霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一元と二元

インフォメーション
題名:一元と二元 著者:出口王仁三郎
ページ:212 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:14:59 OBC :B195301c38
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]写本(成瀬勝勇筆、大正14年3月、大本本部所蔵)
一元と二元
 
 自分は、前章に於て、天之御中主神が宇宙の独一真神で、霊力体の総本山である所以(ゆえん)を説明したが、本章に於ては、此神の動的方面、即ち其霊力体の妙用を発揮して、天地、太陽、太陰(たいいん)、列星を創造されたる次第を説明したいと思う。
 霊力体の意義に就きては、第一章(ママ)にも一言して置いたが、(ここ)では、も(すこ)し詳細に、其真意義を解釈して置きたい。天之御中主神の静的状態、即ち天地未剖判(ぼうはん)混沌(こんとん)状態に在りては、無論、霊だの体だのの区別はない。(ただ)一元の「大元霊」があるのである。真如(しんにょ)だの、虚無(こむ)だのというのは、此状態を()したものであるが、既に前にも一言せる通り、此状態は、吾々(われわれ)()いて意念する(だけ)のもので、実際としては、天之御中主神の御活動は、無窮に悠遠なる時代から、既に(すで)に開始されて居た。()うしたとて、吾々は其無窮を超えて一元の「大元霊」の(うち)(さかのぼ)る事は出来ない。思索、想像の(おもむ)くべき一面としては興味がないではないが、要するに、それに(ふけ)るのは結局道楽三昧(ざんまい)である。印度人だの、南方支那人だのは、兎角(とかく)此様(こん)な道楽が好きだが、神業の大成の局に当るべき日本人としては、其様(そん)閑日月(かんじつげつ)は無い。殊に現在、宇宙間は、あらゆる方面に(わた)りて活動又活動、天地創造以来の大活躍が(おこ)らんとしつつある瞬間であるから、尚更(なおさら)の事である。既に宇宙の間に活動が起って居るとすれば、根源に於て其活動を起すべき力の存在は明白である。換言すれば、力があるから活動が起るのだ。(ところ)が、力という力には、常に正反対の二方面が(そなわ)って()る。進あれば必ず退あり、動あれば静あり、(いん)あれば必ず()あり、と云う具合である。吾々は、何故(なにゆえ)力に斯く正反対の二方面が(そな)わるのであるかを考究せねばならぬ。何が其原因か。かく追求すると、吾々は是非共、宇宙の間に相対的二元の存在を認めざるを得ぬ。正反対の性質を帯びたる二元が存在するから、其二元の交渉(もし)くは衝突の場合に、(しん)となったり、退(たい)と成ったり、(あるい)は動と成ったり、静と成ったりする。宇宙の内部が一元のままならば、進退もなく動静もない。相対的二元があるから力が生じ、そして其力に相対的二方面が(そな)わる。()ういう次第だ。大本霊学では、此宇宙内部の相対的二元を捕えて、陰陽ともいい水火とも又霊体ともいうて居る。霊体、火水等は、平生(へいぜい)浅薄な通俗的意義に使用されて居るが、(ここ)に述ぶる所は、根本の第一義のもの、抽象的のものである。吾々は、之を意識の上に明瞭に描く事は出来るが、其実体は、之を捕える事は出来(にく)い。爰に火水という時は、火水の本体、第一義の火水を指すので、水として(しょう)を現わす時は、実は其中に火があり、火として象を現わす時にも、同じく其中に水がある。換言すれば現象の火も水も、(いず)れも各々(おのおの)陰陽二元の一種の結合で、各々特有の力を発揮して居るのである。この事が()に落ちぬと、自然不可解に()ちたり、低級卑俗の見解に堕したりして、宇宙根源の真諦(しんたい)に触れる事は到底不可能である。
 言霊学(げんれいがく)から言葉を(しら)べて、霊と体と力との関係が非常によく明白になるのである。元来日本語は世界言語の根源で、諸外国の言語の根本の(ごとく)転訛(てんか)がないから、音韻(おんいん)の根本義が大変(しら)(やす)く、其方面からも宇宙の神秘、造化の奥妙(おうみょう)等を(さぐ)るに多大の便宜を有する。言霊学の性質、さては日本語と外国語との関係等に就きては後章に論ずることとして、(ここ)では単に、(れい)(りょく)(たい)言霊(ことたま)(とく)(とど)める。「霊」は本邦の古語では「ヒ」であり、又「チ」である。又「体」の邦音は「カラ」であり、又「カラタマ」である。元来、「体」は霊を宿(やど)すべきもので、言わば中身無しの容器である。即ち「体」は(から)(から)等と同一義を有する。又古来日本では、(から)でも(から)でも、すべて外国を「カラ」と呼んで居るが、要するに、外国は(からだ)(とうと)ぶ国、霊性の()りない「空唐国(からくに)」という事なのである。「力」は即ち霊、体で、霊体二元の結合という事である。霊、力、体の関係が、かく明白に言葉の上にもあらわれて居るというのは、真に驚歎すべきではないか。
   
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。