霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

五月廿六日 於道後鮒屋

インフォメーション
題名:5月26日 於道後鮒屋 著者:月の家(出口王仁三郎)
ページ:220 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-08-19 19:38:38 OBC :B117500c22
朝雨の晴れ行く後に雨蛙
声悲しげに庭の面に()く。
一行は朝早くより温泉に
ひたらんとして立ち出でにけり。
王仁一人宿に止まりて新聞紙
切抜き手帖に張りて遊びぬ。
御田村氏東上せんと吾許に
諾否(だくひ)問ひ来ぬ昨日の夕暮。
渓川(たにがは)の水音高く聞えつつ
鮒屋の庭の若葉(すが)しき。
勝れたる大馬鹿者の出でずんば
此の政局を治むる(すべ)なし。
当人の心()みつつ政治をば
行ふ人の心弱きかな。
此の際は思ひ切つたる改良を
為さずば又も政局乱れむ。
今代の政治は腕の喜三郎氏
数多出でずば治まり(がた)し。
一月の間にも政局変化する
日本の国の情けなきかな。
改造か(はた)改悪か知らねども
我国民は良い面の皮。
唐土の国の乱れを治めんと
すればする程(なほ)乱れ行く。
東洋の盟主となりて我国は
平和の為に(つく)すべき国。
満蒙の空に心を配らずば
我日の本の国は栄えじ。
衆議院議員岩崎一高氏
鮒屋旅館に吾を訪ひけり。
現今の政局及び満蒙に
関する政談為して別れし。
信徒(まめひと)(わか)たんとして絵短冊(たんざく)
百五十枚染めにけるかな。
霏々(ひひ)として小雨降りしく庭の面に
鵯鳥(ひよどり)三羽来たりて()けり。
道後にて一等旅館と聞えたる
鮒屋は設備整ひてあり。
午後の二時道後を立ちて松山の
分所へ一行急ぎ出で行く。
大空に雲あり(なが)ら雨止みて
吾行く松山清く(すず)しき。
半切紙廿(にじふ)八枚揮毫(きがう)しぬ
分所や支部へ(わか)たんとして。
風呂に入り身を清めてゆ神前に
宣信(とも)神言(かみごと)()る。
人力車数台並べて松山市
金亀(きんき)支部へと礼拝に行く。
松山市北蛭子(えびす)町金亀支部
到れば又もや雨降り出だしぬ。
夕晴れの空暖かに風もなく
物静かなり松山の町。
金亀支部立ち出で腕車に揺られつつ
道後湯の町支部をさし行く。
午後の五時半に湯の町支部の門
一行(とも)(くぐ)りけるかな。
栗原氏松山高小講堂に
講演のため急ぎ出で行く。
青山に雨はけぶりて湯の町の
人のゆききの跡絶(とだ)えし今日かな。
新緑の()ゆる林に雨降りて
葉蔭にしのぶ(てふ)のあはれさ。
せせらぎの音(いや)高くなりにけり
水上(みなかみ)山に雨しきりにて。
黄昏(たそが)れて雨(なほ)やまず田の面に
蛙の()()高き宿かな。
松山の城はかすみて夕暮の
宿の庭の面雨蛙なく。
前後して岩田宇知麿両弁士
講演の為松山に行く。
雨しげき夜に(かか)はらず聴衆は
三百余名集まりにけり。
三弁士帰りし頃は草臥(くたび)れて
前後も知らず吾寝ねて居り。
真夜中に眼さませば三弁士
帰りてけりと近侍子報じぬ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→