霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

はしがき

インフォメーション
題名:はしがき 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100600c001
001 本書は開祖・出口直子刀自(とじ)刀自は老女の尊称の人なりと、002その御生涯の事跡のあらましを略述したものである。003略述ではあるが、004史実の正確を期するためには出来る限りの検討をなし、005かつ事実を事実として率直に伝えることに意が注がれてある。006従って従来諸種の刊行物に掲載されたものの中からも、007誤りはもちろん訂正されるとともに、008根拠薄弱なものはこれを割愛している。
009 教えの権威はその歴史にあり、010人にありといわれる。011むしろ愛善苑においては、012明治二十五年大本発端以来の歴史そのものがもっとも重要な教えである。013一見些細な史実の一つ一つに、014神の経綸(けいりん)の神秘が啓示されてあり、015あるいは地上天国実現についての大神劇の型が演ぜられてあると教えられている。
016 しかしそれらについての詳細な紹介と解説は他日に期することとし、017本書においては、018ただ御事跡の主だったもの、019および比較的わかり易い事柄を平面的に記述するに止められた。020それでもなお入神後の御事跡中には、021一般には不可解と思われるものも相当あろうが、022それらについてはあまりにこだわることなく、023「そういう事もあったのか」と、024しばらく読み過ごしておかれたい。
025 とまれ、026人の世のあらゆる艱苦にめげず、027(りん)として清冽(せいれつ)な一筋を貫き通された八十三年の御生涯、028寒夜(かんや)氷を割って水行されること、029多きは一夜に十三回を数えたという烈々たる開祖の信仰は、030読む人をしてその霊性を目覚めしめ、031混迷期にあってわずらい悩む現代人に、032大いなる光となり力となることを信ずるものである。
033 事跡の配列、034言句の整理になお幾多工夫すべきものがあるが、035他日再版の機会に改良したい。036つたない筆の運びが開祖の御徳をそこなうこと万々なるを謹んでお詫び申しあげる次第である。
037愛善苑宣教部