霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

進左退右

インフォメーション
題名:進左退右 著者:出口王仁三郎
ページ:216 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:16:07 OBC :B195301c40
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]写本(成瀬勝勇筆、大正14年3月、大本本部所蔵)
進左退右
 
 宇宙の二大原質の関係は「霊主体従」であるが、其活用から云えば霊は左で、進む性質を有し、体は右で、退く性質を有する。(そこ)で「霊主体従」と云う事を、運動の上からは、「進左退右」と言う言葉で現わしたのである。
 宇宙全体の運動という運動は、この「進左退右」を以て根本原則とし、之に(かな)うものは順、之に(そむ)くものは逆と云う事になる。言霊学の上から、左は「火足(ひたり)」の義で、火の系統、霊の系統たる事を示し、右は「水極(みぎ)」の義で、水の系統、体の系統たる事を示して居るのである。
 例によりて、宇宙全体は、人間の理智想像で推定するには、余りに偉大に過ぎ、とても(その)運動の法則が、()の通り「進左退右」に成って居ると証明する事は出来ないから、小宇宙たる人間その他二、三の卑近な実例を挙げて説明する。
 先ず人間の肉体に(つい)て述べんに、有意識の運動にしろ、無意識の運動にしろ、運動と云う運動は、(ことごと)く左が進み、右が退くように出来ている。三歳の小児が拍手する場合に於ても、常に先方に出るのは左手で、後方に退くのは右の手である。之に反する所の逆運動を行うものは無い。下女が摺鉢(すりばち)で味噌を()る時、百姓が碾臼(ひきうす)(もみ)()く時、其他類似の無数の場合に於て、何人と雖も進左退右の運動に違反するものはない。かかる場合に()いて之に違反せんとすれば、()し得ない事もないが、妙に勝手が悪く、骨が折れる事(おびただ)しい。柱時計などには、普通時計用の螺釘(ねじ)と時報用の螺釘と、双方別々に取付けてあり、そして其の捲方(まきかた)が、左巻、右巻の二種に作製してある。右巻の方は巻くのに容易であるが、左巻の方は夥しく力を要する。宇宙の運動の原則に従うと否との難易は、かかる場合に、最もよく判る。吾人が祭式に際して、左足から先ず踏み出し、後退に際して右足から踏み出すも、矢張り自然の天則である。日本の都会で、通行を規定するに当り「左へ左へ」などは、自然に天則を励行するものである。確かにこの方が勝手が()い。
 次ぎに、植物の(つる)の巻き方を見ても、この運動の原則は大部分に(おい)てよく守られて居る。朝顔でも、豆類でも、山芋(やまいも)でも、藤でも、(その)(つる)の巻き方は、皆進左退右式である。人間が(たわむ)れに朝顔の蔓などを逆に巻いて、縛って置いて見ると、矢張り蔓は承知せずに、先端の方は宇宙の運動法則を実行する。無論人間の中に左利(ひだりきき)の人があると同様、植物にも原則違反者がある。(あるい)は植物の方が、其数が一層多いようだ。(なお)()(ほか)、旋風にしろ、渦巻きにしろ、天体の運行にしろ、数えて立てれば際限がない。かかる現象の蒐聚(しゅうしゅう)は、専門の士が、各々己が向き向きに試みて、(あく)まで研究材料を豊富ならしむるよう努力さるる事を希望する。