霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第十八章

インフォメーション
題名:第十八章 著者:
ページ:60 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-11-05 02:13:02 OBC :B115009c21
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年9月11日号(第126号) > 道の大本(裏の神諭)
一、王仁かつて高熊の山にさし籠り、神の御諭(みさと)しを(かう)むりし神示を(かか)ぐ。
二、汝よく心を用ひて、今の世の中の有様を省みよ。
三、真理は深く土の中に(うづも)れて、一点の光を上ぐる所なく、徳義は破れ、人の心は腐り、自由競争の悪しき(なら)ひは、最早頂上に達して、強き者は覇張(はば)り、弱き者は(たを)されんとするに立到りしを見よ。
四、この世界をこのまま打捨て置かば、遂に枉津(まがつ)神のみ力を逞しうする根の国底の国とたちまち(かは)らんこと、鏡にかけて見る如し。
五、今や世界の文明は、日に月に進み行くといへども、皆形の上の進歩なり。精神的文明は未だ進歩発達の境地に入らず。精神的文明の伴はざる形体的文明は、世の為道の為に(おほい)に危き事なり。
六、今や鉄や、石炭や、電気を用ふるところの文明は、神の倉庫(くら)の鍵をもつて、神の倉庫の秘密を開きしかと疑はるるまえに進歩せり。空を()ける船機(ふね)あり。水の底を潜る船あり、千里万里の遠隔地と語る電信電話あり。その他物質的文明は最早頂点に達したる如く見ゆるなり。これに引換へ、精神界の暗黒なるは、一寸(いつすん)先をも(わきま)へ知る者無き有様にあり。今の世は片輪の世なり。不平等の世なり。
七、争ひは様々の方面に現はれ、偏屈頑固なる神学者、哲学者、倫理上の学説は、社会の各方面より、奇抜なる声を放ち来りて多くの人を迷はせ、偽予言者、偽救世主は所々に現はれて、数多の人の眼を眩ませ、人々は狼狽(うろた)へ迷ひてそのよるところを知らず。これ天より(みづ)(みたま)降りて、道の証明(あかし)する所以なり。
八、文明の利器交通機関は、益々完全に具備(そなは)り行きて、世界の上は益々狭くなり、着る物、喰ふ物、住む家は益々贅沢を極めて、世界の経済を破りつつあり。
九、為政者は学術のみを尊び、科学的智育の(あま)ねく及ぶことを図りて、精神的の教育を軽んじ、名義のみの博士や学士を初め、空しき理論を唱へて生活するものは、雲霞の如く群がり起ること、今日より甚しきはなきなり。
一〇、心に眼無く、耳無き人々は、皆この形の上の文明に酔ひて、太平を謳ひつつありといへども、これ行先において、(きび)しき世界の亡びを招くべき大原因なり。
一一、形の上の文明と人々の徳義信仰とは、相(なら)び立つべきものにあらず。人々は不完全極まる病的智能のみ発達すればする程、徳義と信仰とは益々薄くなるべし。
一二、徳義と信仰なきものが、追々悪賢くなる程、国家の為、社会の為に、恐るべき事は無きものなり。
一三、今の時に当つて、惟神(かむながら)大道(だいだう)を開き、本教のラツパを吹き鳴らして、全世界を覚醒するもの無くんば、国家も社会も全きあたはずして、遂には世界の滅亡を招くに至ること鏡にかけて見る如し。かくの如く曇り汚れたる世の(あかり)となり、塩となり、薬とならしめんが為に、汝を教の柱として言任(ことま)けたまひしは、天津神において深き御心のましますことなり。真勇と、真智と、真愛と、真親によつて、この大任を全くせよと教へたまへり。
一四、この大任を成し遂ぐるには、中々に容易(やす)きことにあらざることを覚悟せよ、汝今より十年の間は研究の時期なるべし。その間には様々の辛きと、(いた)き目に逢ふことあるべし。よく耐へ忍びて(たま)を磨くべし。またしばしば神の試練(こころみ)に逢ふことあるべし。邪神界に至ることもあらん。悪魔の群より襲はるることもあらん。されど少しも恐るること無く惟神(かむながら)正道(まさみち)に拠りて、(たゆ)まず、屈せず、猛り進んで道の大本(おほもと)を明かにせよ。(すめら)御国(みくに)の大道を(あまね)く世界に輝かせよ。
一五、汝吾が教ふる事を心に刻みて、束の間も忘るるなかれ。行手に如何なる谷ありとも、荒き洪水(みづ)に逢うとも、恐れ(たゆ)むな。退却(しりぞ)くな。いかなる悩み苦しみに遭ふも、神の御心と思へ。
一六、一時の失敗や艱難の為に、神に遠ざかるな。初心を()ぐるな。救世の目的をあくまで実行せよ。天津神は汝を照らし、また汝に添ひて守らむ。