霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

二名日記

月の家(出口王仁三郎)
概要:
  • 『二名(ふたな)日記』は出口王仁三郎が昭和3年(1928年)5月6日から6月4日にかけて四国を巡教した時の出来事を綴った歌日記である。王仁三郎はコトタマの順(高知県、徳島県、高松=香川県、松山=愛媛県)の順で回った。
  • 【主な動き】
  • ■5月6日(日)(旧3月17日) ○午後1時半、亀岡天恩郷を出発。出口王仁三郎、岩田鳴球、栗原白嶺、生一吟月、玉の家満月の一行5人。 ○京都駅で乗り換えて大阪へ。梅田駅で乗り換えて神戸駅へ。 ○午後5時、神戸市花隈町(現・神戸市中央区花隈町)の瑞祥会分所に入る。 ○午後7時半、浦戸丸に乗って出航。 ○船中泊。
  • ■5月7日(月) ○午前4時、室戸岬を通過。6時、高知市の浦戸湾に入港。 ○材木町(現・高知市はりまや町1丁目12番の辺り)の高知支部に入る。神前で拝礼を済ませ、鏡川沿い、唐人町(とうじんまち)の足立氏邸へ。天気は晴れ。 ○足立邸泊。
  • ■5月8日(火) ○朝7時起床。天気は雨。8時に自動車で出て、八幡神社を参拝。9時20分、帰宅。 ○午後0時、一行25名は菜園場町で川一丸という屋台船に乗り、浦戸湾を巡覧。夕方、帰宅。 ○足立邸泊。
  • ■5月9日(水) ○午前6時起床、4台の自動車に分乗して室戸岬に向け出発。天気は晴れ。 ○9時10分、室戸岬に到着。 ○午後1時、帰路に着く。赤岡支部で祝詞を奏上した後、香美郡田村(現・南国市田村)の香長支部(山岡宅)へ。 ○香長支部泊。
  • ■5月10日(木) ○香美郡山田町(現・香美市土佐山田町)の西内宅へ。天気はどんより曇り。 ○午後2時、高知を指して出発。紺屋町の伯耆宅に立ち寄り、新市町の山本宅に立ち寄り、蓮池町の畠中宅へ立ち寄り、夕方に足立邸に着く。 ○足立邸泊。
  • ■5月11日(金) ○朝8時出発。雨が激しい。自動車で北上し、大歩危、小歩危を通過し、正午頃、徳島県三好郡池田町(現・三好市池田町)の清月館で昼食。 ○午後3時15分、阿波池田駅から汽車で徳島市へ向け出発。 ○徳島市二軒屋町の徳島分所に入る。 ○徳島分所泊。
  • ■5月12日(土) ○晴れ。本日は休養日。徳島分所泊。
  • ■5月13日(日) ○晴れ。9時10分、自動車で出発。忌部神社(徳島市二軒屋町)を参拝。 ○正午、板野郡撫養町(現・鳴門市撫養町)到着。宮崎邸で昼食。 ○午後4時、沖ノ洲支部に入る。 ○沖ノ洲支部泊。
  • ■5月14日(月) ○晴れ。一部の幹部が王仁三郎の内命と称して信者から金を巻き上げた告発を受ける。従兄の岩崎庄太郎の訃報が入る。 ○午後3時50分、自動車で出発。午後5時30分、栲機支部(旧・勝浦郡横瀬町、現・勝浦町)に着く。花火を見物。 ○栲機支部泊。
  • ■5月15日(火) ○天気は曇り。午後0時30分、自動車で出発。 ○午後2時、徳島市に着く。出来島本町の徳島中央支部に入る。 ○徳島中央支部泊。
  • ■5月16日(水) ○晴れ。午後2時、出発。 ○午後4時、香川県の白鳥支部に到着。(現・東かがわ市白鳥、当時は香川県大川郡白鳥本町及び白鳥村) ○高松市新湊町(現・高松市玉藻町)の島中分所長宅に泊まる。
  • ■5月17日(木) ○晴れ。栗林(りつりん)公園を散策。 ○島中宅泊。
  • ■5月18日(金) ○晴れ。午前10時、高松市亀岡町の紫雲閣(牛窪宅)へ移動。 ○紫雲閣泊。
  • ■5月19日(土)(旧4月1日) ○晴れ。午前8時30分、自動車で高松港へ向かう。 ○正宗丸に乗り小豆島へ渡る。入部(にゅうべ、現・香川県小豆郡小豆島町蒲生入部)の支部(支部長・中塚宅)に入る。 ○午後2時過ぎ、港へ。2時半、正宗丸で高松港へ。午後4時、高松港入港。紫雲閣(牛窪宅)に戻る。 ○紫雲閣泊。
  • ■5月20日(日) ○晴れ。半日休み。 ○紫雲閣泊。
  • ■5月21日(月) ○晴れ。午前9時、自動車で丸亀を目指して出発。 ○10時過ぎ、丸亀市に到着。 ○午後2時18分発の汽車に乗り、新居浜に向かう。 ○午後5時、新居浜町の支部(白石宅)に入る。本日から支部を分所に改める。 ○新居浜分所泊。
  • ■5月22日(火) ○晴れ。本日は休日。 ○午前11時、宇知麿、八重野夫妻が新居浜分所(白石宅)に到着。 ○午後2時、船に乗り御代島の「白石」を見物。 ○新居浜分所泊。
  • ■5月23日(水) ○新居浜分所泊。
  • ■5月24日(木) ○晴れ。午後2時、白石宅を出発。汽車で今治へ向かう。 ○午後4時20分、今治支部で拝礼した後、米屋町一丁目の宮田茂光宅へ入る。 ○宮田宅泊。
  • ■5月25日(金) ○晴れ。午後1時、宮田宅を出発。今治駅から松山駅へ。 ○道後鮒屋旅館泊。
  • ■5月26日(土) ○雨。午後2時、松山分所へ。 ○松山市北蛭子町の金亀支部へ。 ○午後5時半、湯の町支部へ。 ○道後鮒屋旅館泊。
  • ■5月27日(日) ○晴れ。 ○道後鮒屋旅館泊。
  • ■5月28日(月) ○晴れ。午後2時、鮒屋旅館を出発。 ○坂本村(現・松山市の最南部)の出口支部に寄った後、荏原村(現・松山市の南部)の二名洲支部に向かう。 ○二名洲支部(支部長・山口恒彦宅)泊。
  • ■5月29日(火) ○晴れ。休養日。 ○二名洲支部泊。
  • ■5月30日(水) ○晴れ。午前11時、二名洲支部を車で出発。 ○正午前、郡中町(現・伊予市の中心街)の郡中支部(橋本宅)到着。 ○郡中支部泊。
  • ■5月31日(木) ○晴れ。正午過ぎ、五色浜を散策。 ○午後2時半、車で大洲へ向け出発。午後5時過ぎ、喜多郡大洲町常磐町(現・大洲市常磐町)の大洲支部(佐賀伊佐男=出口宇知麿の実家)に到着。 ○大洲支部(佐賀宅)泊。
  • ■6月1日(金) ○雨のち晴れ。 ○大洲支部(佐賀宅)泊。
  • ■6月2日(土) ○晴れ。臥龍淵の不老庵を訪問。 ○大洲支部(佐賀宅)泊。
  • ■6月3日(日) ○朝5時半、汽車で大洲駅を出発。 ○長浜港(現・大洲市内の長浜港)から第十五宇和島丸に乗る。細雨。のち晴れ。 ○正午前、今治港に入る。午後1時、出航。 ○午後5時、香川県の多度津港に入る。 ○午後8時20分、高松港に入る。 ○船内泊。
  • ■6月4日(月)(旧4月17日) ○朝3時、神戸港に入る。 ○朝5時、大阪港に到着。 ○7時、梅田駅から汽車で出発。9時前に亀岡に着く。 ○天恩郷に寄り、午後の汽車で綾部に帰る。
  • 【収録されている写真】(22枚) ○四国巡教中の出口王仁三郎聖師(高松栗林公園にて) ○出口聖師の土佐へ乗船の浦戸丸 ○高知市 八幡神社前の出口聖師 ○高知市 八幡神社前の出口聖師一行 ○(文字が切れていて判読不能) ○室戸岬に於ける出口聖師の一行 ○室戸岬の巌上に立てる出口聖師 ○徳島県 小歩危の奇勝 ○徳島 忌部神社前の出口聖師 ○徳島県 忌部神社にての撮影 ○徳島県(以下文字が切れて判読不能) ○徳島県中央支部の出口聖師 ○香川県 白鳥神社境内に於ける出口聖師一行 ○香川県 屋島の勝景 ○高松市栗林公園内 出口聖師と信徒 ○香川県 高松 栗林公園一部 ○愛媛県新居浜白石邸の出口聖師 ○新居浜白石邸の聖師と信徒 ○愛媛県道後鮒屋旅館の出口聖師 ○道後温泉鮒屋旅館玄関の撮影 ○愛媛県松山市金亀城 ○愛媛県大洲町 臥龍ヶ淵 聖師の一行
凡例:
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
底本:月の家『二名日記』昭和3年7月10日発行、天声社、本文378頁