霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第十四章

インフォメーション
題名:第十四章 著者:
ページ:50 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-11-05 02:11:50 OBC :B115009c17
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年9月11日号(第126号) > 道の大本(裏の神諭)
一、如何なる罪深き人といへども、あくまで愛し、捨てたまはざる深き厚き大神の御心を、喜び称へ奉りて、神に親しむべし。
二、今日(けふ)(をしへ)は今日の救ひと思ひて、等閑(なをざり)に聞くことなかれ。
三、今日の教を聞き得るも、(まさ)しく神の御恵みによるものなればなり。明日をも知れぬ果敢(はか)なき人の身は、一息の間も惜みて、神の言葉を聴け。
四、役員信徒と唱へられしものにして、(たか)ぶり、驕り、(ねた)み、悪戯(いたづら)なぞの悪しき行状(わざ)あれば、互に諭し戒しむべし。もし怒りて聴き入れざる時は、速かに教の外に退(やら)(しりぞ)けて罪の伝染を防ぐべし。
五、教の道の友達は、兄弟姉妹なり。ゆゑに互に心を用ゐて、道を守るべし。兄弟の罪を軽く見る時は、汝等もまた(とも)に神の道を汚すものとならん。されど、必ず道の外の人の行状(おこなひ)を裁くことなかれ。人の行状を裁くものは、真の神より他に無きものぞ。
六、神を喜ばせんことをのみ思ひ煩ひしもの、妻を(めと)りてより、その妻の心を喜ばせんとのみ(おもんぱか)りて、神を次にするものあり。これらの人は神を無視(なみ)して、(いや)しき吾が心に従ふ愚者なり。夫または妻を迎へたるもの、心せよ。汝ら未だ妻を持たず、夫を持たざりし時の心をもつて、神に篤く仕へ奉れ。
七、神は学あるものよりも学無きものを故更(ことさら)に愛し、強きものよりも弱きものを故更(ことさら)に厚く、深く、愛したまふ。また富めるものよりも貧しきものを、故更に愛したまひて、神の国の誠の道を悟らせ、限り無き生命(いのち)の杖を与へ給ふものなり。
八、(まこと)の神を信ずるものは、世の中に極めて少なく、偽りの神を拝するものは、五月蝿(さばへ)の如し、真の神は光なり。偽りの神は暗黒(やみ)なり。罪に汚れたるものは、その暗黒に潜みて、神の光を避け得るものと、思ひ(あやま)り居るが故なり。
九、神は光明(ひかり)暗黒(やみ)の別ち無く、遠き近きの隔ても無く、大き小さきと無く、一様に(とほ)し見そなはしたまへば、神の鋭どき御眼を免るることあたはざるを覚悟すべし。明暗遠近大小をもつて、行ひを二つにするなかれ。
一〇、汝ら神の御声によりて眠りをさませよ。
一一、神の正道(まさみち)を破らんとする、悪魔の猛き仇讎(あだ)を防げ、撃て。神の道によりて、枉津(まがつ)神を退け、固き信仰と熱き祈祷(いのり)によりて、攻め来らんとする悪魔の敵を防げ。敵は本能寺にあり。汝の敵は汝の心に潜む。
一二、敵に打勝たば、喜びて神に感謝せよ。勝てば勝つ程、兜の緒を結べ。神の道の勇者(つはもの)らよ。悪魔の城に迫れ。鬼や大蛇(をろち)の首を得て、勝鬨(かちどき)を挙げよ。
一三、天津神の美しき宮を守れ。神の宮とは道のことなり、道に神は宿りたまふ。
一四、直霊(なほひ)の糧を力に、義の(ほこ)を執りて、悪魔の陣屋に向つて進み闘かへ。夢恐るるなかれ。枉津(まがつ)仇讎(あだ)を、神に刃向ふ悪魔の敵を。汝らの(きみ)は活ける真の神の御子孫なり。心の砦を固くして、寄せ来る悪魔を(しり)ぞけ、神の御国を守れ。
一五、日本は、神のなかなる神の国ぞ。神の国の勇者(つはもの)よ。忠勇なれ。義烈なれ。愛の旗を立て、智のラツパを吹き、(しん)の弾丸をこめ、直霊(なほひ)(たま)に従ひてよく戦へ。