霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

霊力体

インフォメーション
題名:霊力体 著者:出口王仁三郎
ページ:206 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:14:09 OBC :B195301c36
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]写本(成瀬勝勇筆、大正14年3月、大本本部所蔵)
霊力体
 
 既に天之御先祖様である。吾々自身の肉体精神とても、吾々の生を養う動物植物とても、生物でも無生物でも、吾々の耳目に触るるものの一切、吾々の理智想像の及ぶ限りのものの一切は、(ことごと)く此御先祖様から分与せらるるのである。換言すれば、此の神は霊力体の総本体である。
 霊と体とは、天之御中主神が、その絶対一元の静的状態から動的状態に移らるる時に、必然的に発揮せらるる二元の呼称である。霊体という代りに、陰陽、水火、其の他の文句も使用されるが、全然同一義を以て使用されるのであると承知して(よろ)しい。又力とは霊体二元の結合の瞬間に発生するもので、霊のみで力なく、又体のみでも力はない。霊体二元が(そろ)うから、力が出来る。無論、霊体二元の配合如何(いかん)によりて、発生する力が非常に違う。人間が人為的に生物だの無生物だのと区別して居ても、実は霊体の配合が違い、従って其の発揮する力に雲泥の相違が生じて居ると云うに過ぎない。()(かく)、宇宙間は霊力体が()ち充ちて、()くの如く活気凛々(りんりん)として居る。その総本体が天之御中主神である。宇宙間に発生する万有一切は、皆、小天之御中主神である。之を放てば万有であるが、之を()き収むれば、天之御中主神に帰一する。
 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)の総本体は、広大無辺であるから、吾々人間が、いかなる霊智霊覚を以てしても、其全体を()、其全豹(ぜんぴょう)を察する事は出来ない。所謂(いわゆる)、無限絶対、無始無終である。(しか)(なが)ら、此の神の縮図たる小天之御中主神は、天地間に充ち充ちて居る。(あわ)一粒も小天之御中主神である。霊と体と力とが渾然として融合して、一個独特の機能を発揮して居る。活眼を開いて素直な心で対すれば、悟りの種は随時随所に充満して居る。それが即ち神の黙示であるのだ。
 
   神の黙示
一、天地の真象(しんしょう)を観察して、真神(しんしん)(たい)を思考すべし。
一、万有(ばんゆう)の運化の濠差(ごうさ)なきを見て、真神の力を思考すべし。
一、活物の心性を覚悟して、真神の霊魂を思考すべし。
 天地の真象、万有の運化、活物の心性、これは誠に不変不易(ふえき)活経典(かつきょうてん)と称すべきである。吾々は実に(この)活経典に対して、真神の真神たる所以(ゆえん)を悟る事に努力せねばなるまい。
   
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。