霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

霊主体従

インフォメーション
題名:霊主体従 著者:出口王仁三郎
ページ:214 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:15:47 OBC :B195301c39
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]写本(成瀬勝勇筆、大正14年3月、大本本部所蔵)
霊主体従
 
 ()て、陰陽又は水火、霊体の二元が、宇宙の「大元霊」から(わか)れ出づる所の相対的二大原質でありとすれば、宇宙の「大元霊」たる天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)から()れば、無論双方とも同様に肝要で、其間に甲乙軽重の差がある筈はない。
 陰が滅すれば、同時に陽も滅し、又陽が滅すれば、同時に陰も滅する。二者の(うち)、其一を欠く事は出来ない。吾々の身体で、左右の眼、左右の手足が共に肝要であると云うよりも、更に痛切な意味に於て、肝要至極である。(しか)(なが)ら、宇宙の内面に於て意義ある活動を起そうとするには、是非とも其一方面を主とし、他方を従とせねばならぬ。五分五分の権能を賦与せられたのでは、全然活動は(おこ)らない。同力量の力士が、土俵の真中(まんなか)水入(みずいり)引分に終るが如きものである。又主と従との関係は、永久固定的であらねばならぬ。さもなければ、起る所の活動が乱雑不統一に陥って(しま)い、結局無活動と同じ結果になる。千万世に(わた)りて変る事なく、秩序整々、意義ある活動を続けようとするには、()うしても陰陽の間に主従優劣の固定的関係を設くる事が、絶対に必要だ。(そこ)で天之御中主神は、活動の太初に於て陽を主と()し、陰を従と()し玉うた。大本霊学は此根本原則を普通「霊主体従」という言葉で言い現わして居る。陽主陰従でも火主水従でも意義は同一である。
 「霊主体従」が宇宙の大原則である事は、宇宙其物(そのもの)(つい)て考えたとて、容易に分るものではない。余りに広大で、余りに奥が深過ぎる。が、大宇宙の間には、同一原則で出来た小宇宙が充満して居るので、吾々は是等(これら)()きて大宇宙を忖度(そんたく)するの便宜を有して居る。人間としては、先ず手近い自分自身を攻究するのが(わか)り易い。
 少し静思反省すると、()うしても吾々人間には、霊的性能と体的性能との正反対の二面が(そな)わって居る事が(わか)る。霊能は、吾々に向上、純潔、高雅、正義、博愛、犠牲等を迫る。これが最高の倫理的感情又は審美的性惰の源泉である。之に反して体能は、吾々に食い()い、飲みたい、着たい、犯したい等、少くとも非道徳的念慮を起さしめ、甚だしきは堕落、放縦、排他、利己等の行為をも迫る。(この)二性能は、常に吾々の体内で両々相対抗して居る。人間として存在する以上、到底(これ)を免れない。()し霊能が無いとすれば、吾々は忽ちに禽獣化し、人類として存在の価値を失う。若し又、体能が全然無いとすれば、それでは自己の保存が覚束(おぼつか)ない。例えば食われない(だけ)でも滅びて(しま)う。両性能を具有する事は絶対に必要であるが、両性能の間には、主従優劣の区別を設けて、一身の行動の規準とせねば、人間は適従する所に迷うて了う。(そこ)で霊能を主とし、体能を従とし、之を守るのが善、之に(そむ)くのが悪と規定せられて居る。大宇宙の原則は、矢張(やはり)小宇宙たる人間に於ても、原則とせられて居る。ただ人類が未製品なので、大体之を原則として規定しても、実行の上には原則違反ばかり続けて居るのだ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。