霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 彗星(すゐせい)〔一二八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第49巻 真善美愛 子の巻 篇:第3篇 暁山の妖雲 よみ:ぎょうざんのよううん
章:第15章 彗星 よみ:すいせい 通し章番号:1289
口述日:1923(大正12)年01月18日(旧12月2日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年11月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
お寅、魔我彦、ヨルの三人は祠の森で高姫とさんざん争った末、祠の森を立ち出でてイソ館に進んで行った。懐谷の近くまでやってきたときには、すっかり日が暮れた。
南の天を見ると、大彗星が現れているのが見えた。三人は彗星についてあれこれ寸評した。ヨルは彗星が何かの凶兆ではないかという歌を詠んだ。お寅は、何事も神の顕現だとして魔我彦に、宣り直しの歌を歌わせた。
三人は近傍の岩に腰をかけて休息し、高姫との争いや彗星や旅路を読み込んだ述懐の歌を歌った。
三人は休息が終わると、ふたたび険しい坂道を夜中に登りはじめた。登りながら、これまでの経緯やイソ館参拝の思いを込めた宣伝歌を歌った。
上の方から、優しい女の宣伝歌が聞こえてきた。これはイソ館からハルナの都へ悪魔の征討に上る初稚姫であった。三人はこの声に力を得て、蘇った心地で苦しさを忘れて坂道を登って行く。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4915
愛善世界社版:215頁 八幡書店版:第9輯 111頁 修補版: 校定版:221頁 普及版:101頁 初版: ページ備考:
001 お(とら)002魔我彦(まがひこ)003ヨルの三人(さんにん)高姫(たかひめ)散々(さんざん)(あらそ)ひ、004(ほこら)(もり)()()でイソの(やかた)(すす)()く。005懐谷(ふところだに)近傍(きんばう)(まで)()(とき)()はずつぽりと()れた。006不思議(ふしぎ)(みなみ)(てん)(あた)つて大彗星(だいすゐせい)(あら)はれて()る。007ヨルは(そら)()(あふ)ぎ、
008ヨル『もしお(とら)さま、009魔我彦(まがひこ)さま、010あれ御覧(ごらん)なさい、011あの彗星(すゐせい)を。012ハルナの(みやこ)恰度(ちやうど)(うへ)(はう)(あた)つて()()るぢやありませぬか。013屹度(きつと)(なに)かの変事(へんじ)でせうよ』
014(とら)『ほんに ほんに不思議(ふしぎ)彗星(すゐせい)ですこと。015あれは大方(おほかた)八十年(はちじふねん)一度(いちど)(あら)はれると()ふ、016ハレー彗星(すゐせい)ぢやありますまいかな』
017ヨル『さうでせうよ、018(なん)でも天下(てんか)変事(へんじ)(おこ)前兆(しらせ)でせう』
019魔我(まが)(なに)020あいつは高姫星(たかひめぼし)だ。021どこもかも(しり)(くも)らし(まは)妖星(えうせい)だから、022(なん)()(ほし)()らないが、023魔我彦(まがひこ)(これ)(しよう)して高姫星(たかひめぼし)()ひますわ』
024ヨル『(ひと)つあの彗星(すゐせい)について(うた)()んで()ませう。
025地上(ちじやう)充満(じゆうまん)せる
026陰鬱(いんうつ)空気(くうき)
027(てん)(のぼ)つて凝結(ぎようけつ)
028(たちま)彗星(すゐせい)()つて
029妖光(えうくわう)放射(はうしや)怪煙(くわいえん)()いてゐる。
030(これ)(はた)して(なん)
031凶兆(きようてう)だらうか
032彗星(すゐせい)妖光(えうくわう)(どく)せられて
033紫微宮(しびきう)(いろ)
034非常(ひじやう)(かは)つてゐる。
035これを(おも)へば
036やがて天下(てんか)
037大難(たいなん)到来(たうらい)する前兆(ぜんてう)ならむ。
038()妖星(えうせい)
039やがては
040紫微宮中(しびきうちう)(おか)すであらう。
041その(とき)こそは
042(じつ)警戒(けいかい)(えう)する(とき)
043大黒主(おほくろぬし)失脚(しつきやく)
044歴々(れきれき)として
045(すで)(すで)
046天極紫微宮(てんごくしびきう)(うち)
047(いま)より
048(あら)はれて()るやうだ』
049魔我(まが)『ハヽヽヽヽ、050(なん)だか、051そんな(こと)()くと(こころ)落付(おちつ)かぬやうだなア。052(しか)事実(じじつ)とあれば仕方(しかた)がないわ』
053(とら)魔我彦(まがひこ)さま、054ヨルさまの言霊(ことたま)(ひと)()(なほ)しなさい、055何事(なにごと)(かみ)顕現(けんげん)だからなア』
056魔我彦(まがひこ)森羅万象(しんらばんしやう)
057(ことごと)()(かみ)顕現(けんげん)
058人間(にんげん)()
059()(かみ)聖霊(せいれい)神格(しんかく)とを
060摂受(せつじゆ)する(とき)
061(ここ)(はじ)めて
062万有一切(ばんいういつさい)
063共通(きやうつう)活躍(くわつやく)()るものである』
064ヨル『ヤアこれで()つとばかり()がすんだやうだ。065(ひと)(この)(へん)(くら)くなつた(ついで)休息(きうそく)しませうか』
066(とら)宜敷(よろし)からう、067夜途(よみち)()()れませぬからなア』
068路傍(ろばう)(いは)(こし)()ちかけ、069三人(さんにん)(しば)(いき)(やす)めた。
070(とら)()(あふ)天津御空(あまつみそら)彗星(はうきぼし)
071()(ちり)(はら)仕組(しぐみ)なるらむ』
072魔我彦(まがひこ)()(あふ)空高姫(そらたかひめ)彗星(はうきぼし)
073(ひと)をごもくのやうに掃出(はきだ)す』
074ヨル『(よる)(そら)(あら)はれ()でし彗星(はうきぼし)
075空高姫(そらたかひめ)(まが)(はら)ひつ』
076(とら)八十年(やそとせ)一度(ひとたび)()づる彗星(はうきぼし)
077(ふたた)()せよ(われ)(まも)りて。
078大空(おほぞら)(やうや)くハレー彗星(すゐせい)
079(ちから)(まが)()()するらむ』
080魔我彦(まがひこ)『いざさらば河鹿峠(かじかたうげ)三人連(みたりづ)
081イソの(やかた)(すす)みて()かなむ』
082ヨル『(よる)(みち)(のぼ)(わが)()義理天上(ぎりてんじやう)
083日出神(ひのでのかみ)(わか)()げつつ』
084 ()(たがひ)(うた)ひ、085(また)もや(あし)(はや)めて急坂(きふはん)()ぢながらお(とら)(うた)()した。
086治国別(はるくにわけ)()りなしで
087イソの(やかた)(まう)でむと
088魔我彦(まがひこ)さまを(ともな)ひて
089(ほこら)(もり)()()れば
090十曜(とえう)御旗(みはた)ひるがへり
091高天原(たかあまはら)千木(ちぎ)(たか)
092大宮柱(おほみやばしら)(ふと)しきて
093(しづ)まり()ます三五(あななひ)
094()にも(たふと)大御神(おほみかみ)
095八尋(やひろ)殿(との)(あたら)しく
096()(なら)べられヨルさまが
097いと(いか)めしく受付(うけつけ)
098きちんと(すわ)()ましけり
099(とら)はすつと()()つて
100様子(やうす)()けば高姫(たかひめ)
101(つかさ)()ますと(さと)りてゆ
102如何(いか)なる(かた)()らねども
103(いま)(まで)教祖(けうそ)(した)ひたる
104日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)
105一目(ひとめ)()はむと(よろこ)びつ
106魔我彦(まがひこ)さまと諸共(もろとも)
107高姫(たかひめ)さまに面会(めんくわい)
108(わけ)(わか)らぬ託宣(たくせん)
109(とら)(まつた)(あき)()
110(こた)ふる言葉(ことば)()きままに
111二言(ふたこと)三言(みこと)(あらそ)ひつ
112愛想(あいさう)もこそも()()てて
113やつと(やかた)()(いだ)
114魔我彦(まがひこ)さまと逸早(いちはや)
115旅装(りよさう)調(ととの)()()づる
116(あと)(つづ)いてヨルさまが
117()ひかけ(きた)(よる)(みち)
118(ここ)三人(みたり)一行(いつかう)
119(くも)つくばかりの峻坂(しゆんぱん)
120(かみ)(めぐみ)(たす)けられ
121(のぼ)(をり)しもあら不思議(ふしぎ)
122(そら)(かがや)彗星(はうきぼし)
123如何(いか)なる(こと)前兆(しるし)にや
124善悪正邪(ぜんあくせいじや)(わか)らねど
125容易(ようい)ならざる(この)景色(けしき)
126吾等(われら)(こころ)(あらた)めて
127三五教(あななひけう)大道(おほみち)
128一直線(いつちよくせん)進行(しんかう)
129一日(ひとひ)(はや)御霊(みたま)をば
130みがき(きよ)めて(かみ)のため
131世人(よびと)のために赤心(まごころ)
132()くさむための宮参詣(みやまうで)
133イソの(やかた)()れませる
134(みづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
135何卒(なにとぞ)吾等(われら)三人(さんにん)
136(こころ)(あは)れみたまひつつ
137一日(ひとひ)(はや)大神(おほかみ)
138御楯(みたて)(つか)へなさしめよ
139朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
140(つき)()つとも()くるとも
141彗星(すゐせい)(そら)より()つるとも
142(うみ)はあせなむ()ありとも
143(この)()(つく)りたまひたる
144皇大神(すめおほかみ)のます(かぎ)
145(まこと)(みち)(すす)()
146(けつ)して(おそ)るる(こと)あらじ
147(すす)めよ(すす)めいざ(すす)
148魔我彦(まがひこ)、ヨルさま諸共(もろとも)
149()()(かぜ)(さむ)くとも
150山路(やまぢ)(さか)しくあるとても
151一旦(いつたん)(おも)()ちし()
152如何(いか)なる(まが)(さまた)げも
153(たゆ)まず(くつ)せず(くは)(ゆみ)
154ひきてかへらぬ(わが)(おも)
155(うべな)ひたまへ惟神(かむながら)
156皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
157(かしこ)(かしこ)()ぎまつる』
158 ヨルは(また)(うた)ふ。
159玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)
160五十子(いそこ)(ひめ)諸共(もろとも)
161百日(ひやくにち)百夜(ひやくや)丹精(たんせい)
162()らして(みづ)御舎(みあらか)
163(つく)りたまひし雄々(をを)しさよ
164(こころ)(きよ)宣伝使(せんでんし)
165(かか)(たふと)(みや)()
166いささか執着心(しふちやくしん)もなく
167遷宮式(せんぐうしき)相済(あひす)まし
168直様(すぐさま)(あと)珍彦(うづひこ)
169吾等(われら)一同(いちどう)(まか)せつつ
170()()(たま)雄々(をを)しさよ
171(かへで)(ひめ)(たちま)ちに
172神人感応(しんじんかんおう)(きやう)()
173身体(からだ)をブルブルふるはせて
174(われ)()出神(でのかみ)なりと
175言挙(ことあ)げせしぞ不思議(ふしぎ)なれ
176数多(あまた)信者(しんじや)()きつけて
177(あり)(あま)きにつどふごと
178岩石起伏(がんせききふく)山道(やまみち)
179老若男女(らうにやくなんによ)(いと)ひなく
180(まう)(きた)りて神徳(しんとく)
181摂受(せつじゆ)感謝(かんしや)にむせぶ(をり)
182高姫司(たかひめつかさ)瓢然(へうぜん)
183(あら)はれ(きた)(おく)()
184(かへで)(ひめ)神懸(かむがか)
185審判(さには)をなせば(たちま)ちに
186(かへで)(ひめ)(もと)(ごと)
187普通(ふつう)(むすめ)となりにけり
188(あと)高姫(たかひめ)傲然(がうぜん)
189(おく)居坐(ゐすわ)(われ)こそは
190()出神(でのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
191(ほこら)(もり)高姫(たかひめ)
192(この)生宮(いきみや)守護(しゆごう)する
193なぞとそろそろ威張(ゐば)()
194金釘流(かなくぎりう)筆先(ふでさき)
195(あさ)から(ばん)(まで)()きつづけ
196(これ)(まこと)神勅(しんちよく)
197宣言(せんげん)なして吾々(われわれ)
198拝読(はいどく)()ふる(くる)しさよ
199いやいや(なが)吾々(われわれ)
200(まつた)(かみ)のお(しめ)しと
201(あたま)(おさ)へて()みゆけば
202脱線(だつせん)だらけの世迷言(よまひごと)
203()くに()へない(こと)ばかり
204(あま)合点(がてん)がゆかぬ(ゆゑ)
205イソの(やかた)参詣(まゐまう)
206審判(さには)()はむと(おも)ふうち
207高姫(たかひめ)吾等(われら)(こころ)をば
208(さぐ)りしものかイソ(やかた)
209御霊(みたま)(みが)けるそれ(まで)
210(けつ)して参拝(さんぱい)ならぬぞと
211無性(むしやう)矢鱈(やたら)にせき(とめ)
212合点(がてん)がゆかぬと(おも)(をり)
213三五教(あななひけう)のお(とら)さま
214(おも)はず(ここ)(あら)はれて
215高姫(たかひめ)さまとのかけあひに
216()出神(でのかみ)素性(すじやう)まで
217魔我彦(まがひこ)さまの(くち)をもて
218()()ぬかれし可笑(をか)しさよ
219ヨルも(やうや)(むね)()れて
220高姫司(たかひめつかさ)(ばけ)(かは)
221()いてやらうと決心(けつしん)
222二人(ふたり)さまに(したが)つて
223イソの(やかた)参詣(まゐまう)
224御霊(みたま)(みが)神徳(しんとく)
225(うで)もたわわに(かうむ)りて
226(この)黒白(こくびやく)(あきら)かに
227(しめ)さむものと(おも)()
228(やうや)くここに(きた)りけり
229あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
230産土山(うぶすなやま)大御神(おほみかみ)
231ヨルが(こころ)(あは)れみて
232御霊(みたま)恩頼(ふゆ)(たま)へかし
233朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
234(つき)()つとも()くるとも
235バラモン(けう)をあきらめて
236三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
237帰順(きじゆん)しまつりし(その)(うへ)
238如何(いか)でか(こころ)(かは)るべき
239(めぐ)ませ(たま)大御神(おほみかみ)
240(ほこら)(もり)受付(うけつけ)
241(つか)へまつりしヨル(こう)
242赤心(まごころ)()めて()ぎまつる
243あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
244御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
245 魔我彦(まがひこ)(また)(うた)ふ。
246北山村(きたやまむら)()でしより
247()出神(でのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
248ウラナイ(けう)(ひら)きたる
249高姫(たかひめ)さまはいづくぞと
250(こころ)にかけて(さが)すうち
251(ほこら)(もり)ではからずも
252久方振(ひさかたぶ)りにて(めぐ)()
253我情我慢(がじやうがまん)高姫(たかひめ)
254(こころ)(ふたた)仰天(ぎやうてん)
255(さすが)魔我彦(まがひこ)(あき)()
256(はなし)にならぬ有様(ありさま)
257(とら)()さまと()()いて
258長居(ながゐ)(おそ)れと(やかた)をば
259(あと)見捨(みす)ててヨルさまと
260(さか)しき坂路(さかみち)()(のぼ)
261やつと此処(ここ)(まで)(きた)りけり
262かうなる(うへ)高姫(たかひめ)
263よもや(おつ)かけ(きた)るまい
264何卒(なにとぞ)無事(ぶじ)産土(うぶすな)
265イソの(やかた)聖場(せいぢやう)
266吾等(われら)三人(みたり)をすくすくと
267(すす)ませ(たま)惟神(かむながら)
268(かみ)かけ(ねん)(たてまつ)
269もしも高姫(たかひめ)(あと)()
270(かみ)ふり(みだ)夜叉(やしや)のごと
271(きた)るも(はか)()られない
272その(とき)こそは大空(おほぞら)
273(よこ)たはりたる彗星(はうきぼし)
274これをば矢庭(やには)にひつ(つか)
275朽木(くちき)(のぼ)(あり)(むれ)
276手箒(てばうき)もちて(おと)すよに
277(はら)へばそれですむ(こと)
278高姫(たかひめ)たとへ大空(おほぞら)
279伊馳(いかけ)(つち)(くぐ)るとも
280(この)()(あるじ)()れませる
281(かみ)(ちから)にや(かな)ふまい
282吾等(われら)三人(みたり)赤心(まごころ)
283(ひと)つになして何処(どこ)(まで)
284(もも)(さまた)()(やぶ)
285初志(しよし)貫徹(くわんてつ)(いた)さねば
286(をとこ)(かほ)()ちませぬ
287男勝(をとこまさ)りのお(とら)さま
288どうぞ(しつか)(たの)みます
289此処(ここ)()()()(たうげ)
290山猿(やまざる)(ども)沢山(たくさん)
291(あら)はれ()でて(ひと)()
292()()きやぶると()きました
293神力無双(しんりきむさう)玉国(たまくに)
294(わけ)(みこと)御目(おんめ)をば
295(きづ)つけまつる(わる)(さる)
296いつ()()すか(わか)らない
297危険区域(きけんくゐき)()くからは
298(ただ)一心(いつしん)神言(かみごと)
299天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
300(この)坂道(さかみち)(のぼ)りませう
301あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
302御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
303(うた)(なが)ら、304さしも(けは)しき(よる)坂道(さかみち)305一歩(いつぽ)一歩(いつぽ)(こころ)(くば)祝詞(のりと)くづしの宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、306(あせ)()らして(のぼ)()く。307(うへ)(はう)より(やさ)しき(をんな)宣伝歌(せんでんか)(きこ)えて()た。308これはイソの(やかた)よりハルナの(みやこ)()して悪魔(あくま)征討(せいたう)(のぼ)女宣伝使(をんなせんでんし)309豪胆不敵(がうたんふてき)初稚姫(はつわかひめ)であつた。310三人(さんにん)(この)(こゑ)(ちから)()(ほとん)(よみが)へりたる(ごと)心地(ここち)しつつ(くる)しさを(わす)れて(のぼ)()く。
311大正一二・一・一八 旧一一・一二・二 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。