霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章

インフォメーション
題名:第一章 著者:
ページ:1 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-11-05 02:05:54 OBC :B115009c04
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年8月21日号(第124号) > 道の大本(裏の神諭)
一、この道は現世(このよ)幽界(あのよ)との救助船(たすけぶね)、心を任せ身を任せよ。覆へる案じも要らぬ磐楠(いはくす)神船(みふね)
二、(ほか)(をしへ)木仏(きぶつ)金仏(かなぶつ)表面(うはべ)を飾り人の眼を眩ます。これが狸の土船(つちぶね)ぞ。気の付いたものは、一日も速く乗換へて、(ふか)の餌食にならぬやうにせよ。
三、枉津神(まがつかみ)悪魔も、(まこと)の神の尊き、有難き、畏るべき事を知れり。尊き事、畏るべきを知るのみが、信心といふべからず。
四、畏れ慎しみ神に親しみ、神を愛し心を(つく)し、力を竭して神の為に働く、これ真誠(まこと)の信仰にして、神の御心(みこころ)に、かなふものなり。
五、神の教は結構ぢやが、なかなか神の教は実行不能(でけぬ)と、(ぢやう)(おろ)すものは、神のめぐみに離るるものなり。神の教の模倣(かたち)なりとなして、(せう)なる神になり、又ならんことを祈りて心を竭せよ。
六、神の教は結構ぢや、有難い、一寸(ちよつと)も抜け目がないなどとほめるばかりで、その教えによりて、我が身の行状(おこなひ)を省み、改めんとするものの無きは可嘆(うたてき)事なり。
七、神の教のいと尊き事を知りながら、その身に行ふ事あたはざる人は、その心にすめる鬼、枉津神(まがつかみ)共に妨げらるるが故なり。
八、口先ばかり神をほめ称へ、心の内にて神の御旨(みむね)背反(そむ)くものは、(にせ)信者にて、神の御心を軽んずるものなり。神を軽んずる、これを慢神(まんしん)と云ふ。慢神は天下の大罪なり。
九、信心してから、かへつて家の都合が悪くなつたなどと悔むものは、神の国の罪科(とが)(にん)なり。
一〇、()だ未だ大きな禍殃(わざはひ)や、災難(なやみ)の出て来るところを、大難を小難に真釣(まつ)りかへられ、助けられ居ることも知らずに、神の前に不足いふのみか、(ほか)の者にまで言ひ触らし、吾が身の恥とも知らずして、(つひ)には神の悪口(わるくち)。皆欲信心(よくしんじん)ゆえ、近欲(ちかよく)ゆえ、そんな分らぬ事を言ふものぞ。神の目から見ればよい罰当り。
一一、家に災禍(わざはひ)来る時、その身の罪あるを忘れて、直ちに神に不足を申す、自業自得と知らずして。
一二、信心して居る家に病みわずらひ、死人やその日の業務(なりはひ)に就て、損失起ることあらば、よくわが心と行状とを省るべし。
一三、災禍に遇はば益々心を清め腹を据ゑて、神に任せ奉れ。
一四、神は世界の民草(たみくさ)みな吾が子なれば、神は助けたいは胸一杯にましませど、(さだ)まる罪業(つみ)詮方(せんかた)なしと、(なげ)かせたまふぞ有難し。
一五、()けてから信心しても後の祭り、倒けぬ先の杖が肝心ぞ。
一六、今の世の中の人々は、欲に(まなこ)眩み、(まこと)の神の教は腹にをさまらぬゆえ、孫の代まで続いた長者無し。
一七、明日をも知れぬ身でありながら、力とすべき神を力にせずして、欲ばかりに呆けて居るもの、現世(このよ)から(はや)地獄の旅立。地獄の旅立するものを憐みて、(みづ)(みたま)ここにあらはれ、筆を限りに、声を限りに呼べど叫べど、真の神の御声(みこゑ)は、耳に入らずして、悪魔の声を辿り辿りて進み行くこそ憐れなり。
一八、神の教の船に乗るべし。人々の欲より出でし口車に乗り、神に背反(そむ)いて罪を重ねな。
一九、雷のはげしき時、地震の()る時に、神を(たの)まぬものは無し。その時の心を常に持ちて信心をせよ。常の信仰(つも)り積りて、正可(まさか)の時の救助(たすけ)船となる。何時も変らぬ、常磐(ときは)の松の心をもつて信心をせよ。
二〇、八十の手習ひ、何時になりても神の道は限り無し。一足(ひとあし)なりと早く歩みて神の御国に近寄るべし。
二一、神の御前に一旦誓ひたる事は、是非に行ふべし。神はもの言ひ賜はぬものと思ひて、舌を二つに使ふ事なかれ。
二二、神の為に尽したることは、必ず人々に分らぬやうと祈るべし。人の為に尽したる事も必ず人に分らぬやうと祈るべし。
二三、難儀な者を助けたりとて鼻にかけ、また人の前に法螺(ほら)貝を吹くなかれ。その心は卑しき心にして、神の(にく)ませたまふ行為(おこなひ)なればなり。人を救うた(むくい)は神よりこれを万倍にして報いたまふべし。
二四、信心して人から(わら)はれ、社会より除外(はね)られ、一家親類などより叱言(こごと)をむけらるるは、神の深き試みに会へることと思ひて、(たゆ)むことなく、恐るる事なかれ。世の中の言葉に従ひなば、神に背反(そむ)くものとなるべし。神の厳しき試みに会ひて、打勝つものは神の救ひを(こうむ)る初めなり。
二五、神は人を試みたまふに、いろいろのてだてをもつてせらる。くるしみを与へ、災禍(わざはひ)を下して、人々の身魂(みたま)を練り鍛へたまふ事あり。喜びを与へ、富を与へて試みたまふことあり。大方の人達はこの試みに会ひて、腰を抜かし、根の国に至るもの多し。