霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 寛恕(くわんじよ)〔一四四八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第56巻 真善美愛 未の巻 篇:第4篇 三五開道 よみ(新仮名遣い):あなないかいどう
章:第18章 寛恕 よみ(新仮名遣い):かんじょ 通し章番号:1448
口述日:1923(大正12)年03月17日(旧02月1日) 口述場所:竜宮館 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
小国姫と三千彦は、家令オールスチンのせがれが如意宝珠紛失事件に関わっていると気づいていた。三千彦は、この罪は内々にこの件を処理することが肝心であることを小国姫に説いて聞かせている。
そこへエルがあわてて家令家で起こったことを報告しにやってきた。慌て者のエルの説明は要領を得なかったが、三千彦はすべて見通していた。そこへオールスチンが如意宝珠の玉を持ち、息子を引いてやってきて、罪を告白し、謝罪した。
オールスチンが自害しようとしたのを三千彦は素早く引き留め、自分が三五教の宣伝使であることを一同に明かした。三千彦は立って宣伝歌を歌い、これまでの述懐を述べた。そしてこれ以上罪びとを造らせない意志を明かした。
オールスチンとワックスは、三千彦の宣伝歌を聞いて安堵した。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5618
愛善世界社版:256頁 八幡書店版:第10輯 241頁 修補版: 校定版:270頁 普及版:122頁 初版: ページ備考:
001 小国姫(をくにひめ)三千彦(みちひこ)(とも)一間(ひとま)(はい)つて心配(しんぱい)らし(さう)に、002密々(ひそびそ)(はなし)をしてゐる。
003(ひめ)『モシ、004アンブラツク(さま)005家令(かれい)態度(たいど)がどうも貴方(あなた)御出(おいで)になつてから、006(なん)だかソワソワしてゐるやうですから、007(かれ)(せがれ)でも()しや(たま)(かく)したのでは(ござ)いますまいか。008吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)(こま)らせ窮地(きうち)(おとしい)れ、009(むすめ)のデビス(ひめ)女房(にようばう)(いた)し、010()からぬ思惑(おもわく)()てようとしてゐるのでは(ござ)いますまいか。011()うも(つね)から(あや)しいと(おも)つてゐますが、012(なに)()つても家令(かれい)(せがれ)ではあり、013()()しかねて(まこと)(こま)つて()ります。014貴方(あなた)御考(おかんが)へは()うで(ござ)いますな』
015三千(みち)『モシ貴方(あなた)016家令(かれい)(せがれ)如意宝珠(によいほつしゆ)(たま)(かく)して()つたとすれば、017()うなさる(かんが)へで(ござ)いますか』
018(ひめ)左様(さやう)(こと)(わか)れば、019何程(なにほど)家令(かれい)息子(むすこ)()つても(ゆる)(こと)出来(でき)ますまい』
020三千(みち)『ここは()(かく)円満(ゑんまん)(こと)()まさなくてはなりますまい。021第一(だいいち)(やかた)(はぢ)になりますから……、022そして世間(せけん)へパツとしてからは仕方(しかた)がありませぬから、023()るべくは内証(ないしよう)()ましてやつたら()うで(ござ)いませう』
024(ひめ)(たま)さへ(かへ)つて(まゐ)りますれば、025吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)不調法(ぶてうはふ)にもならず、026(みな)(たす)かる(こと)ならば(あま)(おもて)()したくは(ござ)いませぬ。027(しか)(なが)(これ)明瞭(はつきり)した(こと)(わか)りませぬから貴方様(あなたさま)(うかが)つて(いただ)()いと(おも)つて、028主人(しゆじん)病気(びやうき)看護(かんご)(すき)御居間(おゐま)(まで)(まゐ)りました』
029三千(みち)貴方(あなた)如何(いか)なる(つみ)内済(ないさい)にしてやると()御考(おかんが)へならば(まを)しませう。030(じつ)御察(おさつ)しの(とほ)家令(かれい)(せがれ)ワツクス、031(ならび)にエキス、032ヘルマンと()三人(さんにん)(わか)(もの)(ある)目的(もくてき)(ため)宝珠(ほつしゆ)(ぬす)んで(かく)してゐるのです』
033(ひめ)『ああ、034それで合点(がつてん)()きました。035()うもワツクスの態度(たいど)がソワソワして()ると(おも)ふて()りました。036家令(かれい)のオールスチンは(きは)めて忠実(ちうじつ)正直(しやうぢき)(もの)(ござ)いますから、037(かれ)(かぎ)つてそんな(こと)をする気遣(きづかひ)(ござ)いませぬが、038(からだ)()みつけても、039(たましひ)()みつけぬとか(まを)しまして、040英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)(せがれ)馬鹿(ばか)(うま)れたり、041忠臣(ちうしん)義士(ぎし)()叛逆人(はんぎやくにん)(うま)れるのは世間(せけん)沢山(たくさん)ある(なら)ひで(ござ)いますから、042家令(かれい)貴方(あなた)(はなし)()いて(あわ)てて(かへ)りましたのも、043(なに)(こころ)(あた)(こと)があつたので(ござ)いませう。044(それ)(つい)(しもべ)のエルをして様子(やうす)(かんが)へにやらせましたが()うしたものか()(かへ)つて()ませぬ』
045三千(みち)『ヤ、046(いま)(かへ)られます。047さうすれば真相(しんさう)(わか)ります。048()()(これ)大業(おほげふ)にしては()りますまい』
049(はな)(ところ)へ、050(しもべ)のエルは(あわ)ただしく(かへ)(きた)り、051(いき)(はづ)ませ(なが)ら、
052エル『モシ奥様(おくさま)053タタ大変(たいへん)(ござ)います。054(ころ)()ひが(はじ)まりました』
055(ひめ)『ナニ、056(ころ)()(はじ)まつたと……どこかに喧嘩(けんくわ)をして()つたのかい』
057エル『メメ滅相(めつさう)な、058(ころ)(あひ)といつたら喧嘩(けんくわ)ぢやありませぬがなア。059喧嘩(けんくわ)のモ(ひと)()()えた(こと)ですがなア。060ソレ生命(いのち)取合(とりあひ)(こと)ですがなア。061(おそ)ろしや(おそ)ろしや、062地異(ちい)天変(てんぺん)地異(ちい)天変(てんぺん)063(のど)()める、064置物(おきもの)をブツつける、065(わめ)く、066裏口(うらぐち)から山越(やまご)しに()()す、067(くら)へスツ()む、068ソレはソレは(えら)(こと)(ござ)いました』
069(ひめ)『エル、070そんな(こと)()つて(わか)るかい。071そら一体(いつたい)何処(どこ)(こと)だい』
072エル『ヘイ、073(きま)つて()りますがなア。074(いへ)(なか)(こと)ですがなア』
075(ひめ)(たれ)(たれ)とが喧嘩(けんくわ)をしたと()ふのだ』
076エル『(をとこ)(をとこ)(いのち)()(あひ)をしたのです。077エー、078(わか)らぬ御方(おかた)ですなア』
079(ひめ)何処(どこ)何兵衛(なにべゑ)だと()ふてゐるのぢや』
080エル『エー辛気臭(しんきくさ)い、081何兵衛(なにべゑ)彼兵衛(かんべゑ)もありますかい。082愚図々々(ぐづぐづ)して()ると生命(いのち)()くなりますがなア。083アアもどかしい(こと)だワイ』
084(ひめ)『そんな(わか)らぬ(こと)何時(いつ)(まで)()つて()つても(らち)があかぬぢやないか。085此方(こちら)がもどかしいワ。086家令(かれい)(やかた)()()かぬのか。087大方(おほかた)(いぬ)喧嘩(けんくわ)でも()()つたのだらう』
088エル『ハイ、089その家令(かれい)ですがなア。090それはそれは(えら)(こと)(おこ)つてましたよ。091(おほ)きな額口(ひたひぐち)青筋(あをすぢ)()てましてね……』
092三千(みち)『アハハハハ、093イヤもうエルさまとやら、094(わか)つて()ります。095(まへ)さまは随分(ずいぶん)(あわ)てて()るから、096()(こと)がシドロモドロになつて(わか)(にく)いが、097(まへ)家令(かれい)(うち)()つて四人(よにん)喧嘩(けんくわ)()()たのだらう』
098エル『ハイ(その)(とほ)りで(ござ)います。099サア(これ)から村中(むらぢう)布令(ふれ)()ます。100大変(たいへん)ぢや大変(たいへん)ぢや』
101()()さうとするのを、102小国姫(をくにひめ)襟髪(えりがみ)(つか)んでグツと引戻(ひきもど)し、
103(ひめ)『コリヤ、104エル、105何処(どこ)へも()(こと)はならぬ。106そして(なに)(しやべ)(こと)はならぬぞ』
107エル『ソソそんな(こと)仰有(おつしや)つても、108(これ)(だま)つて()られませうか。109愚図々々(ぐづぐづ)して()ると家令(かれい)生命(いのち)()くなるか()れませぬぞや』
110三千(みち)『エルさま、111まア落付(おちつ)いて(くだ)さい。112家令(かれい)大丈夫(だいぢやうぶ)だから、113そして(なに)()つちやなりませぬよ』
114 エルは『ハイ』と()(なが)ら、115(ちぢ)んで(しま)つた。
116三千(みち)(おく)さま、117()うやらワツクスが(かく)してゐたところ、118家令殿(かれいどの)看破(かんぱ)されて一悶着(ひともんちやく)(おこ)つたと()えます。119(これ)(わたし)(まか)して(くだ)さい。120キツト如意宝珠(によいほつしゆ)()つて(かへ)御目(おめ)にかけます。121そして家令(かれい)親子(おやこ)(わたくし)(まか)して(くだ)さいませ。122()うして発見(はつけん)したのも矢張(やつぱり)神様(かみさま)御蔭(おかげ)(ござ)いますからなア』
123(ひめ)何事(なにごと)神徳(しんとく)(たか)貴方様(あなたさま)(おほ)せ、124御任(おまか)(まを)します』
125(はな)して()(ところ)へ、126家令(かれい)のオールスチンは、127(わが)()のワツクスを引立(ひきた)(なが)ら、128如意宝珠(によいほつしゆ)(たま)幾重(いくへ)にも厳重(げんぢう)(つつ)み、129(この)()(あら)はれ(きた)り、130パツと両手(りやうて)をつき、
131オールス『奥様(おくさま)132(まこと)申訳(まをしわけ)()(こと)(いた)しました。133(せがれ)馬鹿者(ばかもの)(わる)友達(ともだち)(そそのか)され、134種々(いろいろ)謀叛(むほん)(たく)み、135(かく)して()りましたのを(やうや)(さと)り、136(せがれ)腰縄(こしなは)をつけて、137此処迄(ここまで)(わび)(まゐ)りました。138(いづ)(せがれ)生命(いのち)大罪人(だいざいにん)(ござ)いますから、139(おも)存分(ぞんぶん)にしてやつて(くだ)さいませ。140(わたし)(せがれ)斯様(かやう)(もの)出来(でき)たと(おも)へば旦那様(だんなさま)へも、141世間(せけん)へも申訳(まをしわけ)()ちませぬから……』
142()ふより(はや)懐剣(くわいけん)引抜(ひきぬ)き、143矢庭(やには)(わが)(はら)突立(つきた)てようとする一刹那(いつせつな)144三千彦(みちひこ)()(くだ)りて懐剣(くわいけん)をもぎとり、145(こゑ)(はげ)まして、
146三千(みち)『オールスチン殿(どの)147(こころ)落付(おちつ)けなされ。148何事(なにごと)(みな)神様(かみさま)摂理(せつり)(ござ)いませう。149(この)問題(もんだい)奥様(おくさま)より(わたし)一任(いちにん)されて()りますから、150()御急(おせ)きなさるには(およ)びませぬ。151(いま)()ぬる(いのち)(なが)らへて御主人様(ごしゆじんさま)忠義(ちうぎ)御尽(おつく)しなさる(はう)が、152何程(なにほど)(まこと)(とほ)るか()れませぬよ。153そして貴方(あなた)息子(むすこ)154ワツクス殿(どの)三千彦(みちひこ)(あづ)かつて()りますれば安心(あんしん)なさるが(よろ)しい。155(じつ)(ところ)(わたし)はアンブラツクとは(かり)()156(じつ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)三千彦(みちひこ)(まを)(もの)157当館(たうやかた)はバラモン(けう)だと()つた(ゆゑ)に、158故意(わざ)とバラモン(けう)宣伝使(せんでんし)()()んで御救(おすく)ひに(まゐ)つたのです。159(いま)(まで)(わが)()(いつは)つた(つみ)奥様(おくさま)(はじ)御一同様(ごいちどうさま)御許(おゆる)しを(ねが)ひます』
160(ひめ)『エー(なん)仰有(おつしや)います。161貴方(あなた)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(さま)(ござ)いましたか。162(これ)はイカイ御無礼(ごぶれい)(いた)しました。163(しか)(なが)らよくまア急場(きふば)(たす)けて(くだ)さいました。164有難(ありがた)(ぞん)じます。165貴方(あなた)御神徳(ごしんとく)()つて(たま)所在(ありか)(わか)り、166()んな(うれ)しい(こと)(ござ)いませぬ』
167三千(みち)三五教(あななひけう)()ひ、168バラモン(けう)()ふも(もと)(ただ)せば(ひと)つの神様(かみさま)(ござ)いますから、169(をしへ)勝劣(しようれつ)(ござ)いますまい。170(ただ)(みち)(ほう)ずるものの(こころ)()つて御神徳(ごしんとく)(あら)はれに大小高下(だいせうかうげ)区別(くべつ)がつく()けのものです』
171オールス『貴方(あなた)(はじ)めて御目(おめ)にかかつた(とき)から、172何処(どこ)とはなしに(かは)つた御方(おかた)(おも)つて()りましたが、173三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(ござ)いましたか。174(まこと)失礼(しつれい)(いた)しました。175斯様(かやう)乱痴気(らんちき)(さわ)ぎを御目(おめ)()け、176(まこと)御恥(おはづ)かしう(ござ)います。177吾々(われわれ)親子(おやこ)はバラモンの(かほ)(どろ)()つたものですから、178何卒(どうぞ)()なして(くだ)さいませ。179(これ)ばかりがお(ねがひ)(ござ)います。180そして(わたし)自殺(じさつ)()つて(せがれ)(つみ)幾分(いくぶん)(かる)くして(くだ)さる(こと)ならば、181それを冥途(めいど)御土産(おみやげ)として、182(いさ)んで()()きます。183南無(なむ)大自在天(だいじざいてん)大国彦命(おほくにひこのみこと)(さま)……』
184合掌(がつしやう)し、185決死(けつし)覚悟(かくご)(しめ)して()る。
186 三千彦(みちひこ)立上(たちあが)宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)めたり。
187三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
188(われ)三千彦神司(みちひこかむつかさ)
189(かみ)御綱(みつな)(あやつ)られ
190不知々々(しらずしらず)にテルモンの
191(やま)(ふもと)(あら)はれて
192(きよ)(なが)れを()(わた)
193此方(こなた)(むか)つて(すす)(をり)
194小国姫(をくにひめ)神司(かむづかさ)
195二人(ふたり)侍女(じぢよ)(ともな)ひて
196いと(ねもごろ)()()をば
197(やかた)(いざな)(かへ)りまし
198種々(いろいろ)雑多(ざつた)御悩(おんなや)
199(つつ)まず(かく)さず()(たま)
200はからせ(たま)ふを()くよりも
201同情(どうじやう)(なみだ)()えかねて
202皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
203真心(まごころ)()めて(いの)(をり)
204(かみ)化身(けしん)のスマートが
205()(みみ)(ちか)(こゑ)をかけ
206如意(によい)宝珠(ほつしゆ)行衛(ゆくゑ)をば
207完全(うまら)委曲(つばら)相示(あひしめ)
208ケリナの(ひめ)(その)(ほか)
209数多(あまた)託宣(たくせん)(くだ)しつつ
210雲路(くもぢ)()けて(かへ)ります
211()れは(こころ)(いさ)()
212小国姫(をくにひめ)()(むか)
213天地(てんち)道理(だうり)()(さと)
214(ただ)何事(なにごと)神直日(かむなほひ)
215(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
216見直(みなほ)しませと(すす)めつつ
217(かみ)御前(みまへ)平伏(ひれふ)して
218(この)難局(なんきよく)をいと(やす)
219(むす)ばむために村肝(むらきも)
220(こころ)千々(ちぢ)(くば)りけり
221(とき)しもあれやエルさまは
222(あわ)ただしくも()(きた)
223家令(かれい)(やかた)人殺(ひとごろし)
224大騒動(だいさうどう)突発(とつぱつ)
225()たりと報告(ほうこく)()くよりも
226(ほか)()れては一大事(いちだいじ)
227如何(いかが)はせむと(おも)(をり)
228オールスチンの御入来(ごじうらい)
229(うづ)(たから)芽出度(めでたく)
230此処(ここ)(はこ)ばせ(たま)ひたる
231(この)瑞祥(ずゐしやう)はテルモンの
232(やかた)万代不易(ばんだいふえき)なる
233瑞祥(ずゐしやう)なりと(いは)ひつつ
234(すべ)ての(まが)()(なほ)
235(ただ)何事(なにごと)大神(おほかみ)
236さばきに(まか)(まつ)るべし
237(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
238(もと)より()しきものならず
239八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
240曲津霊(まがつみたま)(くも)らされ
241不知々々(しらずしらず)悪魔道(あくまだう)
242()()きたりしものなれば
243皇大神(すめおほかみ)(たま)ひたる
244(いづ)言霊(ことたま)()()げて
245いろいろ雑多(ざつた)罪科(つみとが)
246科戸(しなど)(かぜ)吹払(ふきはら)
247(はら)(きよ)めて速川(はやかは)
248(なが)れの(ごと)身体(からたま)
249(みたま)(ちり)()めざれと
250皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
251三千彦(みちひこ)(いの)(たてまつ)
252小国姫(をくにひめ)よオールスチンよ
253ワツクス(つかさ)心安(うらやす)
254思召(おぼしめ)されよ三千彦(みちひこ)
255ここに(あら)はれ()(うへ)
256如何(いか)でか罪人(つみびと)(つく)らむや
257(こころ)(やす)かれ惟神(かむながら)
258(かみ)(ちか)ひて()(つた)
259朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
260(つき)()つとも()くるとも
261仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
262(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
263(をしへ)()をば(まか)しなば
264如何(いか)なる(まが)(たけ)びをも
265(けつ)して(おそ)るる(こと)()
266(たふと)(ゐやま)三五(あななひ)
267皇大神(すめおほかみ)御神徳(ごしんとく)
268バラモン(けう)(まも)ります
269大国彦(おほくにひこ)御稜威(おんみいづ)
270ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
271(みたま)(さち)はひましませよ』
272 三千彦(みちひこ)(うた)にて家令(かれい)のオールスチン(および)ワツクスはヤツと安心(あんしん)し、273(なみだ)(なが)して神恩(しんおん)感謝(かんしや)し、274如意宝珠(によいほつしゆ)奉持(ほうぢ)して小国別(をくにわけ)病室(びやうしつ)(つみ)陳謝(ちんしや)すべく、275小国姫(をくにひめ)276三千彦(みちひこ)(とも)にシトシトと(すす)()く。
277大正一二・三・一七 旧二・一 於竜宮館 外山豊二録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
9/8飯塚弘明.comブログ更新。「三鏡解説」を011まで載せました。目次はこちら
9/1飯塚弘明.com「霊界物語スーパーメールマガジン」に昨年から連載している三鏡の解説を、加筆訂正してブログに順次掲載して行きます。「三鏡解説 目次
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→