霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

安藤鉄膓『教界の婦人』「鶴殿親子女史」

インフォメーション
題名:安藤鉄膓『教界の婦人』「鶴殿親子女史」 著者:安藤鉄膓
ページ: 目次メモ:
概要:仏教界に奔走する婦人を紹介した本。 備考:安藤鉄膓・著『教界の婦人』明治36年9月、文明堂、P19~21
(国立国会図書館デジタルコレクション所蔵)
タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-10 20:17:54 OBC :Z9026
鶴殿親子女史

 鶴殿男爵鶴殿忠善(1853~1905)というは九条公爵九条尚忠(関白)の弟で一昨年夭折されたが、その未亡人親子(ちかこ)女史は故醍醐侯醍醐忠順侯爵の長女で、今の世には稀なる(みさお)正しき賢婦人である。
 一体厳かなる性質とて、男爵存生中からこの社会にはありがちの物見遊山に耽るということはなかったが、未亡人となってからは一層その身の慎み深く、いかなる場合でも、面識なきものは勿論、たとい昵近(じっきん)の間柄でも、差し向かいで男子と対談するということはない。
 年は今三十八の女盛り、縹致(きりょう)もまた世に珍しき美人であるが、その心の美しきことは、形の美しさにも譲らぬのである。
 女史は始め菩提所なる奈良の興福寺で仏法を聞いたが、一昨年ごろより、愛宕下青松寺東京都港区愛宕二丁目にある曹洞宗の寺院の北野元峰(げんほう)師について心耳を傾け、また自ら経典祖釈をひもといて研究に余念ない。
 日々の行状は実に清浄無垢なもので、朝飯は常精進、親類縁者の命日なぞには厳かに仏事を営んで、いやしくも葷肉(くんにく)においの強い野菜と肉を口にすることはない。常に三宝に恭敬(くぎょう)し、師長に奉事することは、十万の僧侶中おそらく女史に及ぶものは多くなかろう。
 外形こそ剃髪染衣(ていはつぜんえ)の姿とはならざれ、行いは立派な尼僧である。こういう奇特の善女人であるから、召仕いなぞに対して親切にして慈悲深く、皆その徳に服せざるものはなく、いったん(いとま)を乞うて他家に雇われしものも、しばらく過ぎて皆、女史の許に帰りて、忠実に立ち働くという風で、実に世間に通じて多く得がたき婦人である。