霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 老水(らうすい)〔一七六四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 篇:第4篇 新政復興 よみ:しんせいふっこう
章:第19章 老水 よみ:ろうすい 通し章番号:1764
口述日:1924(大正13)年01月25日(旧12月20日) 口述場所:伊予 山口氏邸 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1927(昭和2)年10月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
秋山別より先に行ったモリスは、木株につまづいて倒れ、老体のこととて、息も絶え絶えになってしまう。
その様を見かねて、春子姫はモリスの手当てをする。モリスは息を吹き返すが、自分を助けてくれたのが春子姫とは知らず、うわごとに春子姫を責める。
後から秋山別は追いついて、倒れているモリスと合流する。二人はとうてい姫に追いつけないと判断し、辞職を覚悟で家路についた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6919
愛善世界社版:263頁 八幡書店版:第12輯 369頁 修補版: 校定版:277頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001 秋山別(あきやまわけ)002モリスの両老(りやうらう)は、003(さき)高砂城(たかさごじやう)世子(せいし)国愛別(くにちかわけ)脱出(だつしゆつ)気附(きづ)かざりし責任(せきにん)()ひ、004(をし)くてならぬ地位(ちゐ)表面上(へうめんじやう)005責任(せきにん)()うて辞任(じにん)すると()つて、006辞表(じへう)提出(ていしゆつ)し、007楓別命(かへでわけのみこと)より……それには(およ)ばぬ。008今後(こんご)()をつけて、009国家(こくか)忠勤(ちうきん)(はげ)めよ……との、010優握(いうあく)なる箴言(しんげん)(かたじけ)なうし、011やつと(むね)()()ろし、012恋々(れんれん)たる(もと)地位(ちゐ)居据(ゐすわ)り、013(これ)天下太平(てんかたいへい)とタカをくくつてゐた(ところ)014(また)もや妹君(いもうとぎみ)清香姫(きよかひめ)思想(しさう)(なん)となく異様(いやう)(かん)ぜられたので心配(しんぱい)でならず、015(あやまち)(ふたた)びせば、016今度(こんど)こそは切腹(せつぷく)してでも(まをし)(ひら)きをせなならないと両老(りやうらう)は、017夜半(やはん)にも(かかは)らず、018(ひめ)身辺(しんぺん)注意(ちうい)(はら)つてゐた。019にも(かかは)らず、020月夜(つきよ)(かま)をぬかれた(やう)(おどろ)きに()ふて、021(こころ)(こころ)ならず、022こんなことを(ほか)役人(やくにん)(さと)られては、023自分(じぶん)地位(ちゐ)(あやふ)い、024(さいは)夜明(よあ)けには(すこ)しく()があるのだから、025今夜(こんや)(うち)(ひめ)所在(ありか)(たづ)ね、026ソツと城中(じやうちう)(むか)()れておかむものと、027(つゑ)(ちから)()けつ(まろ)びつ、028裏門口(うらもんぐち)より馬場(ばんば)木立(こだち)()うて、029ウントコ ドツコイ ドツコイと(かへる)(はね)たやうなスタイルで、030(いき)もせきせき()つかけて()く。
031 秋山別(あきやまわけ)足拍子(あしびやうし)()(なが)(うた)ふ。
032『ハアハアウントコ ドツコイシヨ
033高倉城(たかくらじやう)重臣(ぢうしん)
034世間(せけん)(やつ)から(うやま)はれ
035最大(さいだい)権威(けんゐ)掌握(しやうあく)
036大老(たいらう)地位(ちゐ)にすわりつつ
037国愛別(くにちかわけ)若君(わかぎみ)
038スツパぬかれて、ドツコイシヨ
039禿()げた(あたま)(だい)なしに
040めしやがれ(はな)をねぢられて
041どうして大老(たいらう)(かほ)()
042是非(ぜひ)がないので表向(おもてむき)
043進退伺(しんたいうかがひ)辞職願(じしよくねがひ)
044ソツとコハゴハ()してみたら
045仁慈無限(じんじむげん)国司様(こくしさま)
046(けつ)してそれには(およ)ばぬと
047()(くだ)さつた(うれ)しさよ
048ヤツと(むね)をば()()ろし
049(つと)大事(だいじ)朝晩(あさばん)
050(こころ)(くば)薬罐(やつくわん)
051湯気(ゆげ)()てつつ見守(みまも)れば
052しばしは無事(ぶじ)()ぎたれど
053隙間(すきま)(ねら)()(かみ)
054(また)もや(やかた)(あら)はれて
055大事(だいじ)大事(だいじ)(ひめ)(さま)
056甘言(かんげん)(もつ)(そそ)のかし
057(ひつ)ぱり()したに(ちがひ)ない
058まだ()があけるに()もあれば
059一生懸命(いつしやうけんめい)御行方(おゆくへ)
060(さが)しあてずにおくものか
061オイオイ モリスしつかりせい
062今日(けふ)(いのち)瀬戸際(せとぎは)
063ウントコドツコイ、ハアハアハア
064(のど)がひつつき(いき)つまる
065よい(とし)してからこんな苦労(くらう)
066なさねばならぬ二人(ふたり)()
067ホンに因果(いんぐわ)(うま)れつき
068ウントコドツコイ ドツコイシヨ
069四方(しはう)八方(はつぱう)()をつけて
070人間(にんげん)らしい(かげ)みれば
071()つつかまへて(しら)べあげ
072否応(いやおう)いはさず()(かへ)
073ソツと二人(ふたり)(あぶら)をば
074()つておかねば(この)(のち)
075懲戒(しめし)にならないドツコイシヨ
076老眼鏡(らうがんきやう)(くも)()
077一寸先(いつすんさき)(わか)らない
078眼鏡(めがね)をとれば(なほ)()えぬ
079進退(しんたい)ここに(きは)まつた
080ウントコドツコイ ドツコイシヨ
081アイタヽタツタ()(かぶ)
082(あし)をつまづき(すね)むいた
083ウンウンウンウン あゝ(いた)
084(こし)(ほね)(まで)ギクギクと
085(くだ)らぬ小言(こごと)をいひ()した
086アイタヽタツタ アイタツタ』
087 モリスは(たふ)れてゐる秋山別(あきやまわけ)()(おこ)し、088介抱(かいはう)しておつては(ひめ)行方(ゆくへ)見失(みうしな)ふ。089それだと()つて、090みすみす友達(ともだち)をすてて()(わけ)にもゆかず、091一間(いつけん)(ほど)(まへ)(はし)つてみたり、092(あと)(もど)つたり、093幾度(いくど)進退(しんたい)をしてゐる。
094秋山(あきやま)『オイ、095モリス殿(どの)096(なに)をして(ござ)る。097第一線(だいいつせん)(やぶ)るれば、098第二線(だいにせん)活動(くわつどう)するは兵法(へいはふ)奥義(おくぎ)では(ござ)らぬか。099拙者(せつしや)(かま)はず、100トツトと出陣(しゆつぢん)なされ。101間髪(かんぱつ)()れざる(この)場合(ばあひ)102(はや)くお()でなされ。103(この)秋山(あきやま)殿(しんがり)となつて、104そこらの木蔭(こかげ)(くさむら)(さが)しつつ()くで(ござ)らう、105サア(はや)(はや)く』
106とせき()てられ、
107モリス『()(ほど)、あとは貴殿(きでん)にお(まか)(まを)
108ウントコドツコイ ドツコイシヨ
109(むかし)(つみ)がめぐり()
110(また)もや(をんな)苦労(くらう)する
111()れの(こひ)では()けれ(ども)
112(わる)(やつ)めが()んで()
113こいこいこいと(ひめ)(さま)
114つれ()しやがつたに(ちがひ)ない
115ウントコドツコイ ドツコイシヨ
116グヅグヅしてゐちや()があける
117(はや)所在(ありか)(さが)()
118とつつかまへて(もと)(さや)
119をさめておかねば吾々(われわれ)
120(おほ)きな(かほ)丸潰(まるつぶ)
121皺腹(しわばら)()らねばならうまい
122すまじきものは宮仕(みやづか)
123ウントコドツコイ ドツコイシヨ
124(へそ)()()つて八十年(はちじふねん)
125これだけ(つら)(こと)あろか
126秋山別(あきやまわけ)腰抜(こしぬけ)
127芝生(しばふ)(たふ)れてウンウンと
128脛腰(すねこし)()たぬ(あさ)ましさ
129とは()ふものの(おれ)だとて
130最早(もはや)呼吸(こきふ)がつづかない
131オーイ オーイ(ひめ)(さま)
132オーイ オーイ春子姫(はるこひめ)
133そこらに()るなら(おれ)(たち)
134(こころ)推量(すいりやう)した(うへ)
135あつさり姿(すがた)(あら)はせよ
136オーイ オーイお(ひめ)さま
137(けつ)して(しか)りはせぬ(ほど)
138一号(いちがう)二号(にがう)三号(さんがう)四号(しがう)
139五号(ごがう)(がふ))の写真(しやしん)()にくはにや
140一升(いつしよう)でも二升(にしよう)でも(さが)します
141オーオ オーイお(ひめ)さま
142(すずめ)(ひやく)(まで)牡鳥(おんどり)
143(わす)れぬためしも(ござ)ります
144(なに)(ほど)頑固(ぐわんこ)なモリスでも
145(こひ)には経験(けいけん)()つてゐる
146貴女(あなた)(けつ)して不利益(ふりえき)
147(はなし)はせない村肝(むらきも)
148(こころ)(やす)んじ(わが)(まへ)
149あつさり(あら)はれ(くだ)さんせ
150高倉城(たかくらじやう)大騒動(おほさうどう)
151ヒルの国家(こくか)大問題(だいもんだい)
152(こひ)しき(ちち)母上(ははうへ)
153見捨(みす)てて()るとは不孝(ふかう)ぞや
154(ついで)(わたし)不幸(ふかう)ぞや
155フコウ(たうげ)(ふもと)(まで)
156かからぬ(うち)(ひめ)(さま)
157どうしてもこしても(つか)まへて
158皺面(しわづら)()てねばおくものか
159ウントコドツコイ、アイタヽヽ
160(おれ)秋州(あきしう)()(まひ)
161木株(きかぶ)につまづき向脛(むこずね)
162(とが)つた(いし)ですりむいた
163ウンウンウンウン アイタヽヽ
164アイタヽタツタ、アイタツタ』
165()つたきり、166(その)()(いき)(ほそ)つて(たふ)れて(しま)つた。
167 春子姫(はるこひめ)(すこ)横側(よこがは)灌木(くわんぼく)(しげ)みに、168(ひめ)()ひつき、169(いき)(やす)めてゐたが、170(この)(てい)()()(どく)がり、171小声(こごゑ)で、
172(ひめ)(さま)173(いま)(たふ)れてゐるのはモリスぢやありませぬか。174あゝしておけば、175(ことぎ)れて(しま)ひませう、176介抱(かいはう)して(たす)けてやりませうか』
177清香(きよか)『あ、178(たす)けてやらねばならず、179(たす)けてやれば(わらは)目的(もくてき)()たず、180どうしたら()からうかな。181みすみす老臣(らうしん)見殺(みごろ)しにして(まで)182()()(わけ)にもゆかず、183(こま)つた(こと)出来(でき)たものだ。184春子(はるこ)185其方(そなた)186そろそろモリスの介抱(かいはう)をしてやつて(くだ)さい。187(あま)(はや)()()けると、188(わらは)()げる()がないから、189そこは(とき)(はか)つて(ことぎ)れない(やう)に、190そろそろ(いそ)いで(たす)けてやつて(くだ)さい。191(その)(あひだ)(わらは)()げのびますからね』
192春子(はるこ)()(ほど)193よい御考(おかんが)へで(ござ)います。194(わたくし)がモリス(その)()役人(やくにん)(なに)(ほど)(まゐ)りましても、195一歩(いつぽ)(これ)から(みなみ)()かぬやうに、196()ひとめますから御安心(ごあんしん)なさいませ』
197清香(きよか)何分(なにぶん)(たの)みます、198左様(さやう)なら……』
199金剛杖(こんがうづゑ)(ちから)(はし)()した。200()はガラリと()けて小鳥(ことり)(こゑ)四方(しはう)八方(はつぱう)より(きこ)えて()る。201春子(はるこ)は、
202(ひめ)(さま)203キツト(あと)から(まゐ)ります』
204(こゑ)をかけた。205清香姫(きよかひめ)二三回(にさんくわい)うなづき(なが)ら、206密林(みつりん)(なか)姿(すがた)(かく)した。207春子(はるこ)はモリスの(そば)立寄(たちよ)()れば、208(からだ)をピコピコ(うご)かせ、209(かす)かな(いき)をしてゐる。210(たちま)水筒(すいたう)(みづ)(くち)(ふく)ませ、211(せな)()()(たた)いて、212三五(あななひ)大神(おほかみ)(ねん)じ、213(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)』と(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)した。214五分間(ごふんかん)(ほど)()(のち)215モリスは『ウーン』と一声(ひとこゑ)(うな)つて、216(あたま)をソツと(もた)げ、217老眼(らうがん)(ひら)いて、
218『あゝ秋山別(あきやまわけ)か、219()(たす)けてくれた。220何分(なにぶん)(とし)がよつて、221(あし)(もろ)いものだから、222(この)(とほ)りむごい()()うたのだ。223あゝ()(くら)む、224まア(しばら)此処(ここ)(いき)(やす)めねばなるまい。225清香姫(きよかひめ)(さま)は、226こんな無謀(むぼう)(こと)はなさる(はず)はないが、227侍女(じぢよ)春子(はるこ)(やつ)228彼奴(あいつ)張本人(ちやうほんにん)だらう。229オイ秋山(あきやま)230(ひめ)(さま)小言(こごと)いふ(わけ)にいかぬから、231以後(いご)懲戒(みせしめ)に、232春子(はるこ)(やつ)牢屋(らうや)へでもブチこんで(から)()をさしてやらねばなるまいぞ、233ウンウンウン』
234 春子(はるこ)(これ)()くより、235モリスの(ふところ)からタヲルを(とり)()し、236()からかけて、237(あたま)をグツと(しば)り、238モリスの(いのち)大丈夫(だいじやうぶ)と、239一生懸命(いつしやうけんめい)(ひめ)(あと)(たづ)ねて(はし)()した。
240 秋山別(あきやまわけ)(あし)をチガチガさせ(なが)(やうや)くにしてモリスの(そば)(まで)やつて()た。
241秋山(あきやま)『ヤア貴殿(きでん)はモリス殿(どの)では(ござ)らぬか。242テも(さて)大怪我(おほけが)をなさつたとみえる。243(その)鉢巻(はちまき)(なん)(ござ)る』
244モリス『(この)鉢巻(はちまき)貴殿(きでん)がさしてくれたのでは(ござ)らぬか。245一命(いちめい)すでに(あやふ)(ところ)246(たす)(くだ)され、247(まこと)感謝(かんしや)()へませぬ。248()つべき(もの)同僚(どうれう)なりけりだ。249(かげ)(あし)(いた)みも余程(よほど)軽減(けいげん)(いた)した』
250秋山(あきやま)(けつ)して、251拙者(せつしや)貴殿(きでん)(たす)けたのではない。252(やうや)うの(こと)253此処(ここ)(まで)辿(たど)りついた(ところ)(ござ)る。254(さつ)する(ところ)255貴殿(きでん)何人(なにびと)かに(すく)はれたので(ござ)らう』
256といひ(なが)鉢巻(はちまき)(はづ)す。
257モ『(なん)だか(やはら)かい()だと(おも)つてをつた。258さうすると、259拙者(せつしや)(たす)けてくれたのは貴殿(きでん)では(ござ)らぬか。260(なに)はともあれ命拾(いのちびろ)ひをして結構(けつこう)(ござ)る』
261秋山(あきやま)()()()けて(しま)へば、262捜索(そうさく)仕方(しかた)もなし、263大老(たいらう)ともあらう(もの)が、264(とも)もつれずに、265ウロついて()つては(かへつ)(うたが)ひの(たね)266(なん)とか善後策(ぜんごさく)(かう)じようでは(ござ)らぬか』
267モ『左様(さやう)(ござ)る、268職務上(しよくむじやう)(すて)おく(わけ)にはいかず、269だと(まを)して、270()()()るのに、271吾々(われわれ)(ひめ)捜索(そうさく)もなりますまい。272()(かく)間道(かんだう)よりソツと(わが)(いへ)(かへ)(こと)(いた)しませう。273秋山別(あきやまわけ)殿(どの)274拙者(せつしや)(かは)り、275貴殿(きでん)感慨無量(かんがいむりやう)(ござ)らうのう。276貴殿(きでん)御賢息(ごけんそく)277菊彦(きくひこ)殿(どの)掌中(しやうちう)(たま)()がしたも同様(どうやう)(ござ)れば、278御愁傷(ごしうしやう)(ほど)2781(さつ)(まを)す。279最早(もはや)吾々(われわれ)両人(りやうにん)(これ)()城中(じやうちう)出入(でいり)せない覚悟(かくご)をきめれば()いでは(ござ)らぬか。280老先(おいさき)(みじか)吾々(われわれ)281何時(いつ)までも骨董品(こつとうひん)だ、282(とこ)置物(おきもの)だと、283機械扱(きかいあつかひ)をされて、284頑張(ぐわんば)つておつても(つま)(まを)さぬでないか。285吾々(われわれ)両人(りやうにん)退職(たいしよく)さへすれば、286政治(せいぢ)方針(はうしん)悪化(あくくわ)するかも()れないが、287マア()(かく)人気(にんき)一変(いつぺん)して288それが(かへつ)てお(くに)(ため)になるかも()れませぬぞ、289秋山殿(あきやまどの)如何(いかが)(ござ)る』
290秋山(あきやま)一度(いちど)ならず、291二度(にど)(まで)大失敗(だいしつぱい)(かさ)ね、292大老(たいらう)として、293どうして(これ)国司(こくし)(かほ)()はされうぞ。294(また)衆生(しゆじやう)(たい)しても()(わけ)(ござ)らぬ。295貴殿(きでん)のお言葉(ことば)(とほ)り、296各自(かくじ)(やかた)(かへ)辞表(じへう)呈出(ていしゆつ)(いた)し、297責任(せきにん)(あきら)かにするで(ござ)らう。298(しわ)(ぱら)()つて切腹(せつぷく)すれば(はら)(いた)し、299(をし)(いのち)がなくなる道理(だうり)300(なに)(ほど)顕要(けんえう)職務(しよくむ)だといつても、301(いのち)には()へられ(まを)さぬ。302アツハヽヽヽ』
303モ『早速(さつそく)御賛成(ごさんせい)304モリス満足(まんぞく)(ござ)る。305(しか)(なが)()(あし)(いた)んでは、306どうする(こと)出来(でき)(まを)さぬ。307一町(いつちやう)(ばか)(うしろ)(かへ)せば、308そこに谷水(たにみづ)(なが)れてゐる。309(その)(みづ)でも()んで(いき)をつぎ、310ボツボツ帰館(きかん)(いた)すで(ござ)らう。311秋山殿(あきやまどの)312()(どく)(なが)ら、313拙者(せつしや)()()つて(くだ)され。314どうも(くる)しうてなり(まを)さぬ』
315秋山(あきやま)()いぬれば(ひと)(そし)りもしげくなりて
316足腰(あしこし)()たぬ今日(けふ)(くる)しさ』
317モ『身体(からたま)はよし()ゆる(とも)精霊(せいれい)
318いと(うる)はしく(わか)やぎ(さか)ゆ』
319秋山(あきやま)脛腰(すねこし)()たぬ()(なが)(なに)()
320清麗(せいれい)(みづ)でも()んで(いき)せよ』
321モ『そらさうだ(なに)(ほど)元気(げんき)()ふたとて
322(あらそ)はれない(とし)阪路(さかみち)
323秋山(あきやま)海老腰(えびごし)に、なつてピンピンはねたとて
324()うてくれねば店曝(たなざら)しかな。
325(また)しても清香(きよか)(ひめ)()げられて
326二人(ふたり)はここに(あわ)()くかな』
327 かく(くち)ずさみ(なが)ら、328(やうや)くにして一町(いつちやう)(ばか)(ひき)(かへ)し、329谷川(たにがは)から(なが)れてくる清水(せいすい)(たまり)(そば)へと()いた。
330モ『(おい)()(みたま)うるほす清水(しみづ)かな。
331(この)清水(しみづ)(ひと)(いのち)(すく)ふらむ』
332秋山(あきやま)『われも(また)清水(しみづ)むすばむ(なつ)(あさ)
333(あせ)となり(ちから)ともなる清水(しみづ)かな。
334年寄(としよ)りの(しわ)(まで)()びる清水(しみづ)かな。
335()(うへ)(かへ)りて(なに)岩清水(いはしみづ)
336モ『水臭(みづくさ)(ひめ)()げられ清水(しみづ)()む。
337春子姫(はるこひめ)(われ)(すく)ふて()げて()く』
338秋山(あきやま)『サア(はや)(いへ)(かへ)らむ二人(ふたり)()れ』
339 かく(くち)ずさみ(なが)両老(りやうらう)(つゑ)(ちから)(しろ)馬場(ばんば)間道(ぬけみち)から、340(ちから)なげにトボトボと(かへ)つて()く。
341大正一三・一・二五 旧一二・一二・二〇 伊予 於山口氏邸、松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。