霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

マホメットの教訓

インフォメーション
題名:マホメットの教訓 著者:出口王仁三郎
ページ:130 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195600c25
昭和五年四月四日
 宣伝使の一言一行は燎原の火の如きものである。一本のマッチをもって千里の原野を焼く如くに、宣伝使一人が言葉をあやまったならば、どれだけ悪い影響を及ぼすかわからぬ。又宣伝使の言葉が良かったならば、その言葉によってどれほどよい効果をもたらすかわからないのであります。その通り、言葉のみならず、行いも同じ事であります。
 あの回教の教祖マホメットがメッカ市で四十になる迄駱駝を曳いて、今で言えば馬方のようなことをやって居た。それがメッカ市に於て始終基督の話を聞いて居ったが、霊感をうけて自分は救世主であるという事を知り、すぐに郷里へ帰って駱駝売りをやめてしまって、自分は本当に救世主であるということを名乗った時に、その村中の人は或は親族、知己、朋友までが馬鹿にして、誰も相手にならぬ。マホメットは気違いになったと云って非常に攻撃をしたのであります。その時第一マホメットの困ったのは自分の妻であります。妻君がどうしてもこうしても、信じない。一番に夫の美点を知っているのも妻君であり、弱点を知っているのも妻君であります。それでこの妻君が、こんな人になに神様が憑るものかといって非常に攻撃した。その時にマホメットは、これは肝腎の家内が自分を神様の如く手を合す様にならなければ、天下に主張しても駄目だと思った。それでマホメットは、妻君の前に行く時にはまるで帝王の前に行く様に、或は本当の生きた神様に仕える如くに仕えてみよう、そうすれば浄玻璃の鏡の如く自分の言心行はこの家内にもうつり、家内にうつる如く天下にうつるに違いないから、どうしても家内が自分を本当の神様だというところまで気ばらねばならぬと悟った。ところがいよいよ十年目に妻君が、自分の主人は本当に神様じゃ神様じゃ、と言ってふれて歩くようになった。それからマホメットが今日の大宗教を開いたということであります。
 それで女の宣伝使は夫が感心するように、男の宣伝使はその妻君が感心するように、神様のように思うところまで言行心一致の行動をとらねば、いつまでかかっても、本当の道は、開けないと思います。
 
王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!
目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/15飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (21) 暗殺隊
6/12【霊界物語ネット】霊界物語ネットに新機能「話者名の追加表示」を付けました。詳しくはこちらをごらんください
6/4飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (20) 行動原理の転換
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→