霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 伊都能売

インフォメーション
題名:第12章 伊都能売 著者:出口王仁三郎
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B130200c12
001五〇、伊都能売(一)
002須弥仙(すみせん)の山の尾の()に立ち給ひ宇宙を()べます伊都能売(いづのめ)の神
003須弥仙(すみせん)の山に腰かけとことはに天地(てんち)六合(りくがふ)まもる伊都能売(いづのめ)
004伊都能売(いづのめ)の神の御稜威(みいづ)天地(あめつち)のももの神たち()べ守りませり
005八百万(やほよろづ)神ゐませども伊都能売(いづのめ)の神の(わか)ちし霊魂(みたま)なりけり
006八百万(やほよろづ)神はませども伊都能売(いづのめ)のまことの神の御使(みつかひ)なりけり
007神柱(かむばしら)あまねく地上にまくばりて世を清めます伊都能売(いづのめ)の神
008伊都能売(いづのめ)は三十三(さう)に身を変じみろくの御代(みよ)を開かせたまひぬ
009神となり仏ともなり鬼となり世を生かしゆく伊都能売(いづのめ)の神
010釈迦(しやか)となりキリストとなり()の花の姫とあれます伊都能売(いづのめ)の神
011釈迦(さか)孔子(くじ)もその他の(ひじり)伊都能売(いづのめ)の神のいさをの()かれなりけり
012弥勒といひキリストといふも伊都能売(いづのめ)御活動(おんはたらき)の一つなりけり
013キリストの再臨弥勒(みろく)下生(げしやう)とは伊都能売(いづのめ)(かみ)の顕現なりけり
014五一、伊都能売(二)
015三千年(みちとせ)を忍びたまひし親神(おやがみ)の光はここに伊都能売(いづのめ)の神
016乱れたる世をたださむと伊都能売(いづのめ)の神はみ(そら)(くだ)りたまへり
017地の上に天津御国(みくに)を建てむため天降(あも)りたまひし伊都能売(いづのめ)の神
018古き世の神の(をしへ)をあたらしく世に伝へむと伊都能売(いづのめ)の神
019宇宙間あらゆるものの大本(おほもと)を解き明かさむと伊都能売(いづのめ)の神
020伊都能売(いづのめ)のまことの神は人びとの(つみ)あやまちを(さば)きたまはず
021広き世にひろき(をしへ)をひらきつつ狭き(をしへ)をただす伊都能売(いづのめ)
022(かわ)きたる(をしへ)真清水(ましみづ)あたへつつ死神(ししん)死仏(しぶつ)()かす伊都能売(いづのめ)
023上下(かみしも)差別(けじめ)もつけず平等に世を救ひます伊都能売(いづのめ)の神
024宗教や政治文学芸術になりはひ(さちは)伊都能売(いづのめ)の神
025国は富み世人(よびと)さかゆる神の()を開かせ(たま)ふは伊都能売(いづのめ)の神
026天も地もみな伊都能売(いづのめ)のいさをしに安く治まる神代(みよ)(ちか)めり
027山川(やまかは)もなびき伏すらむ伊都能売(いづのめ)の神の表に()でます御代(みよ)
028五二、伊都能売(三)
029無始無終無限の宇宙も伊都能売(いづのめ)の神の守りに(ひら)け行くなり
030春秋(はるあき)のうつり(かは)りも伊都能売(いづのめ)の神の力の(あら)はれなりけり
031神霊魂(かむみたま)いづの千別(ちわ)きに千別(ちわ)きましものみな()かす伊都能売(いづのめ)の神
032天地(あめつち)のまことの親をたづぬれば世にいづのめの神にましけり
033わが(たま)のまことの親は天地(あめつち)をうしはぎいます伊都能売(いづのめ)の神
034伊都能売(いづのめ)の神の守りに外れたるものは天地(てんち)一物(いちもつ)もなし
035地の上のあらむ限りの生物(いきもの)()とし(めぐ)ます伊都能売(いづのめ)の神
036国と人いろいろ(かは)れど伊都能売(いづのめ)の神のまもりに差別(けじめ)なきかな
037天地(あめつち)伊都能売(いづのめ)の神いまさずば世はとことはに(やみ)となるべし
038現身(うつそみ)は朝日に(つゆ)と消ゆるとも(みたま)永久(とは)()かす伊都能売(いづのめ)
039うつし()はいふも(かしこ)幽世(かくりよ)を守らせたまふ伊都能売(いづのめ)の神
040天国に日の神となり霊国(れいごく)に月とかがやく伊都能売(いづのめ)の神
041愛善の神徳()たし信真(しんしん)の光あまねき伊都能売(いづのめ)の神
042愛の善(しん)(しん)をばつちかへと(をしへ)ひらきし伊都能売(いづのめ)の神
043真善(しんぜん)美愛(びあい)の極致は伊都能売(いづのめ)(いづ)御霊(みたま)のかがみなりけり
044(いづ)(みづ)陰と陽との神徳を世に照らします伊都能売(いづのめ)の神
045五三、厳瑞二霊
046やほよろず神あるなかに常立(とこたち)の神は御国(みくに)(もと)大神(おほかみ)
047久方(ひさかた)の神天降(あも)りまし曇りたる世を照らさむと道を()らせり
048ちはやぶる神代(かみよ)も聞かぬ神言(かみごと)詳細(つばら)にさとす常立(とこたち)の神
049厳御霊(いづみたま)(みづ)御霊(みたま)のあらはれて(みそぎ)(わざ)をはじめたまひぬ
050うつせみの世を(あらた)むる真木柱(まきばしら)(いづ)(みづ)との霊魂(みたま)なりけり
051厳御霊(いづみたま)(みづ)御霊(みたま)の力ならで(たれ)かこの世を救ひ()べしや
052わが神の恵みの奥はかぎりなし善と悪とにとらはれたまはず
053大神の恵みを知るも知らざるも()べ救ひます神の御恵(みめぐ)
054限りなき(いづ)御恵(みめぐ)み知らずして(すご)せしうちに守ります神
055⦿()になりてすみきりたまふ()の神の内流つたふる(みづ)御魂(おんたま)
056わくらはに(をか)せし(つみ)やあやまちを宣り直します(みづ)大神(おほかみ)
057人の世の罪とがさばき罪咎裁きたまはずに神国(みくに)にすくふ(みづ)大神(おほかみ)
058よしあしをさばき(たま)はで世の人をあまねく救ふ御神(みかみ)たふとし
059皇神(すめかみ)は愛の善徳にましませば罪ある人も憎みたまはず
060愛信(あいしん)(をしへ)大本(おほもと)いづみたま(みづ)のみたまによりてかがやく
061愛と信の御代(みよ)松が()三五(あななひ)(つき)照りわたる御代(みよ)ぞまたるる