霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

真神

インフォメーション
題名:真神 著者:出口王仁三郎
ページ:203 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:12:44 OBC :B195301c34
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]写本(成瀬勝勇筆、大正14年3月、大本本部所蔵)
真神
 
 大本の真意義を根本的に理会せんが為には、是非とも宇宙の独一神天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)に就きて、判然した観念を有する事が必要である。これが信仰の真髄骨子となるのであって、この事の充分徹底せぬ信仰は、畢竟(ひっきょう)迷信に堕して(しま)う。(ただ)し神に就きての誤らざる観念を伝える事は、実に至難中の至難事である。(その)神徳が広大無辺であると同時に、其の神性は至精至妙で、いかに説いても、()う書いても、これで充分という事は、人間(わざ)では先ず望まれない。されば本邦の皇典「古事記」にも、単に造化の第一神として、劈頭(へきとう)に御名称を載せてあるに過ぎぬ。『古事記』の筆録者たる大朝臣安万侶(おおのあそみやすまろ)は、序文の(はじめ)に、「それ混元既に()り、気象未だ(あらわ)れず。無名無為(なもなくわざもなし)。誰か其形を知らむ」と書いてある。『日本書紀』の方では、本文に天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)の御名称さえ()せず、単に()の神の性質の一小部分を捕え、(いにしえに)天地いまだ(わか)れず、陰陽(めお)(わか)れず、渾沌雞子(まろかれたることとりのこ)の如し」などと書いてある。これも決して(わざ)書かぬのではなく、書き()くても、とても窮屈な漢文などで書きこなす事が出来なかったのであろう。
 天之御中主神という御名称は、本邦所伝のものであるが、無論此神は、日本専有の神ではなく、世界各国で種々雑多の名称を付して呼んで居る。太極、天、梵天、エホバ、ゴッド、ゼウス等を初め、他にも種々ある。そして(これ)に対する観念も、浅深大小、決して一様ではないようだが、畢竟(ひっきょう)(わが)皇典の天之御中主神を()すものである。(ただ)此神(このかみ)の徳性が余りに微妙、幽玄、広大無辺なるが為めに、大抵(たいてい)の経典は、辛うじて神性の一小片端を捕うるに止まり、世界中何処を捜しても、此神に就きて円満正鵠(せいこう)な観念を伝え得たものは(ひとつ)も無い。
 哲学者だの科学者だのは、多く神という事を嫌い、全然神と絶縁して仕舞(しま)った所思(つもり)で得意がって居るが、(あに)(はか)らんや、彼等畢生(ひっせい)の努力も研究も、実は天之御中主神の神業の一少部分を節孔(ふしあな)から(のぞ)いて居るようなものに過ぎない。
 今日、天之御中主神の真解が、曲りなりにも企及(ききゅう)()るように成ったのは、大本言霊学(げんれいがく)を以ての『古事記』の説明、及び『大本神諭』中に見出さるる此神(このかみ)の解釈等の賜物(たまもの)である。
   
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。