霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

宗教は酒の如し

インフォメーション
題名:宗教は酒の如し 著者:出口王仁三郎
ページ:132 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195600c26
昭和六年四月二十三日
 宣伝使の中にもいろいろ千言万語を費して名論、卓説を吐く人が沢山あるが、しかしその行いということ──実地に活動せないならば、これは偽りになる。黙って居ても、実地に活動して神の道を伝えることが出来る。それで「沈黙は雄弁に優る」という言葉もあって、沈黙して、そして行いをもって見せて行くのが一番に宣伝の効果が挙がる。本当に誠が通って行くのである。まだ大本は宗教的行為も混って居るけれども、既成宗教のような宗教とは考えてはいないのである。すべて宗教というものは酒のようなものである。「宗教は阿片なり」と言うた人もあるけれども、これは宗教の形体をそなえて実際の宗教でないものを指した言葉であろうと思う。本当の宗教は酒のようなものである。酒のきらいな人はこれを見てもいやなのである。また好きな人は無茶苦茶に好きである。酒を飲んでもめいめいに味が違うのである。飲んで喜んで笑う人と、怒る人と泣く人と、それから乱暴する人がある。人と喧嘩して、警察の厄介にならねばならぬ人も出来てくる。同じ一つの酒であっても、その人々によって皆その結果が違うて来るごとく、同じ大本の道でもその人によって、お筆先にある通り、「身魂の因縁だけよりとれない」ものである。身魂相応よりとれぬのであるから、一般の人に向って「こういう教である」「こういうものだ」というて大本を説いたところでわからぬ人もある。わかる人もある。それで大本というものは一体どういうものであるか、どういう真理があるかと尋ねられたところで、これは説くことが出来ない。たとえて云えば、牡丹餅はどんな味がするか、それを説明せよというのと同じことである。食べてみねばわからぬ。うまければうまいというよりほかはない。それと同じように大本はいい教であるというよりほかに道はない。牡丹餅も七ツ、八ツ位食う人もある。一ツでいやになる人もある。それで人間の言葉で説明が出来るような教であったならば、真の宗教ではないのである。神の教というものはとくにとかれず、ゆうにゆわれず、ハゲ頭のようなものである。
 お筆先に「神が表に現われたら一切のことを暴露する」と書いてある。ツラの皮をひんむいてしまう、そして改心させるとある。大本は尖端を行くのであるから、私は昔からの古キズを「真如の光」誌上に暴露して、暴露戦術をやっている。世の中は暴露戦術をこの頃始めて居るけれども、私は早くからやっている。世の中より先んじてやっている。それで、どんな人も私の「真如の光」を読んだならば、どこか心に当って居るところがあろう。心に当らなかったならば、これは生きて居る人ではない。
 すべての人、特に宣伝使というものは、自分はこんなことをして居ったから恥しいとか、こんなことは云われぬというような、隠すような気があったならば本当に人を導くことが出来ない。私はそう考えて居る。それで私は一般に、一生懸命に大本を信じて来ている人には、私の古キズを発表している。外にも世間の人に、外国にまで行く雑誌にものせている。なかにはこんな先生なら信仰はやめてしまう、という人もあるからも知れぬ。その人は偽善者である。そういう偽善者は大本に寄って貰わないでもいいのである。誰でも考えて見たならば、肉体があれば皆そうである。それがために率先してやっている。誰にもそういう考えをもって自分から暴露せねばいけない。昔は人間は神の分霊であり、いわゆる神様の断片であるから、自分の悪い所を人の前に暴露するのは神を恥かしめることであると云ったが、今日は、神は時宜によるのであるから、この頃にはあてはまっていない。世間で暴露戦術をやっているから、こちらからもやるべきである。それは永遠ではないが、こういう時期が来ているのである。
 反宗教運動がこの頃起って来ているのも、お筆先をよく調べて見ると「神が表に現れるに就ては今までの教会、取次はつらくなるぞよ、すっくりツラの皮をひんむいてしまう」と書いてある。それで反宗教運動は、今までのバイ菌のような不徹底な、地獄極楽をこしらえて命脈を保っているような宗教にはいい薬である。これは一つには神意の存するところであると思う。ついては大本も既成宗教のような真似はしないようにしたい。またこの宇宙の真理というものは、一人や二人の人間から出た言葉で判るものではない。それで大本は開祖が率先してこの理を説かれたのである。
 時代に応じ時に応じて現われるということはいわゆる世の中を順応指導して行くことである。外の宗教は教典教理から、何カ条というものをこしらえてしもうて、そしてそれより動きも、にげることも出来ないようになって居るが、大本の開祖の教は、時と場合によって必要なる教を説いて行くということになっている。それであるから何万年続いても、万古末代続いても、この宗教にはカビが生える気づかいはない。しかし現代の宗教は何千年前の教そのままである。冬の綿入れのようなものである。それを帷子(かたびら)を着ねばならぬ汗の出る夏の暑い時に振り回すようなものである。夏は夏の着物があり冬には冬の着物がある。大本の教はそれである。夏が来れば夏の着物を着せる。冬が来れば冬の着物を着せるようになっている教である。だから世の中がどれほど進んで来ても、大本は決して他の宗教のように、時代に落伍するようなことはないようになって居るのである。
 大本はお筆先にある通り、三千世界の改造である。ただ単なる死後の生活を説いたり、或は死後の生活を説いて死に対する恐怖心を慰安して、それをもって能事終れりとするものではない。実際の宗教というものは政治、経済、法律或は文芸一切のものを包含しているものである。しかるに今日の宗教というものは、じめじめとした婆、嬶の玩具みたいになってしもうている。こういう宗教は有っても無くてもいい、阿片ならまだ気分がよくて酔うたりすることもあるけれども、阿片以上に今日の宗教は役立たぬものになって居る。それでこの頃反宗教運動が起って来ているのも、お筆先から考えて見ると、これが御神意であると思う。それで大本の宣伝使はそこのところをよく考えて頂いて、既成宗教家のような考えを起さぬように、また商売気を出さぬように──商売をする時は一生懸命に商売をすればよい。いくらでも利益をとればよい。けれども神の教を宣伝する時には、慈悲の権化となって人を救わねばならぬ。そして勇猛心を振い起さねばならぬ。勇、親、愛、智の四つがなければいけない。
 
王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!
目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/15飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (21) 暗殺隊
6/12【霊界物語ネット】霊界物語ネットに新機能「話者名の追加表示」を付けました。詳しくはこちらをごらんください
6/4飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (20) 行動原理の転換
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→