霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 愛善の世界

インフォメーション
題名:第1章 愛善の世界 著者:出口王仁三郎
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-06-22 03:33:17 OBC :B130200c01
001一、愛善の道
002(あめ)(した)の平和と幸福もたらすは神のつたへし愛善の道
003内外(うちそと)の国のけじめをつけずして光をあたふる愛善の道
004(そこ)ひなき神の恵みの真清水(ましみず)を世にうるほすは愛善の道
005世の人の悩みあまねく(はら)はむと()がひらきたる愛善の道
006行きつまる世を開かむと朝夕(あさゆふ)にわれ愛善の道を説くなり
007とこやみの世に住みながら光明の世界に()くる愛善の道
008根本的に人の精霊(みたま)を天国に救ひたすくる愛善の道
009とことはの神の御国(みくに)に世の人を救ふはまことの愛善の道
010二、愛善世界
011かむながら神のまことの御教(みをしへ)は愛善世界の提唱なりけり
012愛善の道にをらねば地の上の国の平和は来たらざるべし
013国々の境はあれど愛善のまことの(をしへ)はへだたりもなし
014隔てなき日光(ひかり)のもとに住みながら別けへだてする世人(よびと)ごころよ
015国と国のいくさはすれど地の上の人はのこらず同胞(はらから)なるも
016山かはり人ことなれど村肝(むらきも)の心のいろに(かは)りなきかな
017外国(とつくに)の空は遠くも神の目に見たまふ地上は一つなりけむ
018人草(ひとぐさ)のこころの空の晴れぬればやまともから日本も唐(外国)も、の意も一つとぞなる
019世の中は頼みたのまれ助けあひて一つこころにすすむ神国(かみくに)
020世の中の人の心ををさむるはみな愛善のまことの光よ
021愛善のこころ世界にみちぬればこの世はたちまち地上天国
022愛善の花咲きみつる神の世は人の心もはなやかなるべし
023()(たま)もいやとことはに栄えゆく愛と善との国は(した)はし
024三、愛善の楽園
025へだてなき神の恵みは天地(あめつち)のよろづのものに照りわたるなり
026見わたせば野にも山にも皇神(すめかみ)の恵みの花は咲きみちてあり
027野に山に神の恵みは満ちぬれど心なければ目にもとまらず
028景色よき大海原(おほうなばら)山河(やまかは)は愛と善とのあらはれなりけり
029木も草も(あま)わたりゆく月の(つゆ)うるほひうけて栄えゆくなり
030花にほひ小鳥は歌ひ蝶は舞ふゐながら居ながらこの世は地上天国
031厭離(えんり)穢土(えど)などと思ふなうつし世は愛善の神まもる楽園
032目に見えぬ神の御国(みくに)現世(うつしよ)愛善神(あいぜんしん)のすみ()なりけり
033四、愛善の徳
034うばたまのやみ()を照らす光明は神より()でし愛善の徳
035一日(ひとひ)だも神の守りのなかりせば世はとこしへに闇となるべし
036ゆめの世と人は言へども愛善の徳にし住めば()ける(あめ)つち
037つくるなき愛の泉はとことはに生命(いのち)の水と湧き()でにけり
038とこしへの生命(いのち)も愛もわが神のいだかせたまふ(ちから)なりけり
039天地(あめつち)に愛の発動なかりせば森羅万象ほろびゆくべし
040愛といふは国家社会をはじめとし森羅万象をまもる道なり
041森羅万象愛の言霊(ことたま)によみがへり(はて)しも知らに栄えゆくべし
042愛善のこころは神にかよふなり神は愛なり善なるがゆゑ
043わたくしの心しなくば(おのづか)ら愛善の徳そなはるものなり