霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

三五 昇天

インフォメーション
題名:35 昇天 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100600c35
001 御昇天の一週間ほど前でした。002大阪から春子太夫という浄瑠璃語りの名人が参りまして、003是非開祖様に聞いて頂きたいと申しますので、004そのことをおそるおそる申し上げますと、005いつもなら、006
007「芝居を見いでも、008この中に大芝居ができているではないか、009いつも世界の大芝居を見せて貰うているのに、010人の作ったものなど見いでもよい」
011とおしかりになるのに、012
013「ああそうか、014神様がわしに浄瑠璃を聞かしなさるのか」
015と素直に仰せになりましたので、016役員一同これは不思議なことである、017いまだかつて芝居を見たり、018浄瑠璃を聞かれたりしたことは一度もなかったのに、019今日はえらい御機嫌のよいことである。020早くお気持ちの変らぬうちに仕たくを頼むべしと、021早速その晩、022金竜殿でお聞きいただきました。
023 浄瑠璃が終わってから、024
025「今日の浄瑠璃は日本一の浄瑠璃であるげなが、026わしはどんなところが上手か、027何を語っておるのやらサッパリ分らぬ。028知らぬことを聞くのはなんぼ上手に語っても分らぬものである。029ちょうど神様が世界の者に、030この結構を口もかれるほど呼ばって聞かしなされても、031ねっから聞く者がないが、032ちょうどわしがこの浄瑠璃を分らぬのと同じことだなあ」
033と仰せになりました。
034 開祖さんは朝早くから終日、035御神体とお守りと「おひねり」とがいそがしいと言って、036夜は行灯(あんどん)を灯してお筆をとっておられました。
037 二代様がこたつをしてあげられまして「早く御免こうむっておやすみ下さい」と申されますと、038いつもでしたら「それどころか」と言われるのに、039その日に限って「ハイハイ」と御返事され、040行灯をつかまえて、041
042「さあさあこれでわしの御用も済んだ済んだ。043お前の言うようにするわ」
044と仰せになりました。
045 このお言葉はあとで考えますと、046現界における御用がこれで済んだと申されたのでありましょう。
047 十一月五日、048開祖様の第三女・福島久子さんが八木から来られ、049種々物語りなどされていましたが、050開祖様はことに御機嫌がよく、051
052「またと言うても何やから、053今夜は泊って行きなされ」
054と勧められました。055しかし久子さんは用事があって退出され、056ついで星田悦子さんが御機嫌うかがいに上りますと、057
058「今夜が峠やで」
059と申されましたが、060星田さんにはそれが何を意味するのかわかりませんでした。061開祖様は
062「今夜は夜が明けても話して聞かせるから」
063となおいろいろ話をなされたい風でしたが、064夜がふけたので星田さんはその他の人々と共にお居間を退出しました。
065 間もなく用事を済して福島久子さんが帰って来られ、066夜明け前に開祖のお居間に伺われ、067こたつの加減を見ようとされたところ、068開祖様は目をさまされて「水をくれよ」と申されたので、069湯呑みに水を汲んで差し上げたところ、070おかわきと見えて音を立てて一杯半も召し上がり、071再び静かにおやすみになりました。
072 翌六日早朝常のごとく起床されて、073かわやに行かれる途中、074「アーッ」と声を出されましたので、075福島久子さんと星田さんが驚いて抱きかかえ、076「おひねり」を差し上げますと、077御自分で静かに頂かれ手枕して横になられ、078急を聞いて馳せつけられた聖師様に何事か二言三言おっしゃったまま、079すやすやと昏睡状態に陥られました。
080 開祖様は以前にも昏睡状態に陥られたことがあったので、081附き添う人々は今回もやはりそうした仮死状態に入られたものと思い、082静かに居間にお移ししましたが、083午後になっても依然として昏睡状態でしたので、084万一をおもんぱかって各地に打電し、085居合わせた役員信者一同は神様に祈念をこらしましたが、086その甲斐もなくついにいとも静かに息を引き取られました。
087 時まさに大正七年一九一八年十一月六日(旧十月三日)午後十時三十分。088御齢八十三歳。
089 同夜十二時、090金竜殿において、091昇天奉告祭が執行され、092超えて八日深夜、093舟入式執行、094翌九日御柩は金竜殿へ移されました。
095 一方開祖様の聖骸を鎮めまつる霊地は、096かつて開祖様が参籠された弥仙山(みせんざん)をはるかに望む天王平(てんのうだいら)一ノ瀬の山上と定められ、097お山開き工事は十一月十二日より着手され、098熱誠あふるる信徒の手によって、099一塊の石、100一握りの砂も敬虔の念をもって日に夜に運ばれ、101工事は着々進行し、102十一月二十七日霊柩は金竜殿より天王平の奥津城に移され、103越えて十二月六日(旧十一月三日)いとも厳粛なる本葬式が執行され、104開祖様は惟神(かむながら)真道(まみち)弥広(いやひろ)(おお)出口(いつき)(くに)直霊(なおひ)(ぬしの)(みこと)として永久に鎮まりたまいました。
105 しかしながら開祖様御一生の苦労と艱難(かんなん)は、106八十三年の御生涯を持ってしてもなお足らずとされる神様の(おぼ)()しでしょうか、107この崇高な奥津城(おくつき)は二度まで官憲の汚すところとなりました。
108 大正十年一九二一年の第一次大本事件に壊され、109さらに昭和十年一九三五年の第二次大本事件では共同墓地に移転を命ぜられ、110十余年間は辛くも一本の松の小枝に御神霊を止めさせられて、111時節の到来をお待ちになりましたが、112いよいよ一陽来復の春はめぐり来たり、113昭和二十三年聖師様の御昇天により、114聖師様の御柩を同じ天王平の清処(すがど)にお納め申し上げると共に、115ついで同年十一月三日開祖三十年大祭を期して、116聖師様と相ならんで厳瑞(げんずい)二霊の奥津城はめでたく完成し、117永遠に神鎮まりますこととなりました。
118 思えば天保七年十二月十六日下生(げしょう)したもうてよりうつし世のあらゆる試練を経たまい、119明治二十五年入神(にゅうしん)以来神世出現の神示を垂れたもうこと二十有七年、120ここに天命を全うして昇天したまい、121瑞霊真如聖師また天の時いたって昭和二十三年一九四八年一月十九日、122静かに御昇天遊ばされました。
123 厳瑞二霊共に現界における御用一切を終えさせられ、124神業の基礎を全く固められて復活したもうたのであります。
125 開祖様と聖師様は今も信仰ある人々の魂のなかには生き生きとよみがえって下さっています。
126 厳瑞二霊の教統は厳として二代苑主に受け継がれ、127今や御神業はさらに重大な新段階に進みました。128開祖様聖師様は霊界からますます地上の世界を御守護下さり、129未曾有の大苦難に直面している全人類にみ救いの手を差し伸べていられます。
130 この二大教祖を人類は永久に光りの君、131救いの主と仰ぎ奉ることでしょう。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)