霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 義と正欲

インフォメーション
題名:第5章 義と正欲 著者:出口王仁三郎
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B130200c05
001二四、裁制断割
002奇魂(くしみたま)(さとり)の道のほどほどに世のもの(ごと)(ただ)しくさばくも(裁)
003おほきみの御政事(みまつりごと)もおだやかに(おきて)(ただ)しくすすむ御代(みよ)かな(制)
004ためらひの心うち捨て勇ましく思ひし善事(よごと)とぐるは(ただ)し(断)
005国人(くにびと)をさちはふために身をわすれ(なや)みに(とな)ふこころは(ただ)し(割)
006二五、名位寿富
007(めい)()寿(じゆ)(ふう)これぞ神賦(しんぷ)正欲(せいよく)ぞ働かざれば()(とみ)もなし
008()(くら)寿(いのち)(とみ)もすめ(かみ)皇神は人の所業(しわざ)によりてたまはむ
009()(くら)(とみ)寿(いのち)もちはやふる神のたまひし宝なりけり
010かむながら(まこと)の道をさとりなば名位寿富(もののたから)はひとりそなはる
011(めい)()(ふく)たとへ世人(よびと)に劣るともまことの道に富む人とならむ
012垂乳根(たらちね)の親の名までも世にあげて身を立つるこそ子の(つと)めなる
013雲井(くもゐ)なす高き(くらゐ)にのぼるとも(しも)いつくしむ道をわすれな
014たまきはる人の命はかぎりあれど一日(ひとひ)もがもと祈る真心
015微弱なる人の生命(いのち)もこころして(もち)ふる時は強きものなり
016白銀(しろがね)黄金(こがね)(たま)もかずならず数ならず身の健康(すこやか)にまさるものなき
017身労は身健(しんけん)となり心労は心健(しんけん)()るもとゐなりけり
018たまきはる人のいのちは天地(あめつち)の神のまにまに保ちこそすれ
019むつまじく(いえ)富みさかえ玉の緒のいのち長きは信仰(あななひ)の徳
020子孫(うみのこ)のいやつぎつぎに栄えかし天地(あめつち)日月(ひつき)のつづく限りを
021二六、富と慈しみ
022愛善の誠の徳にみつるならばたちまち富はあつまるものなり
023誠心(まごころ)をつらぬく時は世の人のしたふ力に富みさかえゆく
024今日(けふ)(かて)明日(あす)(くら)ふは富めるなり貧しき人は今日に明日(あす)をくふ
025(おご)らずに日々(ひび)生計(くらし)をつつしめばこれに越したる収入はなし
026足ることを知りて(おご)らぬ人の家はいや遠永(とほなが)に立ち栄えゆく
027足ることを知りたる人は天地(あめつち)の神の仁慈(めぐみ)をさとりたるなり
028家おこす人の行為(しわざ)をうかがへば紙一枚もおろそかにせず
029くさぐさの冗費(つひえ)を省き貧しきに苦しむ人をひそかに足らはす
030富むとても貧しき時を忘れずに(とぼ)しき人を見ればほどこせ
031望月(もちづき)の欠けたることのなき人は足らはむ人を(いつく)しむべき
032左手(ゆんで)にて(ほどこ)しするを右の手に知らせざるこそ神にかなへる
033二七、宝と徳
034(たくは)ふるよりは宝はほどほどに使ふが効力おほきものなり
035(たくは)へて世人(よびと)のために(もち)ゐざる黄金(こがね)瓦石(ぐわせき)となにかえらばむ
036黄金(わうごん)を積みて心を悩むより天地(てんち)のあひだに徳をつむべし
037さび腐りほろぶ宝を積むよりもまことの徳を神国(かみくに)につめ
038すめ神に受けし宝をおとさずに清くもちゐよ道の信徒(まめひと)
039とこしへに朽ちぬたからは皇神(すめかみ)の道に尽くせし誠なりけり
040とこしへの(たま)御宝(みたから)よそにして朽つる宝をもとむる人かな
041財宝をあつめて(くら)にをさむより身を修むるぞ宝なりけり
042いかほどに智慧(ちゑ)や宝を持つとても神を知らねば貧しき人なり
043現世(うつしよ)に学びし智慧は剥ぎとられ富は消えゆく(もと)神国(みくに)なり
044ただ神の言葉によりて悟り得し智慧と富とは永久(とは)に栄えむ