霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章

インフォメーション
題名:第七章 著者:
ページ:29 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-11-05 02:08:11 OBC :B115009c10
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年8月21日号(第124号) > 道の大本(裏の神諭)
一、ここに謹しみて
皇祖天照大御神の御神勅(しんちよく)を写し(はべ)り、(あまね)く道の人々に伝へんとするなり。
宝勅
吾れ諸々の蒼生(あをひとくさ)(いつは)り計りて、例へば、()しと思ふとも、必ず、(あめ)(みこと)(いかり)を享けて、根の国に(おもむ)かん、正しき心を持ちて、まさに悪しくとも、必ず(あめ)の神の恵みあらん。諸々の生人(いくひと)等、天に逆ふ時は道無く、(つち)に逆えばその幸ひ無し。その事に離れて、根の国に入り落ちんぞ。重ねて心を天地に等しくして、思ひを風雲(ふううん)に載せて道に従ふの(もと)とし、神を守るの要とせよ、(よろづ)管々(くだくだ)しき事を払ひ棄てて、一つ心の定まれる規範(のり)を尋ねて、天の神の神言(みこと)に叶ひて、神の心に叶へ。諸々の生人(いくひと)()、天地に従ひて、玉の緒を継ぎ、皇御祖(すめみおや)を祭り、心の規矩(のり)(まさ)しくし、その源の根を深うし、宗廟(そうべう)の神を敬ひて、四方(よも)の国を従へて、天の位の貴き事を視て、その(わざ)(あめ)(した)に弘むべし。
二、春日の神の御神託を、ここに謹しんで写し(はべ)り、人々の為に伝へんとす。
例へば諸々の(ひと)常に清き宝を構へ、国土の珍物(ちんぶつ)を供し、七重の注連縄(しめなわ)を張り、数百日心を苦しめて我を祈るとも、その心(よこしま)に、慳貪(けんどん)ならん家にはいたるまじ。例へば重服の深き家にも、慈悲常にあらん。その(しつ)に招かずといふとも、必ず影向(えいかう)あるべし。我常に慈悲を神体とするが故なり。