんらい)我国(わがくに)民性(みんせい)(がい)して楽天的(らくてんてき)雄壮(いうさう)闊達(かったつ)であつて、過去(くわこ)現在(げんざい)未来(みらい)などの観念(くわんねん)なく、(したが)つて宗教(しゅうけう)なるものも()らう(はづ)()かつたのであります。(しか)るに仏教(ぶっけう)伝来(でんらい)(さい)百済王(くだらわう)
(この)(のり)は、諸法(しょはう)(ちう)(もっと)殊勝(しゅせう)(かい)(がた)()(がた)し、周公(しうこう)孔子(こうし)()()ること(あた)はず、(この)(のり)()無量(むりゃう)無辺(むへん)福徳(ふくとく)果報(くわほう)(しゃう)じて乃至(すなはち)無上(むじゃう)菩提(ぼだい)()(わきま)ふ、(たと)へば(ひと)随意(ずゐい)(たから)(いだ)随所(ずゐしょ)(もち)ゐて、(ことごと)(こころ)(まま)なるが(ごと)し』など()鱈目(たらめ)表文(へうぶん)(たてまつ)つて、()単純(たんじゅん)なる敬神(けいしん)思想(しさう)惑乱(わくらん)せしめた。(これ)()当時(とうじ)(おい)ても、迷信(めいしん)()つたに(ちが)いは()いけれども、(いづ)れも仏教家(ぶっけうか)(はい)のいふやうに仏教(ぶっけう)(やとひ)()れてまで、(こく)(みん)思想(しさう)統一(とういつ)する必要(ひつえう)()かつたのであります。(いな)()仏教(ぶっけう)なるものが()て、国民(こくみん)思想(しさう)(とう)一を(はか)つて()れたが(ため)に、(かへ)つて国民(こくみん)本性(ほんしゃう)(にご)して(しま)うたのであります。聖徳(しゃうとく)太子(たいし)(やう)聡明(そうめい)叡智(えいち)御方(おんかた)さへも、我国(わがくに)固有(こいう)大道(たいだう)(すなは)敬神(けいしん)大義(たいぎ)閑却(かんきゃく)されたのは(かへ)(かへ)すも遺憾(ゐかん)至極(しごく)であります。(その)証拠(しゃうこ)には太子(たいし)()事業(じげふ)として仏教(ぶっけう)(ため)には非常(ひじゃう)尽力(じんりょく)なされたが、神祇(しんぎ)(ため)尽力(じんりょく)なされた(こと)史実(しじつ)()りませぬ。(また)国家(こくか)憲法(けんぱふ)()(つく)りに()つたが、(その)十七()(でう)(なか)に一(げん)()神祇(しんぎ)(かかは)つて()ない。(これ)(はん)して仏教(ぶっけう)(こと)になると『()(たから)(うやま)へ、三(ぽう)仏法(ぶっぽふ)(そう)なり。(すなは)ち四(せい)終帰(しうき)万国(ばんこく)極宗(きょくしゅう)なり。(いづ)れの()(いづ)れの(ひと)(この)(のり)(たっと)ばざらむ。(ひと)(はなは)()しきもの(すくな)し、()(をし)ふるをもて(したが)ひぬ。()れ三(ぽう)()らずば、(なに)(もっ)(まが)れるを(ただ)さむ』とまで()はれて()ります。(いやしく)憲法(けんぱふ)にさへ()(とほ)りでありますから、()推知(すいち)することが出来(でき)るではありませぬか。果然(くわぜん)国家(こくか)未曾有(みぞう)(だい)紊乱(びんらん)()たし、民性(みんせい)楽天(らくてん)(てき)なりしは悲観的(ひくわんてき)となり、闊達(くわったつ)なりしは卑屈(ひくつ)となり、後世(こうせい)今日(こんにち)(いた)つても()(こと)出来(でき)ない(ほど)禍根(くわこん)()ゑて仕舞(しま)うたのであります。かくて皇極(くわうきょく)天皇(てんわう)(てう)(およん)蘇我(そが)()専横(せんわう)悪徳(あくとく)()んで(ちう)せられ、孝徳(かうとく)天皇(てんわう)()即位(そくゐ)あつて中大兄皇子(なかのおほえのわうじ)藤原(ふぢはら)鎌足(かまたり)(はか)大化(たいくわ)革新(かくしん)断行(だんかう)(たま)ふや、聖徳太子(しゃうとくたいし)仏教(ぶっけう)政治(せいぢ)(はい)し、我国(わがくに)祭政(さいせい)()主義(しゅぎ)として儒教(じゅけう)(およ)唐制(とうせい)参酌(さんしゃく)されました。
 (けだし)()れは当時(とうじ)国情(こくじゃう)として()むを()()かつたのであります。(まへ)(まを)した(とほ)聖徳太子(しゃうとくたいし)崇仏(すうぶつ)政治(せいぢ)
(ため)に、国民(こくみん)思想(しさう)益々(ますます)混乱(こんらん)して一(ぱん)風習(ふうしう)追々(おひおひ)()しく()つて()たけれども、(その)本元(ほんげん)仏教(ぶっけう)には(これ)整理(せいり)する(ところ)道具(だうぐ)()い。仏教(ぶっけう)には個人(こじん)(みづか)制裁(せいさい)する(ところ)戒律(かいりつ)()つても、国家(こくか)としての政治(せいぢ)(はふ)(いう)せぬから()()けやうがない。(また)我国(わがくに)古来(こらい)政治(せいぢ)(はふ)固有(こいう)風儀(ふうぎ)習慣(しうくわん)()つて()たのであるから、判然(はんぜん)たる法度(はっと)(もっ)て一一明細(めいさい)記述(きじゅつ)するといふような(こと)出来(でき)ませぬ、(ゆゑ)此際(このさい)(もっと)現世(げんせ)(てき)であつて道徳的(だうとくてき)政治(せいぢ)(がく)たる儒教(じゅけう)(およ)()れに(もとづ)いて出来(でき)()唐制(とうせい)採用(さいよう)せられたのは適当(てきたう)(こと)であります。(しか)儒教(じゅけう)により唐制(とうせい)模倣(もはう)せられたとは()ひながら、聖徳太子(しゃうとくたいし)仏教(ぶっけう)耽溺(たんでき)せられたやうに、儒教(じゅけう)(まよ)はれたのでは()りませぬ。(その)(いちぢる)しき証拠(しゃうこ)としては、孝徳天皇(かうとくてんわう)大化(たいくわ)元年(ぐわんねん)に、右大臣(みぎのおほおみ)蘇我(そが)石川麻呂(いしかはのまろ)が、『()神祇(かみ)鎮祭(まつ)りて(のち)政事(まつりごと)(はか)らせ(たま)へ』と(そう)するや、(ただち)嘉納(かなふ)(たま)ひて、其日(そのひ)倭漢直(やまとのあやのあたへ)()()()尾張(をはり)(くに)に、忌部首子(いむべのをびとこ)麻呂(まろ)美濃(みの)(くに)(つか)はして供神(けうしん)(へい)(くわ)せられたるに()つて明白(めいはく)であります。(また)中大兄皇子(なかのおほえのみこ)天智(てんち)天皇(てんわう))の帝位(ていゐ)(のぼ)(たま)ふに(およ)びて近江(おほみ)(れい)制定(せいてい)せられ、其後(そのご)天武(てんむ)文武(もんぶ)両朝(りゃうてう)少々(せうせう)づつ修訂(しうてい)(くわ)へられましたが、文武(もんぶ)天皇(てんわう)大宝(たいほう)年間(ねんかん)出来(でき)(あが)がつたから(これ)大宝(たいほう)(れい)()ひます。(その)(れい)()りますと、神祇官(しんぎくわん)なる職官(しょくくわん)特別(とくべつ)(まふ)けて(これ)太政官(だいじゃうくわん)(うへ)()き、職員(しょくいん)国家(こくか)祭祀(さいし)(こと)綿密(めんみつ)規定(きてい)してあります。
 北畠(きたばたけ)親房(ちかふさ)(きょう)職原抄(しょくげんしゃう)()(こと)説明(せつめい)して『以当官(たうくわんをもって)置諸官之上(しょくわんのうへにおく)是神国之風儀(これしんこくのふうぎにして)重天神地祇(てんしんちぎをおもんずる)故也(ゆゑなり)。……(また)祭官之職者(さいくわんのしょくは)上古之(しゃうこの)重任(じゅうにん)(なり)(また)神国(しんこく)之故以当官置(なるのゆゑにたうくわんをもって)太政官之上乎(だいじゃうくわんのうへにおく)』と()うてあります。(その)神祇(しんぎ)(れい)()ると、恒例(かうれい)祭典(さいてん)(はる)に二(くわい)(なつ)に七(くわい)(あき)に四(くわい)(ふゆ)に六(くわい)あつて、臨時(りんじ)祭典(さいてん)(とう)(すくな)くなかつたので()ります。(また)当時(たうじ)日本(にっぽん)全国(ぜんこく)大国(たいごく)上国(じゃうごく)中国(ちうごく)下国(げごく)(および)大宰府(だざいふ)といふやうな(ふう)等級(とうきふ)()けてありましたが、(いづ)れも(その)国々(くにぐに)長官(ちゃうくわん)(すなは)今日(こんにち)知事(ちじ)をして国内(こくない)神社(じんじゃ)祭祀(さいし)(とう)(こと)(つかさど)らしめられたので、職員令(しょくゐんれい)地方官(ちはうくわん)職掌(しょくしゃう)(ちう)神祇(しんぎ)(こと)(だい)()()いて『大国守(たいこくしゅ)()掌祠社戸口簿帳云々。(ししゃここうぼちょうをつかさどるうんぬん)上余守准此(じゃうよのかみこれにならへ)』とあります。また大宰府(だざいふ)には長官(ちょうくわん)たる(そつ)(ほか)主神(しゅしん)なる役目(やくめ)のものがあつて、(りゃう)主神(しゅしん)(そつ)(うへ)()いて職掌(しょくしゃう)としては主神(しゅしん)(もろもろ)祭祀(さいし)(こと)(つかさど)り、(そつ)祠社戸(ししゃこ)口等(こうとう)其他(そのた)行政(ぎゃうせい)()()(つかさど)るやうに()いてありますが、如何(いか)(その)国体(こくたい)(おも)んじ本末(ほんまつ)(あやま)らぬやうに(こころ)(もち)ひられたかがしのばれるではありませぬか。(また)天武(てんむ)天皇(てんわう)我国(わがくに)古伝(こでん)亡滅(ばうめつ)(かへ)せむことを憂慮(いうりょ)あらせられて、記憶(きおく)(りょく)(つよ)丹波国(たんばのくに)桑田郡(くわたごほり)稗田(ひえだ)(さと)稗田(ひえだの)阿礼(あれ)(ちょく)して(しょう)せしめられたのを、元明(げんめい)天皇(てんわう)和銅(わどう)(ねん)太安(おほのやす)万呂(まろ)朝臣(あそん)筆記(ひっき)せられ古事記(こじき)出来(でき)(あが)りました。(つい)元生(げんしゃう)天皇(てんわう)養老(ようろう)(ねん)修史(しうし)事業(じげふ)があつて、各々(おのおの)旧説(きうせつ)異伝(いでん)集輯(しうしふ)した日本(にほん)書紀(しょき)出来(でき)(あが)りました。(もっと)修史(しうし)事業(じげふ)推古(すいこ)天皇(てんわう)(とき)聖徳(しゃうとく)太子(たいし)蘇我(そがの)(うま)()協力(けうりょく)して天皇記(てんわうき)国記(こくき)編録(へんろく)せられたのが、(ちゅう)せられる(とき)(あづか)(ざう)して(をっ)たのを()いて(しま)うた。しかし其時(そのとき)船史恵尺(ふねのふびとゑさか)火炎(くわえん)(なか)()()んで国記(こくき)だけを()()したと()(こと)であります。して()ると聖徳(しゃうとく)太子(たいし)当時(たうじ)国情(こくじゃう)(かんが)みて国体(こくたい)(くわん)する記伝(きでん)必要(ひつえう)(かん)じられたに相違(さうゐ)()いけれども、(また)(その)事業(じげふ)に、大逆(たいぎゃく)馬子(うまこ)(とう)(たづさ)はつたとして()れば、(はた)して()記録(きろく)正確(せいかく)神聖(しんせい)()つたか(いな)かが(うたが)はれる。斯様(かやう)(かんが)へて()ると焼滅(しょうめつ)して(かへっ)国家(こくか)後世(こうせい)(ため)利益(りえき)()つたかも()れぬのであります。(おも)ふに千載(せんざい)今日(こんにち)(また)(いく)千万(せんまん)(さい)後々(のちのち)までも、(わが)国体(こくたい)淵源(ゑんげん)()皇道(くわうだう)大義(たいぎ)闡明(たんめい)して、金甌(きんおう)無欠(むけつ)国体(こくたい)維持(いじ)し、祖国(そこく)として神国(しんこく)として世界(せかい)(ほこ)()ることは、(まった)大化(たいくわ)革新(かくしん)以後(いご)歴代(れきだい)天皇(てんわう)が、外教(ぐわいけう)輸入(ゆにう)(ため)思想(しさう)(かい)(だい)紊乱(びんらん)(きた)した(のち)掃蕩(さうたう)して(ちから)国体(こくたい)保護(ほご)(うへ)集注(しうちう)(たま)うた結果(けっくわ)であります。(かつ)本居(もとをり)(のり)(なが)(をう)
    ()(こと)禍事(まがこと)いつぎ禍事(まがこと)()(こと)いつぐ()(なか)(みち)
()はれましたが、(みぎ)(やう)因果(いんぐわ)関係(くわんけい)(かんが)へぬ次第(しだい)であります。ところが、聖武(せいむ)天皇(てんわう)御代(みよ)(いた)つて仏教(ぶっけう)非常(ひじゃう)興隆(こうりゅう)すると反対(はんたい)に、我国(わがくに)固有(こいう)神道(しんだう)(はなは)だしく衰微(すゐび)()たしたのであります。(もっと)(この)()(ぜん)(すなは)聖徳太子(しゃうとくたいし)時代(じだい)以来(いらい)仏教(ぶっけう)漸次(ぜんじ)弘布(ぐふ)せられ、朝廷(てうてい)(おい)ても仏会(ぶつえ)修法(しうはふ)などがありましたけれども、大化(たいくわ)革新(かくしん)(ため)(おさ)へられて目立(めだ)(ほど)(こと)もなかつたが、(やうや)(とき)()ぎて改革(かいかく)の一段落(だんらく)()くと(とも)に、入唐(にうたう)して()た三論宗(ろんしゅう)(そう)道慈(だうじ)唯識宗(いしきしゅう)(そう)玄昉(げんばう)帰朝(きてう)(およ)律宗(りっしゅう)唐僧(たうそう)鑑真(かんしん)来朝(らいてう)(とう)際会(さいくわい)して、(かしこ)くも聖武(せいむ)天皇(てんわう)(みづか)ら三(ぽう)()(しょう)(たま)ひて大仏(だいぶつ)(つく)り、戒壇(かいだん)(きづ)き、諸国(しょこく)国分(こくぶ)(でら)()てて(でん)()(あた)へ、国司(こくし)をして(これ)検校(けんかう)せしめられた(ほど)帰依(きえ)信仰(しんかう)()て、(その)結果(けっくわ)僧侶(さうりょ)暴慢(ばうまん)となり、(そう)玄昉(げんばう)(ごと)きは(おそ)(おほ)くも光明(くわうみょう)皇后(くわうごう)昵近(ぢっきん)(たてまつ)り、また一(ぱう)には藤原(ふじはら)広嗣(ひろつぐ)(つま)美貌(びぼう)なるに(よこ)恋慕(れんぼ)して広嗣(ひろつぐ)不在(ふざい)(ちう)()れを(かん)せむとし、(つひ)広嗣(ひろつぐ)をして(はん)せしむるに(いた)つた。(おな)叛臣(はんしん)でも広嗣(ひろつぐ)(ごと)きは(たう)()事情(じじゃう)から(かんが)へると(じつ)()(どく)次第(しだい)であります。(また)(そう)行基(ぎょうき)()でて本地(ほんち)垂跡(すゐじゃく)(せつ)(とな)へ、民心(みんしん)欺瞞(ぎまん)して一(さう)仏法(ぶっぱふ)弘通(ぐつう)し、(その)(へい)たる(つひ)孝謙(かうけん)天皇(てんのう)御代(みよ)(およ)びて、朝紀(てうき)大紊乱(だいびんらん)となりて(あら)はれ、恵美(ゑみ)押勝(おしかつ)(つい)妖僧(えうそう)道鏡(だうきゃう)寵幸(ちょうかう)(ほしいまま)にするに(いた)り、(じつ)忌々(いまいま)しき一(だい)汚点(をてん)国史(こくし)(うへ)(のこ)して仕舞(しま)うたのであります。()当時(たうじ)(こと)歴史(れきし)物語(ものがた)りに()つて()ますと、(むね)(ぱい)()つて(なん)とも()とも()へぬ(じつ)遺憾(ゐかん)次第(しだい)であります。
 かくて孝謙(かうけん)天皇(てんわう)(はう)(たま)光仁(くわうに)天皇(てんわう)藤原(ふじはら)百川(ももかは)(ため)迎立(げいりつ)され(たま)ひてより、代々(よよ)英明(えいめい)天皇(てんわう)継承(けいしょう)(たま)ひ、藤原(ふじはら)()外戚(ぐわいせき)として漸次(ぜんじ)勢力(せいりょく)()専横(せんわう)には()つて(まゐ)りましたけれ(ども)(あま)(はなは)だしい紊乱(びんらん)(しょう)する(ほど)(こと)()く、(こと)宇多(うだ)天皇(てんわう)(ごと)きは、一(だん)英明(えいめい)(きみ)にましまして、菅原(すがはらの)道真(みちざね)卑家(ひけ)から(ぬき)()げて一(ぱう)藤原(ふじはら)()(おさ)へ、国家(こくか)施政(しせい)細則(さいそく)たる延喜(えんぎ)(しき)五十(くわん)修定(しうてい)せられたのであります。()れは平田(ひらた)(あつ)(たね)(をう)の『たまだすき』に(こま)やかに解題(かいだい)がしてあります。
 延喜(えんぎ)(しき)()ふは全部(ぜんぶ)で五十(くわん)ありまして式條(しきでう)御典(みふみ)でありますが、(その)初巻(しょくわん)より(だい)(くわん)までを神祇(じんぎ)(しき)とて神祇(じんぎ)(くわん)する御式(おんしき)()せられ、あとの四十(くわん)神祇(じんぎ)(こと)(つづ)まる(くらゐ)で、八巻目(くわんめ)諸々(もろもろ)神々(かみがみ)(まつ)らせ(たま)(とき)祝詞(のりと)(とう)()せられ、その(だい)一にある祈年(きねん)(さい)祝詞(のりと)より最末(いやすゑ)にいたる大祓詞(おほはらひごと)まで、(ことごと)(てん)()人民(じんみん)(ため)()(たま)神祭(しんさい)御文(みふみ)にて、(さら)天皇(てんわう)()自体(じたい)(ため)(いの)らせ(たま)はず、天下(てんか)(こと)(いの)(たま)ふに(つい)御自(おんみづから)御事(おんこと)にも(およ)ぼせる御文(おんふみ)であります。()てその九巻目(くわんめ)巻目(くわんめ)神名(しんめい)(ちょう)とて、朝廷(てうてい)より御祭(おまつ)りある国々(くにぐに)神社(じんじゃ)()()せられてありますが、(その)(すう)三千百三十二()(やしろ)(かず)すべて二千八百六十一(しょ)(これ)延喜(えんぎ)(しき)(ない)(やしろ)()ふのでありますが、(これ)によりて()れば如何(いか)神祇(じんぎ)(おも)きを()かれたかを()(こと)出来(でき)るのであります。()神社(じんじゃ)(かず)()(しき)()れたのも(すく)なくはなかつたので、同書(どうしょ)(おい)て、()(ほか)国史(こくし)()えたる式外(しきぐわい)(やしろ)、また国史(こくし)()れたる御社(みやしろ)朝廷(てうてい)より(まつ)らせ(たま)ふものも(おほ)くありまして(これ)官知(くわんち)(やしろ)(まを)しました。また()官知(くわんち)(やしろ)(まを)して朝廷(てうてい)御祭(おまつ)りに()れたる(やしろ)(すう)は、(いま)(くは)しくは(たづ)()(こと)出来(でき)ませぬ。(けだ)各国(かくこく)(しん)(かい)()()せたる(やしろ)(おほ)きに(なぞら)へて(かんが)へられませう。
 諸書(しょしょ)に、(あるひ)大社(たいしゃ)小社(せうしゃ)(まん)三千七百()(しゃ)とも、(あるひ)神宮(じんぐう)二万七千七百十三(しゃ)成宮(せいぐう)(じん)二千七百五十(しゃ)()成宮(せいぐう)(しん)一万九千(しゃ)とも、(あるひ)大小(だいせう)神祇(じんぎ)三千七百()(しょ)(うへ)なるは一(まん)三千(しゃ)(した)なるは(あは)石数(ごくすう)などあるを()ても、(その)(かず)(おほ)(こと)弁知(べんち)されるのであります。また平田(ひらた)(おう)諸国(しょこく)総社(そうしゃ)一ノ(みや)由来(ゆらい)(つい)(つぎ)(ごと)()いて()られます。総社(そうしゃ)(しょう)する(やしろ)は、(おほ)くは(むか)国府(こくふ)()りし()にありて式内(しきない)にて()(かみ)(やしろ)とある(やしろ)(しょう)することも(おほ)くありますが、(また)式外(しきぐわい)にて(ただ)総社(そうしゃ)(しょう)するのも(おほ)くあります。(これ)(おも)ふに、往昔(わうせき)国々(くにぐに)国司(くにのみこともち)()かれたる(とき)に、その入府(にふふ)(はじ)めに(おい)国守(こくしゅ)神拝(しんぱい)(まを)して、(その)(くに)にある諸々(しょしょ)(やしろ)(ことごと)巡拝(じゅんぱい)し、(また)(しか)らぬ(とき)にも巡拝(じゅんぱい)する(しき)でありまして、()社々(やしろやしろ)(すべ)(いは)ひて総社(そうしゃ)とせられましたが、また(あらた)(やしろ)()てたのも(おほ)くありました。(なか)には(その)国府(こくふ)()なる一ノ(みや)(あは)(いは)(たてまつ)りたるものもありましたので、(ただ)総社(そうしゃ)()ふと式内(しきない)にて、(その)(やしろ)()(やしろ)(しょう)するも(おほ)しとの(こと)であります。(これ)()つて()るも我国(わがくに)敬神(けいしん)(てき)政治(せいぢ)事実(じじつ)()られます。(しか)るに遺憾(ゐかん)(こと)には(そう)行基(ぎゃうき)()でて本地(ほんち)垂跡(すゐぢゃく)(せつ)(とな)へてより、()いで伝教(でんけう)空海(くうかい)(とう)()でて本地(ほんち)垂跡(すゐぢゃく)両部(りゃうぶ)習合(しうごう)(せつ)敷延(しきのば)し、(たくみ)上下(じゃうげ)信仰(しんかう)撹乱(かくらん)してからは仏教(ぶっけう)思想(しさう)国内(こくない)(ぱん)()(わた)り、天照(あまてらす)大神(おほみかみ)大日(だいにち)如来(にょらい)()()住吉(すみよし)(かみ)正観音(しゃうくわんのん)春日(かすが)(かみ)釈迦(しゃか)松尾(まつを)(かみ)()()()(じん)垂跡(すゐぢゃく)となり、社内(しゃない)僧房(そうばう)(まう)宝塔(ほうたう)鐘樓(しゃうらう)()て、(かわら)(もっ)社殿(しゃでん)()き、丹色(たんせき)(もっ)柱門(ちゅうもん)()り、神前(しんぜん)燈籠(とうらう)()け、樓門(らうもん)(まう)けて山門(さんもん)(こら)し、隋身(ずゐしん)()きて仁王(にわう)()へ、仏刹(ぶっさつ)鎮守(ちんじゅ)(かみ)寺域(じゐき)神祠(しんし)があると()ふやうな状態(じゃうたい)()つて神仏(しんぶつ)(まった)混合(こんがふ)し、(こと)嵯峨(さが)天皇(てんわう)以後(いご)仏教(ぶっけう)帰依(きえ)(あつ)神祇(じんぎ)(くわん)にも誦経(しょうきゃう)(もち)ゐるやうになり、清和(せいわ)天皇(てんわう)空海(くうかい)門弟(もんてい)真雅(しんが)(しん)仏教(ぶっけう)(くわん)する(こと)聴従(ちょうじゅう)(たま)はざるはなく、宮中(きゅうちゅう)諸司(しょし)をして(そう)()き十(ぜん)(かい)()けしめ、万乗(ばんじょう)尊位(そんい)()落飾(らくしょく)して水尾山()り、苦修(くしう)難行(なんぎゃう)体毀(たいき)骨立(こつりつ)して(ほう)(たま)うた(くらゐ)で、(また)最勝(さいしゃう)維摩(ゆいま)仁王会(にわうゑ)法華(ほっけ)の八(かう)(あるひ)は千(そう)(そう)供養(くやう)など法会(はふゑ)供養(くやう)とは朝廷(てうてい)公事(くじ)大半(たいはん)()める(やう)になり、一(ぱん)厭世(えんせい)思想(しさう)(さか)んになつて、妻子(さいし)珍宝(ちんぱう)(およ)王位(わうゐ)臨命(りんめい)終時(しうじ)不随者(ふずゐしゃ)果敢(はかな)みて(くらゐ)(のが)(たま)ひし花山(かざん)天皇(てんのう)(はじ)(たてまつ)り、厭世(えんせい)不平(ふへい)輩王侯(やからわうこう)貴族(きぞく)出家(しゅっけ)する(もの)(おほ)く、假令(たとえ)出家(しゅっけ)せずとも薙髪(ちはつ)して入道(にうだう)など(しょう)し、()()齋院(さいいん)選子(せんこ)(ない)親王(しんわう)すら西方(せいはう)(むか)ひて
    おもへどもいむとていはぬ(こと)なれば其方(そのかた)(むか)ひて()をのみぞなく
()ませ(たま)うた(くらゐ)で、貴紳(きしん)()けば(おほ)くは其邸(そのやしき)寺院(じいん)とし、浄財(じょうざい)喜捨(きしゃ)(おほ)くして(その)勢力(せいりょく)いよいよ強大(きゃうだい)になり、(つひ)僧徒(そうと)傲慢(がうまん)()たし、()にも(あし)にも()はぬやうに()つて仕舞(しま)つたのであります。
 (また)(めん)には、藤原(ふじはら)()世々(よよ)外戚(ぐわいせき)となつて権勢(けんせい)専横(せんわう)(きは)め、一(ぱん)文弱(ぶんじゃく)(なが)れて豪奢(がうしゃ)華美(くわび)(おもむ)淫風(いんぷう)(さかん)()(すさ)んで盗賊(たうぞく)所々(しょしょ)横行(わうかう)するも、一(さい)武士(ぶし)に一(にん)して歌舞(かぶ)(ふけ)ると()有様(ありさま)で、兵馬(へいば)(けん)何時(いつ)とはなしに武門(ぶもん)()ち、(つひ)には政権(せいけん)までも()武門(ぶもん)(うつ)りて、六百()(ねん)(あひだ)回復(くわいふく)することの出来(でき)ぬやうに()つて(しま)うたのであります。折角(せっかく)宇多(うだ)天皇(てんわう)御宇(ぎょう)に、皇国(くわうこく)古儀(こぎ)(のっと)延喜(えんぎ)(しき)制定(せいてい)せられても、国家(こくか)大勢(たいせい)(まか)れて、一(めん)には()(みづから)最澄(さいちょう)弟子(でし)円珍(えんちん)信仰(しんかう)灌頂(くわんぢゃう)受戒(じゅかい)(たま)うたやうな(わけ)で、(さい)(せい)()美風(びふう)(ふる)(おこ)(こと)出来(でき)なかつたのは遺憾(ゐかん)千万(せんばん)であります。さり(なが)有難(ありがた)(こと)には(みぎ)(やう)仏教(ぶっけう)(だい)流行(りうかう)(だい)勢力(せいりょく)時代(じだい)()ても、敬神(けいしん)(みち)滅却(めっきゃく)されるまでに(いた)らず、()意義(いぎ)多少(たせう)相違(さうゐ)()たし風儀(ふうぎ)変形(へんけい)せられ(なが)らも、上下(じょうげ)(あひだ)(つたは)つて(まゐ)りましたので、国体(こくたい)美風(びふう)維持(いじ)する(こと)()()たのであります。順徳(じゅんとく)(いん)禁秘(きんび)(せう)にも
 『凡禁中作法(およそきんちうのさはふ)先神事後他事(しんじをさきにしたじをのちにす)旦暮(たんぼ)敬神之叡慮無懈怠(けいしんのえいりょけたいすることなし)白地以(あからさまに)神宮並内侍所方不為御跡(じんぐうならびにないじしょかたをもってあととなさざれ)万物随出来(よろづのものできるにしたがひ)必先置臺盤所棚(かならずまづだいばんじょだなにおき)召女官被奉云々(じょくわんをめしてまつらさるうんぬん)
(おふ)せられてあります。
 ()れに()つて禁中(きんちう)()()(はふ)(ほど)拝察(はいさつ)する(こと)出来(でき)ます。また(みなもと)頼朝(よりとも)でも敬神(けいしん)(ねん)(あつ)く、屡々(しばしば)(つる)(おか)幡宮(まんぐう)などへ参詣(さんけい)して()るやうでありますし、北条(ほうじょう)()執権(しっけん)として政柄(せいへい)掌握(しょうあく)するやうになつてからは、非常(ひじゃう)神祇(しんぎ)(たふと)び、泰時(やすとき)制定(せいてい)した貞永(でうえい)式目(しきもく)には劈頭(へきとう)(だい)(でふ)に『神社(じんじゃ)修理(しうり)祭礼(さいれい)(もっぱ)らにす()(こと)』と()項目(こうもく)(まう)けて時宗(ときむね)式目(しきもく)()練抄(れんせう)には(これ)註釈(ちうしゃく)して『右神(みぎかみ)(ひと)(けい)()りて()をまし、(ひと)(かみ)(とく)によりて(うん)()ふ。()れば(すなは)恒例(こうれい)祭祀(さいし)陵夷(りょうい)(いた)さず、如在(じょざい)礼奠(れいてん)怠慢(たいまん)せしむること(なか)れ。(ここ)により関東(くわんとう)御分(おんわけ)国々(くにぐに)(ならび)荘園(さうえん)(おい)ては、地頭(ぢとう)神主(かんぬし)()(おのおの)()(おもむき)(そん)し、精誠(せいせい)(いた)すべきなり。(かね)ては(また)有封(いうほう)(やしろ)(いた)りては、代々(よよ)()()小破(せうは)(とき)(しばら)修理(しうり)(くは)へ、(もし)大破(たいは)(およ)ばば子細(しさい)言上(ごんじゃう)せしむれば、()左右(さいう)(したが)()沙汰(さた)あるべし矣』と()うてあります。
 また時宗(ときむね)(とき)は、(あたか)蒙古(まうこ)来襲(らいしう)(くわい)して未曾有(みぞう)危難(きなん)でありました。当時(たうじ)(こと)今更(いまさら)のぶる(えう)もありませぬが、神威(しんい)著明(ちょめい)であつた要点(えうてん)(まを)しますと、()宇多(うだ)天皇(てんわう)文永(ぶんえい)十一(ねん)(ぐわつ)賊船(ぞくせん)筑前(ちくぜん)(はか)()()(とき)に、()(ぐん)連戦(れんせん)連敗(れんぱい)非常(ひじゃう)(くる)しみましたが、一()大風雨(たいふうう)(おこ)つて賊船(ぞくせん)(おほ)岩礁(がんしゃう)()れ、元軍(げんぐん)援兵(えんぺい)たる高麗(こま)大将(たいしゃう)溺死(できし)()し、(つひ)全軍(ぜんぐん)夜中(やちう)(のが)()つて翌朝(よくてう)我軍(わがぐん)海面(かいめん)(のぞ)むと隻影(せうえい)だにも()かつたと()ふことであります。また弘安(こうあん)(ねん)(えき)(とき)賊船(ぞくせん)鷹嶋(たかしま)()つて()ましたが大風雨(だいふうう)前日(ぜんじつ)会々(たまたま)海中(かいちう)青蛇(せいじゃ)(あら)はれ硫黄(いわう)気天(きてん)()ちたので、賊将(ぞくしゃう)范文虎(はんぶんこ)(おそ)れて(たちま)(ぐん)()(のが)()つたが、七月晦(ぐわつみそか)(よる)より(よく)(ぐわつ)(にち)にかけて、(だい)()(ふう)(おこ)り十()(まん)(ぞく)(うち)生還(せいくわん)(しゃ)(わづ)かに三(にん)のみで()つたと()ふことであります。(この)当時(たうじ)上下(じゃうげ)心地(ここち)如何(いかが)()りましたらうか、(おそれおほ)くも天皇(てんわう)神祇(しんぎ)(くわん)(りん)(ぎょ)(した)しく(いの)(たま)ふこと七昼夜(ちうや)亀山(かめやま)上皇(じゃうくわう)(いは)清水(しみづ)(まを)でて(あした)(たっ)するまで黙祷(もくたう)(たま)ひ、(また)(だい)納言(なごん)藤原(ふぢはら)経任(つねとう)伊勢(いせ)(つか)はし宸筆(しんぴつ)願文(ぐわんもん)大神宮(だいじんぐう)(たてまつ)り、()(もっ)国難(こくなん)(かは)らむ(こと)御祈(おいの)りに()つたと(まを)すことであります。今日(こんにち)(かみ)(しん)じない科学(くわがく)万能(ばんのう)主義(しゅぎ)人々(ひとびと)は、()れは(あき)から(ふゆ)へかけては(あだか)も九(しう)西岸(せいがん)附近(ふきん)暴風(ばうふう)(おこ)折柄(をりから)であつて、神為(しんゐ)でも不思議(ふしぎ)でもない偶然(ぐうぜん)都合(つがふ)であると()ふのでありますが、それは(だい)なる間違(まちがひ)で、国体(こくたい)真義(しんぎ)(くら)いから其様(そのやう)途方(とはう)もないことが()へるのであります。(たと)()時候(じかう)所変(しょへん)()るとした(ところ)が、二()賊船(ぞくせん)()(とき)(ごと)(おこ)つたと()ふことは、余程(よほど)不思議(ふしぎ)所変(しょへん)()はなければなりませぬ。
 其後(そのご)南北(なんぼく)両朝(りゃうてう)紛争(ふんさう)から室町(むろまち)時代(じだい)()戦国(せんごく)混乱(こんらん)()()りました。()時代(じだい)(もっと)大義(たいぎ)名分(めいぶん)など()観念(くわんねん)なく、日夜(にちや)戦取(せんしゅ)攻略(こうりゃく)(もっぱ)らにして()たのでありますが、(かか)(うち)にも(ちゃう)()()()元親(もとちか)などは余程(よほど)敬神(けいしん)(ねん)()つたものと()えまして、()の百()(でう)(おきて)(だい)(でう)
諸社(しょしゃ)神事(しんじ)祭礼(さいれい)(とう)先年(せんねん)より(あひ)(さだ)むる(ごと)転退(てんたい)()(べか)らざる(こと)
 (つい)いては(その)(しゃ)(りゃう)寄進(きしん)(もの)(もっ)()()程者(ほどは)修理(しうり)(くは)()し。()大破(たいは)(およ)んで(かな)はざる(とき)奉行(ぶぎゃう)(にん)(まで)(あひ)(ただ)()(もの)(なり)(みぎ)()沙汰(さた)(おい)ては神主(かんぬし)社家(しゃけ)曲事(きょくじ)たる()(こと)
()うてあります。織田(おだ)毛利(まうり)()勤王(きんわう)相待(あひま)つて、()時代(じだい)(おい)ては(まこと)(まづ)らしき(こと)ではありませぬか。また豊臣(とよとみ)秀吉(ひでよし)耶蘇(やそ)(けう)(きん)じたキリシタン法度(はっと)に『日本(にっぽん)神国(しんこく)たる(ところ)切支丹(キリシタン)より邪法(じゃはふ)(さづ)候儀(さふらうぎ)(はなはだ)(もっ)不可然事(しかるべからざること)』とあります。(これ)(もっ)てしても日本(にっぽん)神国(しんこく)なりと()観念(くわんねん)はあつたが、(ぶっ)(けう)(こく)だの儒教(じゅけう)(こく)だのと()(ねん)()かつたといふ(こと)(わか)ります。さて徳川(とくがは)()天子(てんし)公卿(くげ)法度(はっと)まで制定(せいてい)した(ほど)であつたが、皇室(くわうしつ)(たふと)ぶべき(こと)神祇(しんぎ)崇敬(すうけい)すべき(こと)(こころ)(もち)ひた(こと)は、(しょ)法度(はっと)史伝(しでん)などにも散見(さんけん)する(こと)出来(でき)るのであります。(ただ)徳川(とくがは)()などのやり(かた)は、大義(たいぎ)名分(めいぶん)(うへ)から()たと()ふよりは、(むし)(しゅ)として政略(せいりゃく)(じゃう)から()()されて()るので、家康(いへやす)他界(たかい)(ぜん)ある(ひと)が「あなた()他界(たかい)せられたら(かみ)として(まつ)りませうか、(また)(ぶつ)として(まつ)りませうか」と()うたら、「()(まつ)るのであつたら両方(りゃうはう)(まつ)つて()れ、神下(てんか)(おさ)むる(もの)は一(はう)(へん)しては()かない」と()うたと(つた)へられて()りますが、これ等は覇者(はしゃ)として天下(てんか)(おさ)むる(うへ)より人心(じんしん)収攬(しうらん)する(てん)よりしては()(かく)も、大義(たいぎ)名分(めいぶん)(うへ)からは出来(でき)ない(こと)であります。さりとて(その)当時(たうじ)では(なが)(あひだ)仏教(ぶっけう)感化(かんくわ)()け、加之(しかのみならず)(だい)戦乱(せんらん)()()()(とき)であるから、皇国(くわうこく)固有(こいう)風儀(ふうぎ)(あきら)かならず、国体(こくたい)といふ(こと)明瞭(めいれう)(なか)つたから()うも()むを()次第(しだい)でありました。(また)(ぱう)には基督(きりすと)(けう)撲滅(ぼくめつ)するために仏教(ぶっけう)保護(ほご)し、戸籍(こせき)寺院(じゐん)(おい)()(あつか)はせた(くらゐ)でありますから、仏教(ぶっけう)非常(ひじゃう)勢力(せいりょく)()ましたが、皇国(くわうこく)固有(こいう)肝心(かんじん)(かな)めの神道(しんだう)(じつ)微々(びび)たるものでありました。けれども、(また)徳川(とくがは)()文教(ぶんけう)(おも)漢学(かんがく)興隆(こうりゅう)した結果(けっくわ)国学(こくがく)もそれに関連(くわんれん)して(おこ)り、大義(たいぎ)(めい)(ぶん)(あきら)かになり、(つい)明治(めいぢ)維新(ゐしん)大業(たいげふ)()るに(いた)つたのであります。
 以上(いじゃう)大略(たいりゃく)ながら歴世(れきせい)施政(しせい)方針(はうしん)神祇(しんぎ)との関係(くわんけい)(つい)()べて()ましたが、(これ)(えう)するに欽明(きんめい)天皇(てんわう)()(ぜん)(すなは)仏教(ぶっけう)伝来(でんらい)までは純然(じゅんぜん)たる祭政(さいせい)()時代(じだい)仏教(ぶっけう)伝来(でんらい)より孝徳(かうとく)天皇(てんわう)(すなは)大化(たいくわ)改新(かいしん)までは神仏(しんぶつ)(りゃう)思想(しさう)混争(こんさう)時代(じだい)大化(たいくわ)より延喜(えんぎ)(すなは)宇多(うだ)天皇(てんわう)までは神祇(しんぎ)制度(せいど)制定(せいてい)(およ)形式(けいしき)(てき)祭政(さいせい)()存続(そんぞく)時代(じだい)(その)以後(いご)明治(めいぢ)になる(まへ)までは神道(しんだう)衰微(すいび)時代(じだい)とでも(まを)しませうか。(いづ)れにしても純然(じゅんぜん)たる祭政(さいせい)()仏教(ぶっけう)(でん)(らい)以前(いぜん)でなければ()(こと)出来(でき)ないのであります。さり(なが)()()に、時代(じだい)(おう)じて(うへ)英明(えいめい)天子(てんし)ましまし、また(した)にも折々(をりをり)見識(けんしき)卓抜(たくばつ)()があつて、上古(じゃうこ)祭政(さいせい)()状態(じゃうたい)(つた)へられることが出来(でき)ました御蔭(おかげ)で、今日(こんにち)のやうな思想(しさう)(かい)(だい)混乱(こんらん)せる時代(じだい)でも、一()でも古典(こてん)()()れた(ひと)は、国体(こくたい)()(しん)()()(こと)()て、一(てん)疑惑(ぎわく)(おちい)らず、安心(あんしん)立命(りつめい)()ると(とも)に、東海(とうかい)(おもて)(おい)(べう)たる弾丸(だんぐわん)黒子(こくし)()擁護(えうご)し、金甌(きんおう)無欠(むけつ)国体(こくたい)(たも)ち、世界(せかい)雄飛(いうひ)することが出来(でき)るのであります。()(ひとへ)()先賢(せんけん)()りて(つた)へられたる固有(こいう)敬神(けいしん)崇祖(すうそ)(だい)観念(くわんねん)が、国民(こくみん)全体(ぜんたい)充溢(じういつ)して()るが(ため)で、()観念(くわんねん)消長(せうちゃう)()国家(こくか)興廃(こうはい)()たすものなる(こと)は、上述(じゃうじゅつ)事歴(じれき)()つて(あきら)かな(こと)であります。
(大正五、五、一一号敷島新報)

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
11/25霊界物語音読第33~38巻をアップしました。
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→