霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 篇:余白歌 よみ:
章:余白歌 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年2月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm198801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
目的(もくてき)善良(ぜんりやう)なれば方法(はうはふ)
いたつて(かる)()(やす)からむ〈総説(三)〉

人間(にんげん)区別(くべつ)なけれど心魂(たましひ)
清濁(せいだく)により()(しづ)みあり〈総説(三)〉

村肝(むらきも)(こころ)(うご)きやすければ
(かみ)御綱(みつな)によりて(つな)げよ〈総説(三)〉

()(なか)他人(たにん)(のこ)らず()(とも)
(とも)とし()りて(きよ)(まじ)はれ〈第2章(三)〉

釈迦如来(しやかによらい)八万四千(はちまんよんせん)経巻(きゃうくわん)
(せん)じつむれば断念(だんねん)二字(にじ)〈第2章(三)〉

八島国(やしまくに)浪風(なみかぜ)(あら)()(とき)
(しづ)かなりけり(かみ)御国(みくに)〈第4章〉

久方(ひさかた)天津日嗣(あまつひつぎ)大稜威(おほみいづ)
(あら)はれ()でて()()らしませ〈第4章〉

(くも)りなき大御心(おほみこころ)真寸鏡(ますかがみ)
四方(よも)国々(くにぐに)()(わた)るなり〈第4章〉

(おそ)るべきものは身魂(みたま)(けが)れなり
根底(ねそこ)(くに)(おのづ)から()〈第6章〉

遠津御祖(とほつみおや)(かみ)(けが)れはなけれども
(おの)(こころ)()(けが)すなり〈第6章〉

村肝(むらきも)(こころ)(をさ)めて(みち)のために
つくせば(かみ)恩頼(おんらい)()〈第6章〉

仏教(ぶつけう)(あたか)百合根(ゆりね)(ごと)くなり
むけばむくほど(なに)もなくなる〈第7章(三)〉

(いにし)への祖先(そせん)(つみ)(むくふ)とは
(わけ)のわからぬ(をしへ)なるかな〈第7章(三)〉

面白(おもしろ)日々(ひび)生活(せいくわつ)する(とき)
(つひ)溺没(できぼつ)するものと()〈第7章(三)〉

白曇(しらくも)(そと)には()きぬ惟神(かむながら)
(まこと)(みち)()(もと)にあり〈第8章〉

如何(いか)ほどの(かしこ)(ひと)凡人(ただびと)
(こころ)(いろ)(つつ)みきられず〈第8章〉

同人(どうにん)二度三度(ふたたびみたび)(だま)さるる
(ひと)天性(てんせい)馬鹿者(ばかもの)なるべし〈第8章(三)〉

何事(なにごと)予定(よてい)なければ順序(じゆんじよ)あり
順序(じゆんじよ)(かみ)のものなればなり〈第11章(三)〉

過失(あやまち)(みな)怠慢(たいまん)(つみ)ぞかし
手足(てあし)をまめに(みち)(つか)へよ〈第11章(三)〉

天地(あめつち)()づる(やま)しき(こころ)あらば
その精霊(せいれい)始終(しじゆう)()めらる〈第11章(三)〉

()(ひと)(ののし)るものは(かなら)ずや
わが()(あく)(さら)すものなり〈第13章(三)〉

物事(ものごと)はその原因(げんいん)調(しら)ぶれば
結果(けつくわ)自然(しぜん)()かるものなり〈第14章(三)〉

盗人(ぬすびと)(かなら)盗児(とうじ)(やしな)はず
(おの)れの(あく)(おほ)へばなりけり〈第17章(三)〉

何事(なにごと)悪例(あくれい)(なら)べて比較(ひかく)する
(ひと)はまことの曲者(くせもの)なりけり〈第17章(三)〉

安楽(あんらく)にのみ(ふけ)りなば(すゑ)(つひ)
暗黒界(あんこくかい)堕落(だらく)するなり〈第17章(三)〉

得意(とくい)なる地位(ちゐ)()しなば()(うへ)
栄誉(えいよ)(のぞ)まず沈勇(ちんゆう)なる()〈巻末(三)〉

(わが)(とし)指折(ゆびを)(かぞ)()()くを
(くや)(こころ)(すで)()したり〈巻末(三)〉

(ひと)()(よう)()ければ生命(せいめい)
()きと(ひと)しく(わび)しきものなる〈巻末(三)〉

覇者(はしや)(みな)天下(てんか)無理(むり)()すものと
(さと)れば()()(あらそ)ひも()〈巻末(三)〉

(三は三版の略)

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。