霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章

インフォメーション
題名:第8章 著者:出口王仁三郎
ページ:98 目次メモ:
概要:
  • 幽の幽 天之御中主大神 別天神 幽の顕 天照大神、素盞嗚命他の大神 顕の幽 大己貴命等 顕の顕 皇孫命
  • 一霊四魂の説明
  • 人は神の子 人間の使命
  • 名位寿福の四欲は神賦の正欲である。
  • 十字架の贖罪はエス其人の罪の贖いでありて、世界の罪人の罪を贖うというのは詐言である。また、「エスのみが天の独り子である」と云うのも不真理である。地球の万民は、皆天父の愛児である。天の民を視玉うや、一般である。即ち一視同仁である。 天の民を降し玉うや、各種各般であるが、天の民を視玉うや、一般である。故に人類の体に貴賎は無いのである。しかして、貴賎のあるのは、人の所命である。エス一人に限り、「神の一人子である、尊き方である」と云うのは不真理である。神はそれぞれの守神を造り玉うて、社会を進歩に向わせたまえば、何ぞエス一人を、神の子として特待したまう道理はないのである。
備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-22 05:08:45 OBC :B195301c14
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]写本(成瀬勝勇筆、大正14年12月、大本本部所蔵)
   明治三十七年一月二十日
 幽の幽に()ります神は、天之御中主大神、及び(こと)(あまつ)(かみ)である。
 幽の顕に在ります神は、天照大神、()(さの)(おの)(みこと)等の大神である。
 顕の幽に在ります神は、(おお)()(むちの)(みこと)等である。
 顕の顕に在ります神は、(すめ)(みまの)(みこと)である。
 神道の大意を知らんとするものは、右の区分をよろしく了得しおかねば、神理を学ぶに当たって迷う事あれば、特に記載したる次第である。
 ()(こん)は、(あら)(みたま)(にぎ)(みたま)(くし)(みたま)(さち)(みたま)とをいうのである。しかして荒魂にも(なお)()なるものの守りがあり、和魂にも直霊の守りがある。奇魂にも幸魂にも直霊がある。
 直霊なるものは、神典にいわゆる(かん)(なお)()(おお)(なお)(ひの)(かみ)である。「(かえりみる)」という心情は、すなわち神直日・大直日の働きである。
 「霊」はヒと訓ず。故に霊は日である。往昔より、聖賢を()(じり)と唱えて、また「聖」の字をヒジリと訓ずるのは、霊の霊なる大義を知了して居ると云う意味なのである。ヒは総て(みたま)のことを別称したものである。「喜ばしひ、悲しひ、楽しひ」等のヒはみな、霊のヒである。このヒは大別すると九十六ヒとなるので、大精神の分派であるからこれを小精神と称えるのである。
 「(かえりみ)る」という念慮は、すなわち直霊の至精至微なる働きの出づる基である。四魂みな、この「省る」という情念が含まれて居て、至善至美なる霊性を発揮するのである。
 直霊は善々美々なるもので、各魂の至精至微なるを取って名づけたる名称であって、精神の良知良能に酷似したるものである。
 ……(一行脱落)……過ちを改むるもので義である。しかして(なお)()なるものは、過ちを未だ発生せざる以前において消失せしむるものである。
 各魂各々用いて、しかして直なるものはその中にあるので、これがすなわち直霊である。直霊なるものは、時に(あらざ)るものである。
 (あら)(みたま)は神の勇、(にぎ)魂は神の親、(くし)魂は神の智、(さち)魂は神の愛であって、すなわちいわゆる霊魂である。しかして直霊なるものこれを主宰するのである。現時の国学者輩は俗学者ばかりであるから、この真理をわきまえ知る者なく、荒、和を以て心の体となし、奇、幸を以て心の用となして居る。直霊の何物たるをしらないのである。実に()(どう)のために悲しき次第である。
 四魂いずれにしても、「(かえりみ)る」と云う良心が出ない時は、至粋至美なる霊魂といえども、たちまち(まが)()という汚らわしき霊に変じてしまうのである。
 神典に記載せる(まが)()(ひの)(かみ)とは、すなわちこの(まが)()の事を指し示されたものである。
 荒魂の働きは「勇」であるが、この魂に「()じる」という自省がない時は、すなわち曲霊となりて、「(そう)」と変ずるものである。すなわち勇は直で、争は曲である。
 和魂の働きは「(しん)」であるが、この魂に「()いる」という自省がない時は、すなわち曲霊となりて、「悪」と変ずるものである。すなわち親は直で、悪は曲である。
 幸魂の働きは「愛」であるが、この魂に「(おそ)る」という自省力がない時は、すなわち曲霊となりて、「逆」と変ずるものである。すなわち愛は直で、逆は曲である。
 奇魂の働きは「()」であるが、この魂に「(さと)る」という自省力がない時は、すなわち曲霊となりて、「(きょう)」と変ずるものである。すなわち智は直で、狂は曲である。
 読者をして了解し易からしめんために、左に表を掲げて示さん。
 
 争 恥       荒魂 勇
 悪 悔       和魂 親
    曲霊 省 直霊
 逆 畏       幸魂 愛
 狂 覚       奇魂 智
 
 荒魂は(ゆう)の魂である。勇の用は(しん)である。勇の用は進のみではあらず、()である、(ふん)である、(べん)である、(こく)である。
 和魂は(しん)の魂である。親の用は(へい)である、(こう)である、(しゅう)である、(さい)である、()である。
 幸魂は(あい)の魂である。愛の用は(えき)である、(ぞう)である、(せい)である、()である、(いく)である。
 奇魂は()の魂である。智の用は(こう)である、(かん)である、(さと)るである、(かく)である、(さつ)である。
 読者に了解し易からしめんために、左の表を掲げて示さん。
 
奮        修
勉        斎
 荒魂 勇 進   和魂 親 平
克        治
果        交
 
感        造
悟        生
 奇魂 智 巧   幸魂 愛 益
覚        化
察        育
 
 かくの如く列記してみれば、満天下において大聖人と(とな)えらるる者といえども、その一魂だも全くすること能わざる者たる事を、知り得らるるのである。ああ、四魂の道(かた)いかな。
 
   余が人生観
 
明治三十七年一月二十二日筆
 ()(じん)の現世に生を()けて(きた)る大目的は、社会万般の事物を整理し、世界を完全に進歩発達せしめて、天上に代わり、肉体の続く限り公共のために尽くし、しかして死し、名を万世に伝うる事を得ば足れりと考うるのである。
 また吾人の主人公たる霊魂なるものは、天の命ずる所の業を()えて天国に復帰し得ば、人生最終の大目的を達したるものと云うべきである。
 吾人の生まれ(いづ)るや、直ちに良心の働きを悪魔のために害せられて、天父の罪を招くに到るは歎ずべきである。神にすがりてその罪を謝するはよろし。されど今迄おかしたる道義的、精神的の罪悪は、謝罪によりて(ゆる)さるること得ざるを如何(いかん)せん。ただ天下公共のために善を尽くして、(もっ)てわが成し来たりし罪悪を(あがな)うのにあるのみ。大精神なる真の神は、無悪にして至善至美である。その大精神より造られたる所の人類の始祖なるものも、また無悪であって、しかも至善至美であらねばならぬ。(えい)(そん)千百中において、たまたま悪罪あるものはことごとくみな自業自得である。決して始祖の遺悪ではないのである。
 神典にいわゆる「改言」は、すなわち改過無悪の意味である。(あやま)ちが改まれば、言も自然改まるものである。何ぞ(ろく)(ろく)として死後の(しわざ)を待つに及ばんやである。吾人、もし心に百の罪を犯さば、また心に二百の善を思うべきである。吾人、形の上において百の悪をなしたりしなば、二百の形の上の善を行うべきである。善もなく悪もなき人民は、元の天国に帰ること(あた)わざらん。されど悪を()して細善なきものに比すれば、やや(まさ)れり。
 万物の霊長たる人類は、他動物と異り、社会を完備せしむべき天職を神より受け(きた)れるものなれば、無為にして一生を安過せしものは、天の使命を遂行したるものに非ず。ゆえに天帝に対して忠実ならざるものであって、世を盗む悪魔である。吾人の身に最も貴きものは、(めい)()寿(じゅ)(ふう)とであるが、これを与奪する大権利を有するものは、大霊魂である。故にこの四欲なるものは(しん)()(せい)(よく)である。
 しかるに俗学者輩、みなこの真理を悟らず、自暴自棄し、まさに貴きを外に求めんとして居るが、何ぞそれ、身に貴きものは、この四欲の外に求めて得べけんやである。
 名を後世にまで輝かすは、人生の目的の第一の要素である。しかしてその名は、必ず美を欲すべきである。位地を保つは、人生万業の上において最も必要なる要素である。しかしてその位置は、高きを欲すべきである。寿は人生の柱石であって、万業を()すに最も必要なる基本である。しかして寿は、最も長きを欲すべきである。富は人格を保つ上において第一の要具である。万業の資本である。しかして富は最も大を欲すべきである。
 四欲を与奪するものは大霊魂であるが、大霊魂を発揮するものは、また四欲を全く正しきに行うにあるものである。
 十字架の(しょく)(ざい)は、エスイエス・キリストその人の罪の(あがな)いでありて、世界の罪人の罪を贖うというのは()(げん)である。また「エスのみが天の独り子である」と云うのも不真理である。地球の万民は、みな天父の愛児である。天の民を()玉うや、一般である。即ち一視同仁である。
 天の民を降し玉うや、各種各般であるが、天の民を視玉うや、一般である。ゆえに人類の体に貴賤は無いのである。しかして貴賤のあるのは、人の所命である。エス一人に限り、「神の一人子である、尊き方である」というのは不真理である。神はそれぞれの守神を造り玉うて、社会を進歩に向わせたまえば、何ぞエス一人を、神の子として特待したまう道理はないのである。
 
大正四年十二月十六日
   於大本史実課 (なる)()(かつ)() 謹写
   
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。