霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 造─適宜の事務

インフォメーション
題名:第9章 造─適宜の事務 著者:出口王仁三郎
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B130200c09
001三九、なりはひ
002人はみな身魂(みたま)に合へる(なりはひ)あり神にならひて道をはづすな
003士農工商の道つたへゆく大本はくもりたる世の光なりけり
004世の中はおのもおのもの家業(なりはひ)をつとめ励みて栄えこそすれ
005信仰と誠意と努力なき時はいかなる事業も栄えざるべし
006おのが身の力さとりて(こと)なさば(あやま)つことの(つゆ)だにもなし
007うつし世の勤務(つとめ)おこたる曲人(まがびと)は神の御国(みくに)のつみ(びと)なるも
008朝早く起きいで(わざ)にいそしめば神の助けは(おのづか)ら添ふ
009(さち)おほき生業(なりはひ)なりとも皇神(すめかみ)御許(みゆるし)なくば(われ)はなすまじ
010朝夕に御前(みまへ)に祈り(わざ)をなせばいと安らけく進みゆくべし
011現世(うつしよ)事業(わざ)さへ全くできぬ身の神の御業(みわざ)(つか)()べきや
012顕世(うつしよ)は神の御国(みくに)田畑(たはた)なれば(おそ)れつつしみ日々(ひび)にはげめよ
013よき種子(たね)を神の畑に()くならば(ゆた)にみのらむ千頴(ちかひ)八千頴(やちかひ)
014狭田(さだ)長田(ながた)高田(たかた)窪田(くぼた)種物(たなつもの)まきて育つるおほみたからはや
015人みなの生命(いのち)の種と朝夕にはたらく田人(たびと)世のたからなる
016きもむかふ心つくして世のために(さち)ある(しな)をつくる飛騨人(ひだびと)
017商人(あきうど)は正しかるこそ道なれや(つと)めはげみて御国(みくに)を富ませ
018朝夕に汗して働くなりはひの中にこもれる宗教のひかり
019四〇、経済
020経済の根本革正なさざれば地上の国はほろびゆくべし
021自然界の元素を採集利用せずば人生無意義に(をは)るものなり
022天地(あめつち)の中にありとし在るものは神のあたへし宝なりけり
023生活(なりはひ)になくてかなはぬ物はみなこの世の中の宝にぞある
024ありとある地上のものは(ことごと)()(みづ)(つち)より()でざるはなし
025火と水と土の御徳(おんとく)知らざれば(しん)更生(かうせい)効を奏せず
026お土からあがりし物を大切にせざればこの世は治まることなし
027お土からあがりしものを大切にせよとの謎を知る人はなし
028一さいの生産品は地上より更生もまた土よりはじめよ
029あらがねの土は万有産出の(もとゐ)なりせばおろそかにすな
030野に山に神の恵みは満ちたらふ人よまことの(くは)もちて掘れ
031御教(みをしへ)のしげり栄えて国民(くにたみ)のかまどの(けむり)しげき()待たるる