霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

気宇を大きく

インフォメーション
題名:気宇を大きく 著者:出口王仁三郎
ページ:103 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195600c07
大正十四年三月五日
 大本も今までの役員のやり方や考えは狭小で、鎖国主義で排他的であったようです。わが神尊し、他の宗教は取るに足らんというような態度で来たが、智慧証覚と愛善信真の度合によって、それに相応したそれぞれ異った教を信じて満足しているのである。せっちん虫はせっちんで満足しているようなものである。
 人間は人間の食べ物、獣はけだもの、虫類は虫類と、それぞれ相応した食物があるごとく、天国には幾千とも数知れぬ団体と階段がある。信仰団体もそれと同じく移写されて多数の宗教があるので、霊魂の餌食である宗教にも、相応して種々と種類があるのであるから、天理教を信仰する人であったら天理教の天国に行けるのである。
 しかし何を信じても食い足らぬ人は、より以上徹底した教を求めるものである。大本に寄っている人は、どの既成宗教にも飽き足らない、満足出来ない人々であるから、他の宗教の信者に比較して智慧証覚の度の優れている人々で、いわゆる手に合わぬ人達であります。他の宗教のように南無阿弥陀仏、有難い有難いだけでは満足出来ない人達である。だから大本の統一はむつかしいのである。一歩進んでいる人達の集まりであるから、統一の難かしいのもむしろ当然であります。
 右のような次第であるから、他の教を信仰し、それで満足している人であったら、無理に大本に引き入れなくてもよい。そういう人に出合った時は、その人の信ずる教のよい点のみを挙げて生命を与えたらよいのである。祝詞の「善言美詞(みやび)神嘉言(かむよごと)を以て、神人(かみがみ)をなごめ」でやったらよいのである。
 右のような態度をとるときは、既成宗教にあきたらない人は、入るなと言っても入信したくなってくるものである。
 すべて如何なる宗教であろうとも、世を利し、人を益し、天国を建設するをもって目的とせないものはないのであるから、その美点のみを調べて、その点をほめるようにするのである。
 今後大本は世界の道義的の立替立直しをやらねばならぬ。ついてはすべてを包容し、神は一切をもって吾愛児とみそなわしたもう、その大きな気宇を持って、あまねく世人に接し、同信者間に於ては人の非を言わず、もしも悪い所のあった場合は直接に注意し合って、大同団結して神業に奉仕してほしいものであります。
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→