霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章

インフォメーション
題名:第四章 著者:
ページ:18 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-11-05 02:07:08 OBC :B115009c07
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年8月21日号(第124号) > 道の大本(裏の神諭)
一、誠の神徳を授けらるる前には、その服装(みなり)やつれ、人に笑はれ(そし)らるべし。衣は破れ、喰ふものは乏しく、世の中の訳知らぬものよりは、怠りものと(そし)られ、仕事嫌ひと笑はれることも度々あらん。また鼻の下の建立(こんりふ)などと申し、誠の心を知るものは無し。
二、神の道を()めて、何なりと商売(あきなひ)、職業、農業(つちかい)などをせよと、一家親類兄弟友達より忠告さるること度々なるべし。
三、(うる)はしき衣類を得んが為に、(うま)きものを(くら)はんが為に、小遣を豊かに得んが為に、神を離れて肉体の欲に迷ふことなかれ。
四、阿呆と言はれ、馬鹿と言はれても、欲と言はれても、怠けものと言はれても、山子と言はれても、誠の道の為には(たゆ)むことなかれ、屈することなかれ。
五、神は汝と(とも)に在り。世の中の事に心()かるるものは、自ら道に遠ざかるべし。
六、警察署に引かれ、裁判所に呼出され、疑ひの(まなこ)もて裁かるることもあるべし。
七、されど、誠の道を踏める者よ、夢怖るるなかれ。警察よりも、裁判所よりも、いと優れて大いなるもの、誠ある汝の体内に宿れり。何を言はんとて案じ(わづら)ふなかれ、神汝等(なんじら)の口を()り、もつて道の証明(あかし)をなし、汝をしていとも強き賢きものとなしたまふべし。
八、汝等は神の道の戦士(いくさびと)なり。
九、神の戦士よ、直霊(なほひ)(みたま)をもつて国となし、(いづ)(みたま)を大元帥と仰ぎ、(みづ)(みたま)を参謀総長と仰ぐべし。勇をもつて(おび)となし、固く腰に(まと)ひて勇み進め。愛をもつて御旗となし、智をもつて大砲(おほづつ)小銃(こづつ)となし、(しん)をもつて鉄砲丸(たま)とせよ。道をもつて進撃し突貫せよ、(ただしき)と誠をもつて(うへ)(つかさ)とすべし。枉津(まがつ)軍士(いくさ)の亡ぶまで、進めや進め、一歩も退くことなかれ。