霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

三一 二つの性格

インフォメーション
題名:31 二つの性格 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100600c31
001 大社まいりの終ったころから、002一たび神がかりの状態に入られますと、003開祖様、004聖師様は非常な勢いで相争われ雄たけびされるので、005役員たちはどうなることかと心配しますが、006しばらくして神がかりが終りますと、007全く以前にも増して御親密になり、008
009「開祖様お茶が沸きました」
010「先生えらいことでございましたな」
011とそれは親しそうになされるので、012傍で見ていると狐につままれたようなものでした。013この神がかりでの霊的たたかいは、014深い神事によることですが、015ここでは省略いたします。
016 開祖様は聖師様が寿司が食べたいといわれれば、017すぐに寿司をこしらえてあげられ、018お菓子が欲しいと言われればお菓子、019蜜柑と言われれば蜜柑をわざわざ町まで買いに行ってあげられるというふうに聖師様のいわれる通り、020したい放題のことを、021好きなようにさせておいででした。
022 しかしあまり聖師様がやり過ぎられますといろいろ心配されて、023神様にお伺いになると、024
025(なお)よ安心いたされよ。026この者なくては神業が成就せぬのじゃわい。027三千世界、028鉄のワラジで捜してみても直の力になってこの御用をさせる者は他に一人もない。029今本性を現わすと欲の深い悪神が取りあいに出て来て、030神の経綸(しぐみ)をワヤにするからワザと化かして、031落としてあるのじゃぞよ。032あれは化物じゃわい」
033と仰せられますので、034開祖様は素直に神様の御言葉通り聖師様を大切にされていました。
035 開祖様と聖師様は全く二つの異った性格の典型でありまして、036例えば、037開祖様は八十歳の高齢に達しながら、038厳寒に役員が火鉢を持って来ても、039神様の御用をするのに火鉢にあたるはもったいないといっておあたりになりませんでしたが、040聖師様はせっかく役員が火鉢を持って来てくれたのに、041灰にしてしまうのはもったいないといってあたられました。
042 開祖様は日常生活においても御質素で生涯綿服をつけ、043あくまで「謹厳直正」でしたが、044聖師様は一つもとらわれることなく、045和服も着れば、046洋服も着るというふうで、047「自由闊達(かったつ)」でした。
048 また開祖様は色花を嫌われましたが、049聖師様は「神様が人間の目を楽しませるために美しい花を造っておられるのに、050何で植えて悪いのだ」と言われる。051聖師様がお植えになると開祖様が引き抜かれる。052二代様はいつも板ばさみになって困られ、053とうとう鉢植を縁の下にかくして育てられたこともありました。
054 開祖様のお筆先に、055
056「結構な田地に木苗を植えたり、057いろいろの花の苗を作ったり、058大切な土地をいらぬことに使うたりいたして、059人民のかんじんの命の親の米、060麦、061豆、062粟を何とも思わず、063米や豆、064麦は何ほどでも外国から買えると申しておるが、065いつまでもそうはゆかんことがあるから、066猫の額ほどのとこにも五こくを植えつけねばならんようになりてくるぞよ」
067と示されているように、068開祖様は常に、069土地を粗末にすることをいましめられました。
070 かように平素のお言葉や動作にも、071開祖様は、072人をしておのずからえりを正さしめる威があり、073聖師様は春風駘蕩(たいとう)の感がありました。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。