霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章

インフォメーション
題名:第九章 著者:
ページ:35 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-11-05 02:09:17 OBC :B115009c12
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年9月1日号(第125号) > 道の大本(裏の神諭)
一、この世の中の形ある宝のみに心を注ぎ、神を次にするものは、大なる災ひである。吾が目的(おもわく)の半ばも成り遂げぬときにおいて、その身の犯せる罪の為に、その身先づ亡ぶるものである。
二、いろいろの苦しき(ため)しに遭ふものは、喜びと思はねばならぬ。その苦しき験しに打勝つ度に、神より大なる稜威(みいづ)を授けたまひて、その身にその心に、光と力とを与へたまふからである。
三、神より、富または位、または生命(いのち)、または栄誉(ほまれ)を与へられて歓ぶものは、永久(とこしへ)に歓べ。年月と(とも)に移り変りて、神の恵みを忘るるな、神の恵みを忘れて、吾れの力のみを頼み(たか)ぶるものは、亡びの門を自ら開くものである。
四、神ばかりに手頼(たよ)りて、吾が為すべきの職業(わざ)を尽さぬもの、また亡びの門を自ら開くものである。
五、心に貧ぼるの欲なきものは、妖魅邪神(まがつ)に誘はるること無きものぞ。神は正しき誠の為の欲あるものを助けたまふ。
六、世にはわれより悪の種を蒔き、災ひを招きながら、神のしわざとして神を恨むものがある。かかる人は、すでにその身も霊魂(たましひ)も、枉津(まがつ)の仲間に陥りしものである。
七、道によりて活きたるものは、その身はたとへ死するとも幸ひである。道によりて死したるものは、その身はたとへ生存するとも、大なる災ひである。
八、神の道に一度死したるものは、再びその道に生るること難し。神の道に死したるものとは、慢神の罪を犯したものにして、信者たるの資格を失ひしものなり。
九、神の教は(つと)めて速く聴くべし。聴きたる事は、よく噛み分けて、人に語ることを後にせよ。
一〇、真理の為、正義の為には怒るべし。何事によらず、(いたづ)らに怒るなかれ、徒らに怒る時は神より得たる真の力を失ふ。
一一、道を聞き、道を味ひて、その道の為に行はざるものは、神を(あざむ)くものなり。また我が身を欺むくものなり。
一二、日に夜に犯せる罪重なりて、(つひ)にその身を殺し、根の国底の国を生む。
一三、神の取次たることを鼻に掛け、その口を慎しまざるものは、神を軽んじ道を汚し遂にその身を亡ぼすものなり。
一四、汝ら人の身を己が身と思ひ、我が身を人の身と思へ。
一五、皇帝(すめらみかど)に忠を尽し、身を捨てて国を護るものは、神の御国に到りて、()とも大なる誉れとなるべし。
一六、芭蕉の葉は最も広くして大なり、されど一枚も破れぬは無し。松の葉(もみ)の葉は、細く小さし。されど、雨風暴風雨(あらし)などに会ひて破れず、砕けず。神を信仰するものは松の葉の如くなれ、(もみ)の葉、カヤの葉の如くなれ。