霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

宣伝上の心得

インフォメーション
題名:宣伝上の心得 著者:出口王仁三郎
ページ:105 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195600c08
大正十四年八月五日
一、傲慢の態度があってはならぬ。常に相手の味方となりて、よく相手の談を受け容れるだけの浩量を持たねばならぬ。
一、信仰に入らざりし時を省みて、自分も以前はこの通りであったと相手に同情の念がなけねばならぬ。
一、学者には学者、無学者には無学者と、相手の地位職業に応じて、自分もその地位職業にある心で応対せねばならぬ。
一、へき頭から相手の説を攻撃してはならぬ。またみだりに人の批評や他宗教を批難してはならぬ、念仏もお題目もアーメンも、皆それぞれ相応の天国に上る言霊である。
一、仏教や耶蘇教信者などの家に行った時、またこれらの葬式等に列した場合は、その式に応じてお祈りをするがよい。
一、自分に偉く思わしめんがため、私は未熟でわかりませぬが神書にはこう示してあります、と正直な心で居れば、神徳をけがすこともなく、また神様の御加護があって適当な応答が出来るものである。
一、親とか夫とか兄とか師とか目上の人に対しては、説教するような宣伝の仕方はかえって悪い、むしろ教えてもらうような態度に出ねばならぬ。多くの場合、言葉の宣伝よりも、行為の上に現れた誠のやり方が一番よいのである。
一、個人宣伝すなわち相手と膝つき合しての取次が一番効果がある。もし大勢に向って取次する場合には、その中で一番判りにくいと思う人、たとえば無学の老人や小児にわかるよう、ひらたく話すことが必要である。
一、拍手喝采式の大向うを賑わすような演説屋のやり方は、仇花の一時に開くようなもので、実りは至って少ないものである。
一、宣伝使は和魂の助けによりて常に婦女子のごとく従順であれ、そして荒魂のはたらきによりて猛虎のごとく悪魔を撃退せよ。
一、宣伝使は小児に好かれねばならぬ、小児の心は神様の御心そのままであるからである。
一、信徒は誰でもそうあらねばらなぬが、殊に宣伝使となったものは、常住坐臥(じょうじゅうざが)いつも宣伝使たるの心得を忘れてはならぬ。宣伝使として神徳をけがすような言行があれば、その罪は他の人よりもはるかに重いものである。
一、肝腎なお道をさておいて、これは秘密だとか自分ひとり聞いて居るとか、えらそうに言うたり、また明かに予言めいたことを云いふらして人心を動揺さすのは慎まねばらなぬ。
一、天の賊とならぬよう戒めねばならぬ。神示を我もの顔してエラそうに説き、御神徳を自分の力の致すところとほこるものは、天の賊であって、その罪最も大なるものである。
一、宣伝使にとりて一番肝要なことは、神様の御加護(神格内流)を頂かねばならぬことである。それには、
  我を出さず常に従順なるべきこと。
  如何なる場合にも神力を疑うたり敵を恐れたりしてはならぬこと。
  手柄はことごとく神様に帰し、過失はみな我に在ることを覚悟すべきこと。
  常に神書を拝読して居ること。
等であって、かかる人には常に諸天使の御守護(間接内流)があって、言わしめ、行わしめられるから、如何なる場合にもひけを取ることはないものである。
 
王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!
目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/15飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (21) 暗殺隊
6/12【霊界物語ネット】霊界物語ネットに新機能「話者名の追加表示」を付けました。詳しくはこちらをごらんください
6/4飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (20) 行動原理の転換
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→