霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

長沢雄楯「出口聖師の大予言」

インフォメーション
題名:出口聖師の大予言 著者:長沢雄楯
ページ: 目次メモ:
概要: 備考:『神の国』昭和10年(1935年)5月号p50掲載。副題「数年前すでに日露戦争を詳細に」。 タグ: データ凡例: データ最終更新日:2022-08-10 18:37:08 OBC :Z9037
[#『神の国』昭和10年(1935年)5月号p50掲載]
 明治卅四年四月頃だつた思ひます。日露戦争の(おこ)る機運が濃厚となり、必ず早晩あるといふところから、(これ)(かむ)がかりで決する必要が綾部で起りました。それで出口さんが四方(しかた)平蔵(へいざう)氏他一人と三人で私の宅に来られ日露戦争が開戦になる時期に(つい)て神示を乞ふ事になりました。出口さんが神主(かむぬし)になり、私が審神者(さには)で神様の御降臨を願つた。(その)(とき)(かか)りになつた神さまの(あふ)せに
『この年の八月に起るが?それが延びたら明治三十七年の二月になる。三十六年の七月頃からだんだん開戦の機運が濃くなり、愈々(いよいよ)翌年二月に始まる。戦ひは連戦連勝であるが遺憾なことには軍艦七艘が沈没を(まぬ)がれない。それから平和克復(こくふく)は八年の九月になる』
とのことでした。そこで私は
(しか)らば日本の戦勝の結果として()る利益はどの(くらゐ)か』
とお伺ひしますと
『支那の海岸の(ごく)一部と朝鮮全部、樺太南部を日本が受ける』
と云ふ御告(おつ)げでした。約二時間に亘つて種々(いろいろ)お伺ひしましたから、露国の策戦計画から外交談判に至るまで、詳細にお語り下さいました。
 其時におかかりの御神霊は、岩清水八幡宮にお仕へ申す御神霊でおいでになつたのであります。
 (いま)(かつ)(かむ)がかりで、こんな大戦争を数年前に予言し的確に(あた)つたと云ふことは無いのであります。大本は(かく)の如き立派な(おほ)(かみ)がかりの歴史をもつてゐるに(かかは)らず、これ迄に出版された書のどれにも発表されてゐないといふ事は残念なことです。幸ひ私が生きた証人で(ござ)いますから、後日機会があればモツトモツト詳しく大神がかりの真相を是非お(はなし)さして頂きたいと思ひます。

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
11/25霊界物語音読第33~38巻をアップしました。
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→