霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一〇 身だしなみ

インフォメーション
題名:10 身だしなみ 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100600c10
001 このように貧乏のどん底にあって、002仕事はボロ買いという汚い仕事に携っていながら、003身なりは決してくずされませんでした。004破れた所には継ぎをあて、005小ざっぱりと洗濯をして、006のりの落ちたようなものを着ることは、007かつてなかったのであります。
008「お直さんが糊つけを着ているのは、009他の人がおこそを着ているより立派に見える」
010と町の内儀(おかみ)さん達がいつも話し合っていました。
011 久子さんが桧山という所へ女中奉公に行っておられました頃、012開祖様はのっぴきならぬ金の工面に恥をしのんで奉公先を訪ねられましたとき、013奉公先の主人が久子さんに、014
015「あれがほんとにお前のお母さんか」
016と不思議そうに三度まで繰り返してたずねたほど、017身に粗服はまといながらも、018娘を女中奉公に出しているとはどうしても思えない気品が備わって居ました。
019 また商売に出掛けるときお子さん達に、020
021「家のまわりに気をつけて、022草があったら抜いておいておくれよ。023父さんが寝ているので草を生やしていると思われてはいかんでな。024それからよその物には藁一本も手をかけるでないぞ、025欲しいものは母さんが帰ってから何でも買ってあげるでな」
026と必ずこういって諭されました。
027 極度に貧乏な生活をすれば誰でも、028子供の養育には手が回らないのが普通ですが、029開祖様は子供の養育のためには、030生活難も眼中になく、031八人の子供を大切にいつくしまれ、032大きな声で叱りつけるというようなことはかつてありませんでした。033紙屑買いの同業者仲間では「貧乏人のくせにあまり子供を大事にしすぎる」と、034開祖様の気位の高さに嫌味を云う者さえありました。
035 またお商売から帰られると、036いつも稲の落穂を一掴みほど袂からお出しになるのが常でした。037これは田圃道(たんぼみち)のあちらこちらに稲の穂が落としてあるので拾って来られるのです。
038「この尊いお米さんは、039神様の御守護によってできるのじゃ。040なんでもお土から上がるものはみな神様の御姿と同然なのに、041世間の人はもちろん、042百姓をする人さえ踏んで歩いているのがもったいのうて……」
043と近所の人達にもよくお話しされました。
044 毎年大晦日の晩には、045神床や仏壇に白い御飯を大きな鉢に盛ってお供えになり、046子供さん達に向かって、047
048「お水の御恩というものは、049この世のなかで一番大きなものじゃが、050誰もその御恩を返すことを知らぬ。051お水の御恩は毎年大晦日に夜通し起きて、052何でも手に合う仕事をしもって返すものじゃ。053お水は決して無茶に使ってはならないよ」
054と諭しながら、055足袋のつくろいなどして徹夜されました。