霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章

インフォメーション
題名:第八章 著者:
ページ:31 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-11-05 02:08:29 OBC :B115009c11
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年8月21日号(第124号) > 道の大本(裏の神諭)
一、(はらひ)は戒しめ、慎み、敬虔(うやまひ)の心である。
二、悪しき心(おこ)れば、これを除き去り、過ちては(すなは)ち改め、不浄汚穢(けがれ)あらば、これを洗ひ(すす)ぐの道である。
三、日頃かくの如くにして、心を清め身を(きよ)むるは、祓ひの道の目的である。
四、祓のよみは(はら)ひである、また(あらひ)である。科戸(しなど)の風の(あめ)の八重雲を吹き払ひ、あるひは地の上の塵を払ひ、水の、ものの垢を洗ひ、湯の、人の身体の汚き垢を洗ひ去るが如きをいふのである。
五、祓の種類は沢山あつて、一々説き示す暇がないから、ここにその一つ二つを並べて見ようと思ふ。
六、善言(ぜんげん)美詞(びし)の祓と言ふのがある。この祓は天津祝詞(のりと)(ふと)祝詞(のりと)(ごと)を宣れと唱ふる神嘉言(かむよごと)である。
七、身滌(みそぎ)の祓は、伊邪那岐の命が、醜女(しこめ)きたなき黄泉津(よもつ)国より帰り来まして、筑紫の日向の(たちばな)小戸(をど)阿波岐(あはぎ)(はら)において、心を洗ひ身を清めたまひしことを(あきらか)にせる寿詞(ほぎごと)である。
八、中臣(なかとみの)(はらひ)、この祓は神武天皇の御時(おんとき)に、(あめの)児屋根(こやねの)(みこと)御裔(みすえ)の孫天種子(あめのたねこの)命、その御祖(みおや)より享け()ぎし道をもつてこれを顕し、天皇(すめらみこと)に奏したまひし祓である。
九、この中臣祓は(かみ)御一人(ごいちにん)より、(しも)は万民に至るまで、日毎(ひごと)に用ひて、家を治め身を守る言葉である。
一〇、太祓(おおはらひ)、この祓は六月、十二月の晦日(みそか)に唱ふる祓である、文詞(もんし)は中臣祓と大方(おほかた)同じ言葉である。
一一、清祓(きよめはらひ)、この祓は(あらた)(つく)りたる宮社(みややしろ)神殿(かんどの)、または新に調(ととの)へたる神の器などを、祓ひ清むる祝詞である。
一二、祓は(うる)はしき言葉をもつて、神の申し上ぐるを(しゆ)とするの道である。ゆゑにまた神嘉言(かむよごと)と唱ふるのである。
一三、祓は祭祀の道の始祖(みおや)、天の児屋根の命が、(いにしへ)の暗黒時代に、天津御神を讃め称へて諸々の罪穢(つみけがれ)災禍(わざはひ)を祓ひ拭ひ去り、大神の御心を(やはら)(たてまつ)りたる正道(まさみち)である。
一四、人皇(にんのう)二十四代の御代までは、我国の上下(しやうか)万民押並(おしな)べて、この祓の道をもつて国の教規範(みのり)となし、あへて外国(とつくに)の教に踏み迷ひし事なくして、我国は(まこと)浦安国(うらやすくに)心泰(うらやす)く、光り輝く神の国であつたのである。
一五、それよりして、世は追々と末に降り、人の心は(おろか)になり、迷ひ(みだ)れて来たので、正しき真の神の御教を疑ひ、外国の邪道(よこさのみち)を真となし、その(もと)を忘れ、末を(みだ)すに立到つたのである。これらは全く儒なり、釈なり、(だう)なり、この三つの教を立てて我国の本源の道を棄ててもつて万民を応化する方便となし、()しき教を弘め()きたるの罪である。
一六、すべての祓は、我国大本の(たへ)なる御業にして、第一に神を和め(たてまつ)り、心の罪穢(つみけがれ)身体(からだ)の悪を清め、罪科(とが)過失(あやまち)疾病(やみ)曲事(まがごと)、祟りを祓ふ大神法(おほかみのり)である。人たるもの軽々しく看過(みのが)し、打捨て置いてはならぬ。