霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

二六 鞍馬山(くらまやま)参り

インフォメーション
題名:26 鞍馬山参り 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 明治三十三年閏八月八日新10月1日午前一時、002開祖様は六十五才の御老体をお厭いもなく、003聖師様、004二代様、005四方(しかた)春三氏を従えられ、006菅の小笠に蓑、007ござ、008草鞋(わらじ)009脚絆(きゃはん)の御扮装にて、010神命のまにまにどこを当ともなく御出修されることとなりました。011前日よりこのことを知って集まった役員信者らは、012各々お袖にすがってお供を願い出で、013しきりに同行を嘆願し、014はては、015
016「どうぞ途中までなりとお見送りさせてください」
017と涙ながらに頼みましたが、018開祖様は神様のお許しなきため、019頑としてお許しにならず、020開祖様は梅の杖、021聖師様は雄松の杖、022二代様は雌松の杖、023四方春三氏は竹の杖を突きながら、024須知山(しゅちやま)峠の峻坂を登り、025枯木峠を踏み越えて榎木峠の頂上にさしかかれますと、026福林安之助氏が、027あまたの信者を出し抜いてソッと旅装を整え、028梅の杖まで用意し、029先へ回って焚火をして開祖様御一行を待っていました。030そして一行の姿を見るや否や大地にひれ伏して、031
032「特別を以てお伴をお許しください」
033としきりに懇願致しましたが、034開祖様は、035
036「何事も神様の御命令なれば、037この三人の外にはいかなる事情があるとも随行して貰う訳にはゆきません」
038と頑としてお許しになりません。
039 福林氏は詮方(せんかた)なく、040腹の底より湧き出る涙と共に嘆願し、041
042「今ここでたとえ死ぬともこのまま家へは帰りません」
043と容易に初心を変ずる気色がありませんので、044聖師様はその真心を推し量られ、045いろいろと取りなされまして、046
047「今度にかぎり破格を以って随行と言わず、048荷物持ちとして連れて行ってあげたらどうでしょうか」
049と特別にお頼みになりますと、050開祖様もついにその誠意と熱心とに感じられまして、051ようやく随行を許されることになり、052福林氏は天にも昇るごとく喜び勇んで四人の荷物をかつぎ、053一行の後について行くことになりました。
054 途中一行は木崎の川原町で休憩され、055さらに八木の会合所・福島家へお立寄りになって御一泊されました。
056 前述の通りこの度は御出発以来御目的地が判っておりません。057ただ御神命のまにまにここまで進んで来られたのですが、058翌九日朝、059聖師様が神前に御祈願をこらされ、060行途の如何と御用のおもむきを伺われましたところ、061大神様は聖師様の御手を通して、062
063  世の中の人の心のくらま山
064  神の霊火(ひかり)に開くこの道
065という神歌を出されましたので、066初めて行途が、067鞍馬山であることが判りました。
068 御一行は途中、069北野神社に詣でられ、070開祖様の御訓話によって国祖大神様の御永苦をしのび奉り、071いよいよ鞍馬山へ急がれました。
072 鞍馬山に到着された御一行は、073その夜はお宮の前でお通夜をされ、074翌日京都から園部へ出で八木で一泊され、075無事綾部に帰着されました。