霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 ()洗礼(せんれい)〔一〇〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻 篇:第4篇 言霊神軍 よみ(新仮名遣い):ことたましんぐん
章:第21章 火の洗礼 よみ(新仮名遣い):ひのせんれい 通し章番号:1009
口述日:1922(大正11)年09月24日(旧08月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
突然吹き荒れた山おろしに城下は破壊され、城からは出火し火炎に包まれた。竜雲やケールス姫も館の中で黒煙に巻かれてしまった。人々が救いを求めて叫ぶ声の中、宣伝歌の勇ましい言霊が聞こえてきた。
それはサガレン王一行の宣伝歌であった。サガレン王は炎と黒煙の中、宣伝歌を歌いながら数多の部下を指揮し、城内の人々を救うべく努力している。君子姫と清子姫は奥殿深く猛火の中に進み入り、竜雲とケールス姫を救いだし、城の広場に運んできた。
どこからともなく、天の目一つの神(北光神)の宣伝歌が聞こえてきた。そして、この日の洗礼によって城内に立てこもっていた曲津神の眷属たちは逃げ去ったと告げた。そして竜雲やケールス姫も改心した今、竜雲に仕えて体主霊従を行っていた人々は、皇大神にその罪を謝罪するようにと促した。
天の目一つの神は杖をつきながら、人々が非難する広場に微笑を浮かべて現れた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3621
愛善世界社版:234頁 八幡書店版:第6輯 666頁 修補版: 校定版:243頁 普及版:104頁 初版: ページ備考:
001サガレン(わう)真心(まごころ)
002(ささ)げて(つか)へまつりたる
003誠忠(せいちう)無比(むひ)神司(かむつかさ)
004アナン、セールを(はじ)めとし
005ユーズの(つかさ)シルレング
006数多(あまた)同志(どうし)諸共(もろとも)
007義勇(ぎゆう)(ぐん)召集(せうしふ)
008夜陰(やいん)(じやう)じて竜雲(りううん)
009(ひそ)神地(かうぢ)城塞(じやうさい)
010破竹(はちく)(いきほひ)(すさま)じく
011侵入(しんにふ)するや竜雲(りううん)
012(ふか)(たく)みの陥穽(おとしあな)
013ありとも()らず軽進(けいしん)
014(おも)はぬ奇禍(きくわ)(おちい)りて
015高手(たかて)小手(こて)(ばく)せられ
016無残(むざん)()(にん)牢獄(らうごく)
017投入(なげい)れられて朝夕(あさゆふ)
018サガレン(わう)()(うへ)
019(あん)(わづら)ひまちまちの
020(うはさ)をなして()(おく)
021(とき)しもあれや曲津(まがつ)(かみ)
022牢番頭(らうばんがしら)のベール()
023曲津(まがつ)(かみ)命令(めいれい)
024(かた)(まも)りて朝夕(あさゆふ)
025()(にん)(つかさ)身辺(しんぺん)
026監視(かんし)するこそ(おそ)ろしき
027如何(いかが)はしけむ竜雲(りううん)
028(にはか)心機(しんき)一転(いつてん)
029()(にん)(つかさ)牢獄(ひとや)より
030(いち)()(はや)解放(かいはう)
031(すく)()せよと下知(げち)すれば
032(しこ)のベールはブツブツと
033小言(こごと)タラタラ(おもて)をば
034南瓜(かぼちや)(ごと)くふくらせて
035スタスタ(きた)(らう)(まへ)
036いろいろ雑多(ざつた)押問答(おしもんだふ)
037()(にん)一同(いちどう)(くち)(そろ)
038竜雲(りううん)(ごと)悪神(あくがみ)
039指図(さしづ)をうけて吾々(われわれ)
040いかで(この)()(うご)かむや
041それより(なんぢ)(はじ)めとし
042曲津(まがつ)(かか)りし竜雲(りううん)
043(いち)()(はや)悔悟(くわいご)して
044(まこと)(みち)表白(へうはく)
045尻尾(しつぽ)()げて(わが)(まへ)
046()るにあらずば何時(いつ)(まで)
047出獄(しゆつごく)ばかりは拒絶(きよぜつ)すと
048やり(かや)したる(けな)げさよ
049ベール(つかさ)(あや)しがり
050(かた)鉄扉(かなど)(ひき)あけて
051(おも)はず()らず(なか)()
052一言(ひとこと)二言(ふたこと)言霊(ことたま)
053征矢(そや)(はな)ちし()もあらず
054無残(むざん)やベールはアナン()
055同士(どうし)拳固(げんこ)雨霰(あめあられ)
056(ところ)(かま)はず打撲(ぶんなぐ)され
057悲鳴(ひめい)をあげて(すく)ひをば
058(もと)むる(をり)しも牢獄(らうごく)
059()まはり(きた)りし獄卒(ごくそつ)
060(さと)くも(みみ)(とどろ)きて
061靴音(くつおと)(たか)駆来(かけきた)
062ヤツトは(おどろ)きベールをば
063(すく)()さむと()(ひら)
064一足(ひとあし)二足(ふたあし)(すす)()
065あたり()まはす(をり)もあれ
066アナン、セールやシルレング
067ユーズの()(にん)二人(ふたり)をば
068高手(たかて)小手(こて)(いま)しめて
069悠々(いういう)牢獄(ひとや)立出(たちい)でぬ
070二人(ふたり)()がみをなしながら
071()()(くち)(とが)らして
072曲者(くせもの)(いま)(のが)れたり
073数多(あまた)獄卒(ごくそつ)逸早(いちはや)
074(かれ)()()(にん)(ばく)せよと
075(こゑ)(かぎ)りに()ばはれど
076(なん)(ひびき)もなくばかり
077()(づら)かわくを一同(いちどう)
078(しり)()にかけて嘲笑(あざわら)
079(あく)(むく)いは(この)(とほ)
080(はや)改心(かいしん)(あら)はせと
081言葉(ことば)(のこ)してどことなく
082(おも)(おも)ひに城内(じやうない)
083あなたこなたに(かく)れける
084(にはか)吹来(ふきく)山颪(やまおろし)
085大木(おほき)(たふ)(えだ)()
086無残(むざん)家屋(やね)滅茶(めちや)々々(めちや)
087吹飛(ふきと)ばすこそ物凄(ものすご)
088(かぜ)(ちから)城内(じやうない)
089建築物(けんちくぶつ)(なか)よりは
090炎々(えんえん)濛々(もうもう)()(いだ)
091(けむり)(なか)よりペロペロと
092紅蓮(ぐれん)(した)をばはき()して
093(またた)(うち)(やかた)をば
094将棋倒(しやうぎだふ)しに()めつくす
095数多(あまた)男女(なんによ)右左(みぎひだり)
096うろたへ(まは)りて()(さけ)
097阿鼻(あび)叫喚(けうくわん)地獄道(ぢごくだう)
098()るも無残(むざん)次第(しだい)なり
099
100ケールス(ひめ)竜雲(りううん)
101火焔(くわえん)(した)(つつ)まれて
102(いき)もふさがり闇雲(やみくも)
103うろたへ(さわ)(いき)()
104(いま)()れむとする(ところ)
105(たちま)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)
106ゴウゴウ ガラガラ バタバタと
107(やかた)(むね)のおつる(おと)
108(いきほひ)(たけ)(かぜ)()
109老若(らうにやく)男女(なんによ)(こゑ)(かぎ)
110(すく)ひを(さけ)叫喚(けうくわん)
111(こゑ)(あつ)して(きこ)()
112(その)言霊(ことたま)(いさ)ましさ
113(よみがへ)りたる心地(ここち)して
114(たふと)(かみ)御救(みすく)ひと
115(あふ)(よろこ)(むね)(うち)
116咫尺(しせき)(べん)ぜぬ(ところ)(まで)
117(けむり)(つつ)まれ(くる)しみし
118ケールス(ひめ)意外(いぐわい)にも
119(にはか)(こころ)をおちつけて
120(やかた)(むね)のバチバチと
121()()くさまを打眺(うちなが)
122覚悟(かくご)をきはめ()たりしが
123(これ)(はん)して竜雲(りううん)
124あわてふためき右左(みぎひだり)
125(まへ)(うしろ)とかけめぐり
126(はしら)(あたま)(うち)つけて
127アイタヽヽツタあゝ(くる)しい
128(いき)はふさがる()(にじ)
129(たれ)忠義(ちうぎ)(ひと)()
130われをば(すく)(いだ)せよと
131もがき(くる)しむ(あは)れさよ。
132
133間近(まぢか)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)
134(その)言霊(ことたま)調(しら)ぶれば
135サガレン(わう)(はじ)めとし
136(みづ)御霊(みたま)君子姫(きみこひめ)
137タールチン(つかさ)清子姫(きよこひめ)
138キングス(ひめ)(はじ)めとし
139エームス、テーリス、ゼム、ルーズ
140ヨール、レツトやターレンの
141(すず)しき(こゑ)(きこ)えたり。
142『あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
143(かみ)(おもて)(あら)はれて
144善悪(ぜんあく)正邪(せいじや)()()ける
145(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
146(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
147(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
148直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
149竜雲司(りううんつかさ)(あやま)ちは
150只今(ただいま)ここで()(なほ)
151三五教(あななひけう)やバラモンの
152(をしへ)(つか)ふる宣伝使(せんでんし)
153(われ)君子(きみこ)神司(かむつかさ)
154(われ)国別彦(くにわけひこ)(かみ)
155(かみ)(ちから)()()けて
156神地(かうぢ)(しろ)()(こも)
157曲津(まがつ)(みたま)()(なほ)
158()洗礼(せんれい)(ほどこ)して
159すべての(けが)れを()(きよ)
160焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)(たちま)ちに
161高天原(たかあまはら)一変(いつぺん)
162仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)
163(をしへ)(つた)仁政(じんせい)
164()(ほどこ)して国民(くにたみ)
165(やす)きに(すく)(たす)けむと
166(われ)()はここに(むか)うたり
167(まが)のかかれる竜雲(りううん)
168ケールス(ひめ)(はじ)めとし
169テール、ハルマや(その)(ほか)
170(しこ)醜人(しこびと)(ことごと)
171(なんぢ)(むね)(ひそ)みたる
172八十(やそ)曲津(まがつ)()(いだ)
173(まこと)(みち)(かへ)れよや
174(かみ)至愛(しあい)にましませば
175いかに(こころ)(まが)りたる
176(なんぢ)()なりとて(いたづら)
177(いのち)()らせ(たま)ふまじ
178あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
179(かみ)(めぐみ)(たふと)みて
180一日(ひとひ)(はや)村肝(むらきも)
181(こころ)(なほ)()(きよ)
182(もと)身魂(みたま)になれよかし
183神地(かうぢ)(しろ)今日(けふ)よりは
184サガレン(わう)のしろしめす
185(うづ)聖場(せいぢやう)となりにけり
186牢獄(ひとや)(なか)(つな)がれし
187アナン、セールやシルレング
188ユーズの(つかさ)(いま)何処(いづこ)
189(はや)(この)()(あら)はれて
190(かれ)()曲津(まがつ)()げまどひ
191(くる)しみ(なや)友輩(ともがら)
192(けむり)(なか)()()んで
193一人(ひとり)(のこ)さず(すく)()
194(かみ)(われ)()(まも)りまし
195(たふと)(きよ)(なんぢ)()
196(あつ)(まも)らせ(たま)ふらむ
197(すす)めよ(すす)めいざ(すす)
198紅蓮(ぐれん)(した)()(いだ)
199火焔(くわえん)(なか)(なん)のその
200(かみ)(かな)へる吾々(われわれ)
201()にさへ()けず(みづ)にさへ
202(おぼ)るる(こと)なき強者(つはもの)
203あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
204御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
205 サガレン(わう)黒焔(こくえん)(なか)()つて、206宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、207数多(あまた)部下(ぶか)指揮(しき)し、208城内(じやうない)老若(らうにやく)男女(なんによ)(すく)()さしめむと努力(どりよく)して()る。
209 君子姫(きみこひめ)210清子姫(きよこひめ)奥殿(おくでん)(ふか)猛火(まうくわ)(なか)(すす)()り、211()(けつ)し、212観念(かんねん)(ほぞ)(かた)めて、213泰然(たいぜん)自若(じじやく)たるケールス(ひめ)小脇(こわき)(かか)(しろ)馬場(ばば)(すく)()し、214清子姫(きよこひめ)甲斐(かひ)々々(がひ)しく、215()(うしな)うて(くる)()悪魔(あくま)張本人(ちやうほんにん)竜雲(りううん)引抱(ひきかか)へ、216君子姫(きみこひめ)(したが)ひて、217(しろ)広場(ひろば)(すく)()しぬ。218(その)(ほか)数多(あまた)人々(ひとびと)一人(ひとり)(のこ)さず、219サガレン(わう)(ひき)(きた)れる至誠(しせい)勇士(ゆうし)220(けむり)(なか)をかけ(めぐ)り、221無事(ぶじ)人命(じんめい)(すく)ひたるこそ、222(まつた)(かみ)御助(みたす)けと()られける。223どこともなしに(また)もや(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)224(てき)味方(みかた)区別(くべつ)なくいと殊勝(しゆしよう)げに(みみ)()る。
225(この)()(つく)(かた)めたる
226(まこと)(かみ)(あら)はれて
227善悪(ぜんあく)正邪(せいじや)立別(たてわ)ける
228われは北光(きたてる)神司(かむつかさ)
229(かむ)素盞嗚(すさのをの)大神(おほかみ)
230神言(みこと)(かしこ)斎苑館(いそやかた)
231(あと)(なが)めてはるばると
232フサの国原(くにはら)横断(わうだん)
233(つき)国中(くになか)南行(なんかう)
234(うみ)(わた)りてシロの(しま)
235サガレン(わう)君子姫(きみこひめ)
236竜雲司(りううんつかさ)やケールスの
237(ひめ)(みこと)(たす)けむと
238雲路(くもぢ)()けて(くだ)()
239(あめ)目一(まひと)(かみ)なるぞ
240()洗礼(せんれい)(つつが)なく
241(かみ)のまにまに(をは)りけり
242(この)城内(じやうない)立籠(たてこも)
243八岐(やまた)大蛇(をろち)醜狐(しこぎつね)
244曲鬼(まがおに)(ども)眷族(けんぞく)
245()洗礼(せんれい)()ぢおそれ
246黒雲(くろくも)(おこ)(あめ)()
247(かぜ)のまにまに()()りぬ
248(いま)神地(かうぢ)聖場(せいぢやう)
249(けが)れも(まが)払拭(ふつしき)
250水晶(すゐしやう)(ごと)(きよ)まりぬ
251あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
252(かみ)御水火(みいき)(さづ)かりて
253(この)()(うま)()(きた)
254(よろづ)(もの)霊長(れいちやう)
255(たた)へられたる(ひと)()
256(かみ)(ひと)しきものなれば
257いかでか(まが)のあるべきぞ
258名位(めいゐ)寿富(じゆふう)正欲(せいよく)
259(きよ)(こころ)(なや)まされ
260(つひ)には体主(たいしゆ)霊従(れいじう)
261悪魔(あくま)(かぜ)にそそられて
262利己(りこ)一辺(いつぺん)(たま)となり
263(きよ)身魂(みたま)(たちま)ちに
264そこなひ(やぶ)(けが)れはて
265(まが)棲処(すみか)となるものぞ
266曲津(まがつ)()くふ竜雲(りううん)
267(こころ)悔悟(くわいご)(はな)()きて
268(いま)(つみ)なき(かみ)(みや)
269(けが)れも(とが)めも(さら)になし
270ケールス(ひめ)(はじ)めとし
271竜雲司(りううんつかさ)(へつら)ひて
272体主(たいしゆ)霊従(れいじう)をきはめたる
273(もも)(つかさ)下人(しもびと)
274老若(らうにやく)男女(なんによ)(きら)ひなく
275(こころ)(やす)らに(たひら)かに
276(わが)()(まへ)(あら)はれて
277(いま)(まで)(おか)せし(あやま)ちを
278(すめ)大神(おほかみ)(おん)(まへ)
279(はや)謝罪(しやざい)(たてまつ)
280大恩(たいおん)()けしサガレン(わう)
281(かみ)(みこと)(いま)ここに
282(たま)(ひか)りを(あら)はして
283(きよ)(あら)はれ(たま)ひけり
284(かむ)素盞嗚(すさのをの)大神(おほかみ)
285八人(やたり)乙女(をとめ)(その)(なか)
286目立(めだ)ちて(けな)げな君子姫(きみこひめ)
287御供(みとも)(つか)ふる清子姫(きよこひめ)
288タールチン(つかさ)やキングス(ひめ)
289(うづ)(みこと)やエームスの
290(きよ)(つかさ)(いま)ここに
291(なんぢ)()(もも)人々(ひとびと)
292(すく)はむ(ため)()れましぬ
293あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
294かくなる(うへ)天ケ下(あめがした)
295四方(よも)(くに)には(あだ)もなく
296(くも)りも(けが)れもなきものぞ
297老若(らうにやく)男女(なんによ)(へだ)てなく
298(うへ)(した)との(わか)ちなく
299(しろ)馬場(ばんば)のいや(ひろ)
300(こころ)(きよ)めて一所(ひととこ)
301(あつ)まり(きた)れよ惟神(かむながら)
302(かみ)(ちか)ひて目一(まひと)つの
303(かみ)(つかさ)(いま)此処(ここ)
304(なんぢ)(ため)()(つた)
305あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
306御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
307(うた)(をは)ると(とも)に、308(あめ)目一(まひと)つの(かみ)(けむり)()けて、309コツコツと(つゑ)をつき(なが)ら、310一同(いちどう)避難(ひなん)()微笑(びせう)(うか)べつつ(あら)はれにける。
311大正一一・九・二四 旧八・四 松村真澄録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
12/30霊界物語音読霊界物語朗読日記を追加しました。『第29巻 高砂島・鏡の池のインチキ宗教「懸橋御殿」
12/25王仁DB王仁DBの文献検索の結果画面にオニペディアへのリンクが出るようにしました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→