霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 神政復古の本義

インフォメーション
題名:第1章 神政復古の本義 著者:出口王仁三郎
ページ:377 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121802c160
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『このみち』大正5年4月11日
 明治(めいぢ)天皇(てんわう)王政(わうせい)復古(ふくこ)同時(どうじ)神政(しんせい)復古(ふくこ)御聖慮(ごせいりょ)(まし)ませし(こと)は、明治(めいぢ)(ねん)正月(しゃうぐわつ)祭政(さいせい)()(せい)(あきらか)にし大教(たいけう)宣布(せんぷ)(みことのり)(くだ)(たま)うたのを拝承(はいしゃう)すれば、(すこぶ)明瞭(めいれう)なる事実(じじつ)であります。
(すなは)(みことのり)(いは)
 (チン)(ウヤウヤ)シク(オモン)ミルニ、天神(テンシン) 天祖(テンソ) (キョク)()(トウ)()レ、列皇(レックワウ)(アヒ)()(コレ)()(コレ)()ヘ、祭政(サイセイ)()億兆(オクテフ)(ココロ)(オナジ)フシ、地教(チケウ)(カミ)(メイ)ニ、風俗(フウゾク)(シモ)(ウル)ハシ、(シカウ)シテ中世(チウセイ)以降(イカウ)(トキ)汚隆(ヲリュウ)()リ、(ミチ)顕晦(ケンクワイ)()リ、今也(イマヤ)天運(テンウン)循環(ジュンクワン)百度(ヒヤクド)維新(コレアラタ)(ヨロ)シク治教(チケウ)(アキラカ)ニシ(モツ)惟神(カムナガラ)大道(タイドウ)宣揚(センヤウ)スベキ(ナリ)(ヨツ)(アラタ)宣教使(センケウシ)(メイ)(モツ)天下(テンカ)布教(フケウ)ス、(ナンヂ)群臣(グンシン)衆庶(シュウショ)()(コノ)(ムネ)(タイ)セヨ
神政(しんせい)復古(ふくこ)聖旨(せいし)()(あきらか)御宣布(ごせんぷ)になりましたけれども、宣教使(せんけうし)(にん)ぜられし人々(ひとびと)日本(にっぽん) 皇国(くわうこく)本来(ほんらい)惟神(かむながら)(みち)理解(りかい)されず、(したが)って神政(しんせい)復古(ふくこ)聖旨(せいし)(こた)(たてまつ)(こと)出来(でき)ずして、明治(めいぢ)(ねん)(ぐわつ)には(すで)神祇省(しんぎしゃう)(はい)され教部省(けうぶしゃう)()ち、仏教(ぶっけう)合併院(がっぺいいん)たる大教院(だいけういん)設立(せつりつ)()るに(いた)りました。明治(めいぢ)(ねん)(ぐわつ)大教院(だいけういん)(はい)したと同時(どうじ)に、(まった)祭政(さいせい)()聖旨(せいし)()()ったやうな有様(ありさま)立至(たちいた)ったのは、(なん)とも(まをし)()げやうのない(おそ)(おほ)(こと)であった(わけ)でありました。(じつ)痛恨(つうこん)(かぎ)りなき次第(しだい)であります。憤慨(ふんがい)(さら)()むる(こと)出来(でき)ない次第(しだい)であったのであります。(しか)しながら(これ)(まった)御神慮(ごしんりょ)なるべく、大本(おほもと)大神(おほかみ)御出現(ごしゅつげん)()いて必然(ひつぜん)順路(じゅんろ)であったのであります。斯様(かやう)痛恨(つうこん)(かぎ)りなき次第(しだい)なりしにも(かか)はらず、神道者流(しんだうしゃりう)は一(かう)本来(ほんらい)日本(にっぽん)国教(こくけう)(くわん)して、寝食(しんしょく)(わす)れて研鑽(けんさん)するだけの熱心(ねっしん)()く、(また)徳能(とくのう)もなく、時流(じりう)()かせて惰眠(だみん)(むさぼ)るの有様(ありさま)経過(けいか)(いた)したのであります。王政(わうせい)本義(ほんぎ)(まった)完成(くわんせい)(いた)しましたと同時(どうじ)に、神政(しんせい)復古(ふくこ)国民(こくみん)の一(さい)から(はら)()られて(たれ)()として、それに(こころ)()(もの)がなくなったのでありました。(しか)るに明治(めいぢ)二十七八(ねん)戦役(せんえき)(をは)りました(ころ)より神勅(しんちょく)不思議(ふしぎ)(かふむ)りました。丹波(たんば)(くに)の一(かく)神典(しんてん)研鑽(けんさん)曙光(しょくくわう)(はっ)したのであります。蛍火(ほたるび)(ごと)(ちい)さき(ひかり)であったけれども、貧者(ひんじゃ)の一(とう)根強(こんづよ)金剛力(こんごうりき)があった(ため)に、漸次(ぜんじ)発見(はっけん)された事実(じじつ)(しん)偉大(ゐだい)金神力(こんじんりき)があったのであります。()時分(じぶん)には古典(こてん)研鑽者(けんさんしゃ)()ふのは、本居(もとをり)豊頴(とよかい)()()(ふる)意味(いみ)研鑽者(けんさんしゃ)多少(たせう)命脈(めいみゃく)()いでは()りましたが、一(ぱん)世人(せじん)は一()として斯様(かやう)(ふる)い、利益(りえき)(とほ)い、世閒(せけん)(うと)学問(がくもん)には、(みみ)(かたむ)ける(もの)()かったのであります。(しか)るに稗田阿礼(ひゑだのあれ)出生(しゅっしゃう)したる鄰郷(りんきゃう)(うま)れました王仁(わに)(らう)は、(なん)となく(たふと)いやうな(なん)となく()さねば()()まぬやうな()がして、牧畜業(ぼくちくげふ)(かたは)比較的(ひかくてき)熱心(ねっしん)研究(けんきう)従事(じゅうじ)しました(ため)に、追々(おひおひ)深遠(しんえん)義理(ぎり)了解(りゃうかい)されて()て、(つい)には世界(せかい)(ゆゐ)一の大極典(たいきょくてん)詳解(しゃうかい)()るまでに(いた)るやうになりました。(ここ)(もっと)不可思議(ふかしぎ)(かん)ぜらるるのは、吾人(ごじん)研究(けんきう)(あゆみ)(すす)めば(すす)(ほど)()(なか)神典(しんてん)研究(けんきう)必要(ひつえう)ならしめて()(こと)でありまして、吾人(ごじん)(かく)れたる研究(けんきう)(つね)現実(げんじつ)世情(せじゃう)証明(しゃうめい)されるやうな()がして、(ほぼ)研究(けんきう)大成(たいせい)()るの()神政(しんせい)復古(ふくこ)曙光(しょくくわう)明確(めいかく)となり、旭日(きょくじつ)昇天(しゃうてん)()(ちか)きを自覚(じかく)するに(いた)ったのであります。これは自慢話(じまんばなし)のやうでありますが(まった)くの(はなし)でありまして、現今(げんこん)(ごと)神道(しんだう)研究(けんきう)流行(りうかう)時代(じだい)とも()ふべき(とき)()ったものなら、何等(なんら)妙味(めうみ)もありませぬが、大本(おほもと)大神(おほかみ)神勅(しんちょく)奉戴(ほうたい)して世界(せかい)(さきがけ)をなしたる(てん)(おい)て、(だい)なる使命(しめい)(かん)ずる(こと)(ふか)(わけ)であります。 神典(しんてん)研鑽(けんさん)()りて、仏教(ぶっけう)日本(にっぽん)国教(こくけう)から()(こと)明確(めいかく)()()たのであります。耶蘇(やそ)教義(けうぎ)日本(にっぽん)国教(こくけう)恋慕(れんぼ)すとの(こゑ)であること、支那(しな)(おこ)った各種(かくしゅ)教義(けうぎ)(みな)(ことごと)大日本(だいにっぽん)国教(こくけう)根基(こんき)ある(こと)立証(りっしゃう)()るのであります。
 埃及(えじぷと)希臘(ぎりしゃ)羅馬(ローマ)神話(しんわ)(るゐ)が、日本国(にっぽんこく)事実(じじつ)(つた)へたものである(こと)()り、大日本国(だいにっぽんこく)真実(しんじつ)根本義(こんぽんぎ)明瞭(めいれう)になると(とも)に、神政(しんせい)復古(ふくこ)して往古(わうこ)本来(ほんらい)(まま)(いた)らしめむ(こと)熱望(ねつばう)するの(じゃう)が、勃然(ぼつぜん)として(はっ)(きた)ること、(けっ)して徳川(とくがわ)末世(まっせい)憂国者(いうこくしゃ)()ではないと(おも)ひます。吾人(ごじん)研究(けんきう)(ほぼ)(ここ)に一段落(だんらく)()げたのであります。(しか)して聖代(せいだい)(たい)して(ふか)期待(きたい)()所以(ゆえん)は、大本(おほもと)開祖(かいそ)の二十五ヶ(ねん)(かん)神示(しんじ)拝承(はいしゃう)しての(うへ)からであります。(とく)皇宗(くわうそう)神武(じんむ)天皇(てんわう)奠都(てんと)宣命(せんめい)(あん)(たてまつ)るに
 「(カミ)(スナハ)乾霊国(アマツカミクニ)(サヅ)クルノ(トク)(コタ)(シモ)(スナハ)皇孫(スメミマ)(タダシキ)(ヤシナ)フノ(ミココロ)(ヒロメ)ム」
と、聖代(せいだい)(じつ)神典(しんてん)(とく)(あら)はれます(とき)でありまして、(また)国祖(こくそ)国常立之神(くにとこたちのかみ)御稜威(おんみいづ)発光(はっくわう)時運(じうん)であります。
 「(シカシ)(ノチ)六合(クニノウチ)兼以(カネモッ)(ミヤコ)(ヒラ)八荒(アメノシタ)れヲ(オホ)ヒテ(イヘ)(セム)コト(マタ)(ヨカ)ラス()
この御詔勅(ごせうちょく)御本義(ごほんぎ)実現(じつげん)されます(こと)は、(まった)神政(しんせい)復古(ふくこ)所以(ゆえん)である(こと)確信(かくしん)するのであります。大大的(だいだいてき)神秘(しんぴ)宿(やど)ります(ところ)であります。 神武(じんむ)天皇(てんわう)御東征(ごとうせい)は、神軍(しんぐん)兵法(へいはふ)(つた)(たま)うたものでありまして、封建(ほうけん)幾多(いくた)言佐平倶(ことさへぐ)(やから)平定(へいてい)するの神策(しんさく)であります。御製(ぎょせい)
神風(かみかぜ)伊勢(いせ)(うみ)大石(おほいし)()ひもとほらふしただみのいはひもとほりうちてしやまむ
御意義(ごいぎ)実現(じつげん)(いた)しますのが、明治(めいじ)大正(たいしゃう)の二大御代(おほみよ)御神約(ごしんやく)であります。現今(げんこん)地上(ちじゃう)幾多(いくた)封建(ほうけん)設立(せつりつ)されて()るのでありまして、此等(これら)幾多(いくた)封建(ほうけん)打破(だは)されるのが、(ちか)将来(しゃうらい)期待(きたい)さるべき世界(せかい)傾向(けいこう)であります。
 (とく)思想界(しさうかい)封建(ほうけん)危険(きけん)なる思想(しさう)(ともな)うて、大名(だいみゃう)小名(せうみゃう)()唱道(しゃうだう)せる有様(ありさま)は、(じつ)にすさまじい次第(しだい)でありますが、この封建的(ほうけんてき)思想(しさう)(けっ)して(なが)継続(けいぞく)さるべきもので()いことは、()()るよりも(あきら)かであります。征討(せいたう)には(つね)神剣(しんけん)(ともな)ひます。草薙(くさなぎ)御剣(みつるぎ)(じつ)征討(せいたう)(ともな)(ゆゐ)一の御権威(ごけんゐ)であるのであります。王政(わうせい)復古(ふくこ)(つい)神政(しんせい)復古(ふくこ)のあるべきは、日本(にっぽん)神典(しんてん)吾人(ごじん)明示(めいじ)する(ところ)であるのみならず、大本(おほもと)開祖(かいそ)変性(へんじゃう)男子(なんし)垂示(すいし)()りて、確固(かくこ)たる事実(じじつ)証明(しゃうめい)されてあります。神政(しんせい)復古(ふくこ)して(はじ)めて()(うへ)天国(てんごく)荘厳(そうごん)理想(りさう)政治(せいぢ)()ることが出来(でき)るのであります。
 神政(しんせい)とは神代(かみよ)()ける政治(せいぢ)意義(いぎ)であります。(ゆゑ)()(すす)んで神代(かみよ)解釈(かいしゃく)(うつ)らねばならぬのであります。日本(にっぽん)神典(しんてん)(およ)大本(おほもと)開祖(かいそ)(しめ)(たま)(ところ)によれば、神代(かみよ)とは万有(ばんいう)万神(ばんしん)各自(かくじ)大本源(だいほんげん)知悉(ちしつ)し、各自(かくじ)大本源(だいほんげん)(もとづ)各自(かくじ)天職(てんしょく)完全(くわんぜん)()()ぐるの()なる(こと)(しめ)させ(たま)ふのであります。万有(ばんいう)万神(ばんしん)各自(かくじ)大本源(だいほんげん)知悉(ちしつ)する(こと)が、神代(かみよ)()ける(だい)一の最要件(さいえうけん)であります。(しか)るに万有(ばんゆう)万神(ばんしん)各々(おのおの)()大本源(だいほんげん)知悉(ちしつ)せられぬが(ゆゑ)に、種々(しゅじゅ)騒乱(さうらん)()(あひだ)(おこ)り、各種(かくしゅ)争闘(さうとう)(ここ)(その)根源(こんげん)(はっ)するのであります。神代(かみよ)斯様(かやう)なものではありませぬ。万有(ばんいう)万神(ばんしん)各々(おのおの)(その)大本源(だいほんげん)知悉(ちしつ)さるるが(ゆゑ)に、(がう)争乱(さうらん)(かも)すこと()く、和気(わき)(つね)()ち、(したが)って万有(ばんいう)万神(ばんしん)各自(かくじ)大本源(だいほんげん)(もとづ)天賦(てんぷ)職掌(しょくしゃう)(いとな)みて、和楽(わらく)(とこし)へに()くるの(とき)()いのであります。()封建時代(ほうけんじだい)()ける武士(ぶし)大義(たいぎ)名分(めいぶん)忘却(ぼうきゃく)(いた)した(もの)のありましたのは、()無智(むち)にして、各自(かくじ)大本源(だいほんげん)知悉(ちしつ)()なかった(つみ)であります。
 (あるひ)(ほとけ)()(あるひ)はヤソと()(あるひ)(なに)といふも、(その)大本(たいほん)知悉(ちしつ)()ないが(ゆゑ)分派(ぶんぱ)たるのみであります。(ぶつ)()(じゅ)(けっ)して()(みち)ではありませぬ。大本(たいほん)(くら)きが(ゆゑ)(これ)各自(かくじ)特有(とくいう)所有物(しょいうぶつ)誤了(ごりゃう)して()るために、(つひ)陥穽(かんせい)(がい)(かま)へ、排他(はいた)年慮(ねんりょ)(いだ)くに(いた)るのであります。()し一(たん)(その)大本源(だいほんげん)()るに(いた)りますれば、各自(かくじ)所有(しょいう)各自(かくじ)特有(とくいう)のもので()くして、一本源(ほんげん)分派(ぶんぱ)なる(こと)(こころ)()きまして、(かなら)()るものに統理(とうり)せらるべきは必定(ひつじゃう)であります。(ゆえ)仏耶(ぶつや)唱道者(しょうだうしゃ)(すみやか)(こころ)持代(もちか)へて、(その)大本源(たいほんげん)知悉(ちしつ)するに努力(どりょく)せずばならぬのであります。
 天地(あめつち)(あひだ)には、(おのづか)から経綸(けいりん)があります。四()(おこな)はれ万物(ばんぶつ)生育(せいいく)する所以(ゆえん)のものは、これ(あに)皇祖(くわうそ)天照大御神(あまてらすおほみかみ)()ります御機(みはた)永遠(えいゑん)(みだ)れないからではありますまいか、天照大御神統(あまてらすおほみかみとう)諾冊(なぎなみ)いろはのニ(そん)()けさせ(たま)ひまして、天下(てんか)経綸(けいりん)の一(けい)子孫(しそん)万代(よろづよ)(つた)へさせ(たま)ふや、経綸(けいりん)の三(だい)神事(しんじ)器物(きぶつ)(うつ)させ(たま)ひまして、(ため)に三(しゅ)神器(しんき)御伝授(ごでんじゅ)(おこな)はれました。
 (てん)に二(じつ)()()に二(わう)なき(こと)開闢(かいびゃく)以来(いらい)(げん)として(うご)かず、一(がう)(たが)ふべきものではありませぬ。(けだ)草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)天地(てんち)万有(ばんいう)定理(じゃうり)(しめ)させ(たま)神律(しんりつ)神法(しんぱふ)でありまして、神剣(しんけん)(あり)ますところ(かなら)権威(けんゐ)(これ)(ともな)ひ、正邪(せいじゃ)真偽(しんぎ)(たち)どころに裁断(さいだん)()けないものは()いのであります。(すなは)神剣(しんけん)権威(けんゐ)(したが)ふものは(さか)え、神剣(しんけん)権威(けんゐ)(ふれ)るものは(かなら)(ほろ)ぶのであります。神剣(しんけん)権威(けんい)()(しめ)して神剣(しんけん)権威(けんい)奉戴(ほうたい)(たてまつ)る、(これ)()祭政(さいせい)()本義(ほんぎ)()づくるのであります。古今東西(ここんどうざい)学者(がくしゃ)(おほ)くこの祭政(さいせい)()本義(ほんぎ)(わきま)へず、(かみ)(まつ)(こと)()(をさ)むるの政治(せいじ)とを(ふた)つにして、曲解(きょくかい)誤伝(ごでん)(おほい)神国(しんこく)大本源(たいほんげん)(くら)ましつつありますのは(じつ)浩歎(こうたん)(いた)りであります。(まつり)とは真釣(まつり)意義(いぎ)であります。天地(てんち)経綸(けいりん)神法(しんぱう)権威(けんゐ)遵法(じゅんぽう)して地上(ちじゃう)正道(せいだう)(ことごと)天道(てんだう)真釣(まつり)()はすべきを(まを)すのであります。(ゆえ)天国(てんごく)政治(せいじ)には人為(じんゐ)(のり)()(しん)皇道(くわうだう)(まつり)(はな)るべき(こと)(がう)()()いのであります。祭政(さいせい)の一()日本(にっぽん)神国(しんこく)政道(せいだう)であります。祭政(さいせい)()行事(ぎゃうじ)(ほか)政道(せいどう)()いのであります。(また)宗教(しうけう)教育(けういく)実業(じつげふ)もありませぬ。日本(にっぽん)神国(しんこく)教育(けういく)(まさ)祭政(さいせい)()意義(いぎ)(をし)ふるのが本領(ほんりゃう)であります。
 祭政(さいせい)()以外(いぐわい)教義(けうぎ)(わた)(こと)出来(でき)ぬのであります。祭政(さいせい)()本義(ほんぎ)(さづ)けざるの教育(けういく)(じゃ)教育(けういく)であって、真正(しんしゃう)教育(けういく)ではありませぬ。(なん)天国(てんごく)たる日本(にっぽん)教育(けういく)()(こと)出来(でき)ませう。祭政(さいせい)()実業(じつげふ)にあらざる実業(じつげふ)は、(これ)真実(しんじつ)実業(じつげふ)とは()へないのであります。(のう)(こう)(しゃう)業務(げふむ)も一つとして(まつり)(はな)れては()るべきものではありませぬ。農夫(のうふ)(くは)()(かま)()(すき)()り、軍人(ぐんじん)(じゅう)()(けん)()り、商人(しゃうにん)算盤(そろばん)()るのも、(みな)(ことごと)(まつり)であります。現代(げんだい)教育(けういく)現代(げんだい)実業(じつげふ)は、()(まつり)本義(ほんぎ)(のっと)(まつり)本義(ほんぎ)実行(じっかう)するものでありませう()私利(しり)私慾(しよく)(たくま)うして()(おとしい)れ、()(がい)して、(もっ)実業(じつげふ)本義(ほんぎ)()すの(ともがら)ではありますまいか。生存(せいぞん)競争(きゃうさう)弱肉(じゃくにく)強食(きゃうしょく)立論(りつろん)(たて)()して成功(せいこう)()(ところ)現代(げんだい)教育(けういく)をしも、これを(まつり)意義(いぎ)教育(けういく)(たた)へられませう()現代(げんだい)(まつり)大本義(たいほんぎ)(まった)顛覆(てんぷく)して祭事(まつりごと)廃絶(はいぜつ)したる()とも()ふべく、悪魔(あくま)白日(はくじつ)横行(わうかう)して神権(しんけん)(ことごと)蹂躪(じうりん)せられたる常闇(とこやみ)()とも()ふべく、(くに)常立(とこたち)神威(しんゐ)天之(あまの)岩戸(いわと)(がく)れの乱世(らんせ)とも()ふべき次第(しだい)であります。(まつり)神人(しんじん)をして合致(がっち)せしむるものであります。(まつ)るものは(すなは)(まつ)らるる(かみ)であります。現代(げんだい)暗黒(あんこく)世界(せかい)には(まつ)るの(ひと)()いのでありますから、(いは)んや(まつ)らるる(かみ)(そん)(たま)ふべきや天国(てんごく)(たみ)天業(てんげふ)(こと)()し、一(きょ)(どう)坐止(ざし)動作(どうさ)(つね)神業(しんげふ)たる(こと)(はな)れないのであります。(かみ)(ほか)()()く、神業(しんげふ)神作(しんさく)(ほか)()(げふ)()発作(ほっさ)()るべき(はづ)はないのであります。神業(しんげふ)(くに)()(すなは)(これ)神国(しんこく)()ひ、(これ)神代(かみよ)()ふのであります。しかも(その)神業(しんげう)神作(しんさく)一大御神(いちおほみかみ)(かく)方面(はうめん)()ける御発動(ごはつどう)表示(へうじ)するに(とど)まることは、神典(しんてん)古事記(こじき)(およ)大本(おほもと)開祖(かいそ)(しめ)させ(たま)(ところ)でありまして、一(しん)同体(どうたい)分業(ぶんげふ)発作(ほっさ)たるを()るべきであります。この宇内(うない)天地(てんち)大国相(だいこくさう)地上(ちじゃう)(うつ)して極東(きょくとう)日本(にっぽん)国相(こくさう)があり、万民(ばんみん)(ことごと)皇室(くわうしつ)分脈(ぶんみゃく)()け、(その)作業(さげふ)(ことごと)(みな)皇室(くわうしつ)(かく)方面(はうめん)発作(ほっさ)表現(へうげん)であります。天上(てんじゃう)地上(ちじゃう)(くに)相互(さうご)(あひ)対峙(たいじ)して万世(ばんせい)不動(ふどう)不易(ふえき)皇運(くわううん)()はせ(たま)(ゆゑ)に、天上(てんじゃう)神国(しんこく)大日本国(だいにっぽんこく)()び、地上(ちじゃう)日本国(にほんこく)神国(しんこく)(とな)へるのであります。国相(こくさう)(すで)(かく)(ごと)国体(こくたい)(すで)(かく)(ごと)しとすれば、地上(ちじゃう)日本(にっぽん)神国(しんこく)(てん)()うの任務(にんむ)(おのづか)(あきらか)にして、国民(こくみん)自覚(じかく)(また)(たちま)ちに()るべきの()であります。(しか)るに現代(げんだい)如何(どう)でありませう()
 各種(かくしゅ)宗教(しゅうけう)(ひと)(まど)はす(もの)(おほ)くして、天国(てんごく)()きつつ、天国(てんごく)本義(ほんぎ)()らず、浄土(じゃうど)()くに浄土(じゃうど)実相(じっさう)()らず、群雄(ぐんいう)(ちまた)割拠(くわっきょ)して天皇(てんわう)()らず、天治(てんぢ)(かい)せず、天法(てんぱふ)(わきま)へず、(たくみ)神剣(しんけん)裁断(さいだん)(まぬが)れて空法(くうはふ)邪説(じゃせつ)(たくまし)うする(こと)(じつ)痛憤(つうふん)()へない次第(しだい)であります。
 法華経(ほけきゃう)寿教(じゅきゃう)釈尊(しゃくそん)は、現代(げんだい)邪義(じゃぎ)(まぬが)れしめむが(ため)に、多宝(たはう)如来(にょらい)地下(ちか)より()()して日本国(にっぽんこく)本義(ほんぎ)(しめ)し、日本国(にっぽんこく)以外(いぐわい)(くに)あるべからず、日本国(にっぽんこく)(わう)(ほか)国王(こくわう)()く、天上(てんじゃう)地上(ちじゃう)教憲(けうけん)(あひ)対峙(たいじ)して万代(よろづよ)(かは)るべからざるの(むね)(さと)したのである。(しか)るに仏者(ぶっしゃ)この()(さと)らず仏説(ぶっせつ)仏教(ぶっけう)()るの(めい)()く、(いたづ)らに形骸(けいがい)仏説(ぶっせつ)擁持(ようじ)封建(ほうけん)邪道(じゃだう)権説(けんせつ)(ろう)するとは、(じつ)()(いた)りではありませぬか。ヤソの屡々(しばしば)(てん)(うった)ふるの()(いは)く「天国(てんごく)(ちか)づけり()(あらた)めよ」と天国(てんごく)日本(にっぽん)()ふるの(こゑ)(せつ)にして()()くの(かん)があります。(しか)るに後世(こうせい)伝道者(でんだうしゃ)信者(しんじゃ)は、天国(てんごく)国相(こくさう)(うと)くしてキリストの本心(ほんしん)()らず、(ため)天国(てんごく)をして(なが)地上(ちじゃう)(きた)らしめず、これ天国(てんごく)()(ところ)天国(てんごく)(ぞく)であるのであります。
 草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)()らない(もの)に、如何(いか)にして天国(てんごく)()くの資格(しかく)()りませう()。ヤソ教徒(けうと)草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)大本義(だいほんぎ)拝承(はいしゃう)して、天国(てんごく)日本(にっぽん)国相(こくさう)知悉(ちしつ)せむ(とき)(まさ)にキリストは(てん)の一(ぽう)より(むらさき)(くも)()して再誕(さいたん)あるべし。キリストの再誕(さいたん)(あに)(うたが)ふべしとせむや。さうでなければ幾百万歳(いくひゃくまんさい)キリストの再誕(さいたん)期待(きたい)するとも、(つひ)にキリストは再誕(さいたん)すべき()はありべからずであります。何国(なにぐに)名画伯(めいぐわはく)(さく)にや、キリスト再誕(さいたん)想像(さうざう)(ぐわ)(ゑが)くに、右手(めて)曲剣(きょくけん)()するものあるを()ました。()れぞ(まった)草薙剣(くさなぎのつるぎ)()れる()(ぐう)せしものであるが、(しん)奇画(いぐわ)(しょう)すべきものであります。
 先年(せんねん)内務省(ないむしゃう)御役人(おやくにん)さまが、(しん)(ぶつ)()の三(けう)合同(がふどう)して(たがひ)(あひ)()行動(かうどう)()でむ(こと)企図(きと)し、一(くわい)会合(くわいがふ)()へた(こと)がありますが、()れは(まった)愚者(ぐしゃ)妄夢(まうむ)であって、破等(かれら)は三(けう)合同(がふどう)して(しか)して何者(なにもの)(その)本尊(ほんぞん)()すの(かんが)へでありましたか、ゴットが弥陀(あみだ)()(また)何物(なにもの)であったか、本尊(ほんぞん)確立(かくりつ)せない三(けう)合同(がふどう)なるものは所謂(いはゆる)皮相(ひさう)合同(がうどう)でありまして、弱者(じゃくしゃ)(とき)(さく)(もてあそ)んで教権(けうけん)振起(しんき)(はか)るの世渡(よわたり)たるに(とど)まるのみであって、彼等(かれら)(つひ)宗教(しゅうけう)権威(けんゐ)愈々(いよいよ)失墜(しっつい)したに()ぎなかったのであります。
 神政(しんせい)復古(ふくこ)は、各自(かくじ)(その)大本源(たいほんげん)知悉(ちしつ)するに(はじ)まるのであります。仏教(ぶっけう)成立(せいりつ)如何(いかん)、ヤソ(けう)成立(せいりつ)如何(いかん)学者(がくしゃ)誠実(せいじつ)()づその大本源(たいほんげん)知悉(ちしつ)せられよ。(とく)日本(にっぽん)神道者流(しんだうしゃりう)が三(けう)合同(がふどう)()(まじ)はりて得々(とくとく)として()(ごと)きは、これ何等(なんら)状態(じゃうたい)でありました()(じつ)滑稽(こっけい)といはふ()白痴(はくち)とと()ふか、()られた状態(ざま)では()かったのであります。(もと)より彼等(かれら)日本(にっぽん)神道(しんだう)大本義(たいほんぎ)知悉(ちしつ)せず、(また)神政(しんせい)復古(ふくこ)(まを)(こと)さへ(その)()(かい)しなかったとすれば、(あなが)歯牙(しが)()けて彼是(かれこれ)()(ほど)(もの)ではありませぬ。けれ(ども)彼等(かれら)日本(にっぽん)神国(しんこく)(たみ)である以上(いじゃう)吾人(ごじん)()(ところ)真正(しんしゃう)日本(にっぽん)神道(しんだう)(まな)びて、三(けう)合同(がふどう)何上(いじゃう)神教(しんせい)復古(ふくこ)尊崇(そんそう)すべく、()(ささ)(たてまつ)りても(つく)すべきの大道(たいだう)なる(こと)(おも)(およ)ぶべきであります。
 往古(わうこ)歴史(れきし)漠然(ばくぜん)として(これ)()るに(よし)なきも、埃及(えじぶと)希臘(ぎりしゃ)(とう)歴史(れきし)は、(あきらか)上代(じゃうだい)神政(しんせい)実現(しつげん)()()りたることを立証(りっしゃう)すべき史料(しれう)であります。
 (さら)古事記(こじき)上巻(じゃうくわん)は、正哉吾勝々速日天忍穂耳命(まさかあかつかつはやひあめのおしほみみのみこと)神政(しんせい)時代(じだい)(なが)かりし(こと)(つた)へて余蘊(ようん)なき次第(しだい)であります。吾人(ごじん)地球(ちきう)(すなは)中日本(ちうにっぽん)神政(しんせい)神代(かみよ)考証(かうしゃう)せむが(ため)に、幾多(いくた)労苦(らうく)(かさ)ねて神政(しんせい)復古(ふくこ)曙光(しょくくわう)(みと)め、神政(しんせい)復古(ふくこ)実現(じつげん)()(ため)には、全幅(ぜんぷく)(らう)()しまない覚悟(かくご)であります。大凡(おほよそ)万有(ばんいう)()()所以(ゆえん)は、神業(しんげふ)発作(ほっさ)(かく)方面(ほうめん)たるべきは、(かみ)(すで)()べた(とほ)りであります。地上(ちじゃう)人類(じんるゐ)が、兄弟(けいてい)(かき)(せめ)ぎ一(しん)同体(どうたい)表現(へうげん)(たがひ)()陥穽(かんせい)せむとするが(ごと)きは、神政(しんせい)復古(ふくこ)の一(にち)(はや)からむ(こと)(うなが)し、吾人(ごじん)をして(うた)寝食(しんしょく)(いとま)なからしめむとする次第(しだい)であります。神政(しんせい)復古(ふくこ)神剣(しんけん)御振舞(おんふるまゐ)(はじ)まり、天国(てんごく)荘厳(さうごん)(さう)成就(じゃうじゅ)するに(をは)るのであります。天国(てんごく)荘厳(さうごん)(さう)器物(きぶつ)(うつ)(たてまつ)りて、八咫(やた)神鏡(みかがみ)(つた)はりますのであります。
 神政(しんせい)復古(ふくこ)唱道者(しゃうだうしゃ)を、地球(ちきう)中心(ちうしん)地質学上(ちしつがくじゃう)日本(しっぽん)神国(しんこく)中心(ちうしん)なる下津(したつ)磐根(いはね)丹波国(たんばのくに)綾部(あやべ)本宮(ほんぐう)(さと)(いだ)せしは、(しつ)太古(たいこ)よりの神誓(しんせい)神約(しんやく)(おは)(たま)ひし(こと)恐察(きようさつ)(たてまつ)るのであります。
 草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)(うしとら)稜威(みいづ))は(いま)万教(ばんけう)裁断(さいだん)せむが(ため)に、この霊地(れいち)(くだ)りましたのであります。治乱(ちらん)興廃(こうはい)得失(とくしつ)存亡(そんぼう)動止(どうし)進退(しんたい)安危(あんき)閑争(かんさう)神剣(しんけん)御本質(おんほんしつ)であります。
 神政(しんせい)(さきがけ)として神剣(しんけん)威力(ゐりょく)万教(ばんけう)(うへ)(ほどこ)し、大日本国(だいにっぽんこく)下津(しもつ)磐根(いはね)大宮柱(おおみやばしら)(ふと)しく()高天原(たかあまはら)千木高(ちぎたか)()るべき大祭殿(だいさいでん)建造(けんざう)されまして、天津日嗣(あまつひつぎ)大経綸(だいけいりん)発現(はつげん)すべき(とき)世界(せかい)万民(ばんみん)(たがひ)兄弟(けいてい)()()(かは)して遠津(とほつ)御神(みかみ)(しゃ)(たてまつ)り、草木(さうもく)(はじ)鳥獣虫魚(てうじうちうぎょ)(るゐ)(いた)るまで一つとして、(その)天賦(てんぶ)安住(あんぢゅう)せざるもの()るなく、天神(てんしん)地祇(ちぎ)(すゑ)(ただ)して(その)(まつり)(いとな)(たま)ふべきこととなるのであります。万教(ばんけう)が一(だい)主教(しゅけう)統轄(とうくわつ)せられて神政(しんせい)(とこし)へに成就(じゃうじゅ)すべき()()むこと、(なん)(たの)しみか(これ)()ぎんやであります。(なん)(よろこ)びか(これ)()ぎんやであります。吾人(ごじん)所志(しょし)()くまでも(かく)(とほり)りであります。慨世(がいせ)憂国(いうこく)志士(しし)仁人(じんじん)(たがひ)()って吾人(ごじん)行動(かうどう)(とも)にし、大義(たいぎ)名分(めいぶん)(むか)って努力(どりょく)せなければ()らぬ(わけ)ではありますまいか。アァ(これ)()ぎたる日本(にっぽん)国民(こくみん)義務(ぎむ)がありませうか。これに()ぎたる(わが)国民(こくみん)急務(きょむ)がありませう()(あえ)忠良(ちうりやう)なる陛下(へいか)赤子(せきし)(むか)って(げき)する所以(ゆえん)であります。
(大正五、四、一一、このみち 第一号)

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
11/25霊界物語音読第33~38巻をアップしました。
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→