霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 復古運動(ふくこうんどう)〔二〇三七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第81巻 天祥地瑞 申の巻 篇:第2篇 イドムの嵐 よみ:いどむのあらし
章:第10章 復古運動 よみ:ふっこうんどう 通し章番号:2037
口述日:1934(昭和9)年08月05日(旧06月25日) 口述場所:伊豆別院 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
マーク、ラートが引率した民衆軍は、一戦も交えることなくイドム城を取り返した。
この群集の中には、イドム国王アヅミの右守ターマンが、民衆に変装して紛れ込んでいた。ターマンはマークとラートに近寄り身分を明かし、イドム王が月光山に隠れていることを明かして、感謝の意を表した。
マークは自分たちの手柄ではなく、天命によってサール軍は滅びたと歌うと、こうなった上は、アヅミ王を再び迎えて王に再び国を任せたいとターマンに伝えた。
ターマン、ラート、マークは互いにここまでの道のりの苦難を歌いあった。そして、ターマンとマークは月光山へアヅミ王を迎えに出立し、王の到着まで、ラートがイドム城を守ることとなった。
ターマンとマークは、道々これまでの述懐の歌を歌いつつ月光山へと馬を急がせた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8110
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 477頁 修補版: 校定版:205頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 マークとラートの引率(いんそつ)せる軍人交(ぐんじんまじ)りの群衆(ぐんしう)は、002(あたか)無人(むじん)(きやう)()(ごと)く、003イドム(じやう)(ただ)一戦(いつせん)(まじ)へずして取返(とりかへ)し、004軍師(ぐんし)エーマンは周章狼狽(しうしやうらうばい)結果(けつくわ)005激流(げきりう)()()()()せければ、006風塵(ふうぢん)(まつた)(をさ)まりて更生(かうせい)気分(きぶん)天地(てんち)(ただよ)ひにける。007()群衆(ぐんしう)(なか)には、008アヅミ(わう)右守(うもり)(つか)へたるターマン(つかさ)変装(へんさう)して(しの)()たりしが、009この光景(くわうけい)()(おほい)(よろこ)び、010ラート、011マークの(そば)(ちか)(すす)みより、012(かた)握手(あくしゆ)(かは)感謝(かんしや)(なみだ)()()たり。
013 ターマンはマーク、014ラートに(むか)つて(うた)ふ。
015(わが)(きみ)(うしな)(たま)ひし食国(をすくに)
016()かし(たま)ひし(きみ)(かみ)なり
017(わが)(きみ)月光山(つきみつやま)(こも)らひて
018(あさ)(ゆふ)なに(いの)(たま)ひし
019()(かみ)御霊(みたま)(かか)りて二柱(ふたはしら)
020(きみ)(ちから)()(たま)ひけむ
021()くならばイドムの(くに)はアヅミ(わう)
022(ふたた)治下(ちか)(よみがへ)るらむ
023()(いさを)つぶさに(きみ)(つた)ふべし
024(かなら)(よみ)(たま)ふなるらむ
025(われ)こそはイドムの城下(じやうか)(ひそ)みつつ
026今日(けふ)吉日(よきひ)()()たりけり
027(きみ)(おも)(くに)(おも)ひて真心(まごころ)
028(つく)(たま)ひし(たふと)(なれ)かも』
029 マークは(うた)ふ。
030有難(ありがた)(ちから)なき()()(かみ)
031(めぐみ)(われ)()()げしはや
032(きみ)(ため)御国(みくに)(ため)(つく)したる
033(われ)報酬(むくい)(のぞ)まざるべし
034国民(くにたみ)(しひた)(すさ)びしエールス(わう)
035(ほろ)びたるこそ天意(てんい)なるべし
036(そな)へなきイドムの(しろ)()()せし
037(われ)には(なん)(ちから)だもなし
038(てん)(とき)()()(ひと)()によりて
039維新(ゐしん)端緒(たんしよ)(ひら)けたるかな
040国民(くにたみ)(しひた)げながら()をしぼり
041(おご)りし曲津(まが)(ほろ)()せたり
042今日(けふ)よりはアヅミの(きみ)(むか)()
043(たみ)(こころ)(やす)めむと(おも)ふ』
044 ターマンは(うた)ふ。
045有難(ありがた)しマーク(つかさ)(こと)()
046わが王許(きみがり)(はや)(つた)へむ
047(わが)(きみ)(なれ)(こころ)聞召(きこしめ)
048(よろこ)(たま)はむ(おも)へば(うれ)しき』
049 マークは(うた)ふ。
050(われ)(また)(かたむ)(くに)(ただ)さむと
051年月(としつき)(こころ)(くだ)()たりき
052(てん)(とき)(いた)りて(やうや)()(おも)
053()れたる今日(けふ)心地(ここち)よさかな
054(ちから)なき(われ)なりながら真心(まごころ)
055弓弦(ゆづる)容易(ようい)にきれざりにけり
056弓弦(ゆみづる)(はな)れし征矢(そや)何処(どこ)までも
057(とほ)さでおかぬ大丈夫(ますらを)のむね
058イドム(じやう)(つつ)みし黒雲(くろくも)()()きて
059(むし)()()()(わた)りけり
060大空(おほぞら)(つつ)みし(くも)()()きて
061御空(みそら)(つき)(かがや)()めたり
062年月(としつき)(かさ)ねて維新(ゐしん)端緒(いとぐち)
063(ひら)()めたり今日(けふ)吉日(よきひ)
064朝夕(あさゆふ)(かみ)(いの)りし甲斐(かひ)ありて
065今日(けふ)(あたら)しき(つき)()るかな
066()(うへ)(なに)をか(のぞ)まむ(わが)(きみ)
067(こころ)のままに(したが)はむのみ
068(つゆ)ほども(きたな)(こころ)()たぬ(われ)
069(つかさ)(くらゐ)などは(のぞ)まじ
070月日(つきひ)()るイドムの(くに)更生(かうせい)
071()れば(のぞ)みのあらぬ(われ)なり
072国民(くにたみ)歓呼(くわんこ)(こゑ)山嶽(さんがく)
073(ゆる)ぐばかりに(とどろ)(わた)るも
074国民(くにたみ)(よみがへ)りたる心地(ここち)して
075アヅミの(きみ)(ゑら)(むか)へむ
076目附役(めつけやく)()(しの)びつつ年月(としつき)
077維新(ゐしん)(ため)計画(はから)()しはや
078()くの(ごと)目出度(めでた)月日(つきひ)()はむとは
079(おも)はざりけり一年(ひととせ)()
080一年(ひととせ)(みぢ)かき月日(つきひ)(けが)したる
081エールス(わう)(ゆめ)()えたり』
082 ターマンは(ふたた)(うた)ふ。
083国民(くにたみ)誠心(まことごころ)(あつ)まりて
084イドムの(くに)(くも)()れたり
085(われ)(また)死生(しせい)(ちまた)彷徨(さまよ)ひて
086今日(けふ)吉日(よきひ)()()たりけり
087雄々(をを)しかるマークの(きみ)(はじ)めとし
088ラートの(きみ)感謝(ゐやひ)せむとす
089月光(つきみつ)(やま)(こも)りて(わが)(きみ)
090(なげ)きの月日(つきひ)(おく)(たま)ひつ
091有難(ありがた)御代(みよ)となりけり()(かみ)
092(いづ)(めぐみ)はいやちこにして
093今日(けふ)よりは()大神(おほかみ)(いつ)かひて
094(くに)(さか)えを(いの)(まつ)らむ
095(ためし)なき()(よろこ)びに()ひけるも
096(かみ)御稜威(みいづ)汝等(なれら)(はたら)
097国民(くにたみ)誠心(まことごころ)代表(だいへう)
098()たせ(たま)へる(きみ)(たふと)さ』
099 マークは(うた)ふ。
100『ターマンの右守(うもり)(きみ)御言葉(おんことば)
101()くにつけても(なみだ)ぐまるる
102(わが)(きみ)御代(みよ)(やす)かれと村肝(むらきも)
103(こころ)(つく)せし甲斐(かひ)ありにけり
104幾度(いくたび)(しこ)目附(めつけ)(とら)へられ
105(くら)牢獄(ひとや)()()まれける
106食物(しよくもつ)(ろく)(あた)へず(くる)しめし
107目附(めつけ)(こころ)曲鬼(まがおに)なりけり
108牢獄(ろうごく)()()れられて()たれつつ
109無情(むじやう)()きし()もありにけり
110七度(ななたび)八度(やたび)牢獄(ひとや)にとぢられて
111()行末(ゆくすゑ)(なげ)かひしはや
112()(かみ)(めぐみ)によりて(やうや)くに
113今日(けふ)吉日(よきひ)()ひにけるかな
114()ぎし()(こと)(おも)へば(おのづか)
115悲憤(ひふん)(なみだ)(ほほ)(つた)はる
116一日(いちにち)(やす)けき()とては()かりけり
117目附(めつけ)(つかさ)(ねら)はれにつつ
118()(ひと)にブラツクリストとけなされて
119悲憤(ひふん)(なみだ)幾日(いくひ)(なげ)きぬ』
120 ターマンは憮然(ぶぜん)として(うた)ふ。
121雄々(をを)しもよマークの(きみ)物語(ものがたり)
122()くも悲憤(ひふん)(なみだ)こぼるる
123()()てて(きみ)(くに)とに(つく)したる
124雄々(をを)しきマークの(こころ)()くも
125種々(くさぐさ)(なや)みに()へて(いま)此処(ここ)
126維新(ゐしん)(のぞ)みを()げし(きみ)かも』
127 ラートは(うた)ふ。
128(われ)もまた縄目(なはめ)(はぢ)幾度(いくたび)
129()けて御国(みくに)(つく)()にけり
130父母(ちちはは)生命(いのち)()られ(つま)()
131行方(ゆくへ)()れず(なや)みたりけり
132(きみ)(ため)(くに)御為(おんため)父母(ふぼ)(ため)
133妻子(つまこ)(ため)(はげ)まされけり
134わが(つま)はいづらなるらむ(わが)御子(みこ)
135如何(いかが)なりしと(おも)へば(かな)しき
136父母(ちちはは)妻子(つまこ)(わす)れて今日迄(けふまで)
137御国(みくに)(ため)(はたら)きにけり』
138 ターマンは(うた)ふ。
139(われ)(いま)ラート(つかさ)物語(ものがたり)
140()きて(かな)しくなりにけるかな
141(わが)(きみ)(なれ)(おと)らぬ(くる)しみと
142(なや)みを(しの)ばせ()(たま)ひける
143王民(きみたみ)(ひと)(こころ)(くる)しみて
144維新(ゐしん)大業(たいげふ)()()げにける
145()くなれば一日(ひとひ)(はや)(わが)(きみ)
146()瑞祥(ずゐしやう)()らせ(まつ)らむ
147武士(もののふ)よラートの(きみ)()(しろ)
148()たせ(たま)はれ(わが)(きみ)()ますまで
149(われ)(いま)マーク(つかさ)(ともな)ひて
150月光山(つきみつやま)(いそ)(かへ)らむ』
151 ラートは(うた)ふ。
152『ターマンの右守司(うもりつかさ)御言葉(おんことば)
153(うべな)(われ)(しろ)(まも)らむ』
154 ターマンは(うた)ふ。
155『いざさらばマークの(つかさ)諸共(もろとも)
156(いそ)(かへ)らむ月光(つきみつ)(やま)に』
157 (ここ)右守(うもり)のターマンはマークの勇士(ゆうし)(とも)栗毛(くりげ)(こま)(またが)りつ、158群衆(ぐんしう)歓呼(くわんこ)(こゑ)(おく)られて(ひづめ)(おと)(いさ)ましく、159百里(ひやくり)(へだ)つる月光山(つきみつやま)へと(いそ)ぎける。
160 ターマンは馬上(ばじやう)ゆたかに(うた)ふ。
161『ああ(いさ)ましや(いさ)ましや
162()大神(おほかみ)御恵(みめぐみ)
163イドムの(しろ)(つつ)みたる
164(しこ)黒雲(くろくも)()れにけり
165イドムの(しろ)(むかし)より
166アヅミの(きみ)領有(うしは)げる
167伊佐子(いさご)(しま)真秀良場(まほらば)
168至治太平(しちたいへい)(ゆめ)()
169(いくさ)(そな)へを等閑(なほざり)
170なしたる(すき)(うかが)ひて
171悪逆無道(あくぎやくぶだう)のサール(こく)
172エールス(わう)軍隊(ぐんたい)
173()(かこ)まれて果敢(はか)なくも
174(きみ)古城(こじやう)(おと)されぬ
175アヅミの(きみ)(はじ)めとし
176右守(うもり)左守(さもり)軍師等(ぐんしら)
177()()らされし郎党(らうたう)
178かり(あつ)めつつ野路(のぢ)()
179山川(やまかは)(わた)月光(つきみつ)
180(さか)しき(やま)()(ひそ)
181天地(てんち)(かみ)(みや)()
182(みそぎ)(わざ)(をさ)めつつ
183(とき)(いた)るを()ちにけり
184ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
185(かみ)御稜威(みいづ)(あら)はれて
186矢叫(やさけ)びの(こゑ)(とき)(こゑ)
187うら()(かぜ)となりにけり
188ああ有難(ありがた)(たの)もしや
189国民(くにたみ)(いま)(わが)(きみ)
190()てずに(くに)(まも)れるか
191マーク、ラートの両雄(りやうゆう)
192(こころ)筑紫(つくし)甲斐(かひ)ありて
193(たちま)ちイドムの天地(あめつち)
194(しこ)黒雲(くろくも)(はら)はれぬ
195月日(つきひ)(きよ)(みづ)(きよ)
196山野(やまの)(さや)かに(あを)みつつ
197(もも)果物(くだもの)よく(みの)
198イドムの(くに)楽園(らくゑん)
199(ふたた)(きみ)(むか)へつつ
200千代(ちよ)(たの)しむ今日(けふ)こそは
201神代(かみよ)()かぬ(よろこ)びぞ
202ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
203(かみ)(めぐみ)(たふと)さよ
204(われ)(これ)より(きも)(むか)
205(こころ)(あらた)()()まし
206()大神(おほかみ)朝夕(あさゆふ)
207(うやま)(まつ)()(まつ)
208イドムの(くに)隆盛(りうせい)
209(わが)国民(くにたみ)幸楽(かうらく)
210真心(まごころ)()めて(はか)るべし
211()()(みち)(とほ)けれど
212千里(せんり)(こま)(あし)(はや)
213()()(かぜ)(たてがみ)
214(なび)かせながら(すす)()
215(こま)地上(ちじやう)(りう)なれや
216(みち)隈手(くまで)(つつが)なく
217難所(なんしよ)(いと)はず(はし)()
218ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
219(みち)行手(ゆくて)(さち)あれや
220(わが)言霊(ことたま)(ひかり)あれ』
221 マークは馬上(ばじやう)ゆたかに(うた)ふ。
222『ターマン右守(うもり)(したが)ひて
223月光山(つきみつやま)におはします
224アヅミの(きみ)(くに)状態(さま)
225詳細(つぶさ)(かた)ると(すす)()
226今日(けふ)旅立(たびだ)(たの)しけれ
227(こま)(いなな)(ひづめ)(おと)
228()(いさ)ましく(ひび)くなり
229(あき)山々(やまやま)紅葉(もみぢ)して
230(にしき)(はた)()佐保姫(さほひめ)
231(そで)()こそは(ゆか)しけれ
232(みぎ)(ひだり)山峡(やまかひ)
233(つま)()鹿(しか)(こゑ)()えて
234谷間(たにま)(てら)月光(つきかげ)
235(かがみ)(ごと)()(わた)
236下道(したみち)(すす)(われ)こそは
237華胥(くわしよ)御国(みくに)()心地(ここち)
238(いさ)ましかりける次第(しだい)なり
239ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
240(かみ)御稜威(みいづ)(さち)はひて
241暴虐無道(ぼうぎやくぶだう)(きは)めたる
242エールス(わう)(ほろ)びたり
243サツクス(ひめ)(ころ)されぬ
244左守(さもり)のチクター(はじ)めとし
245(つよ)騎士(ナイト)(ことごと)
246人魚(にんぎよ)(つかさ)計略(けいりやく)
247水泡(みなわ)となりたる(あさ)ましさ
248軍師(ぐんし)エーマン只一人(ただひとり)
249あとに(のこ)りて()(あと)
250()がむと(たく)める(をり)もあれ
251(とき)こそよしと吾々(われわれ)
252イドムの(しろ)郊外(かうぐわい)
253憂国悲憤(いうこくひふん)同志等(どうしら)
254()(あつ)めつつ(たか)らかに
255維新(ゐしん)壮挙(さうきよ)()りつれば
256群衆(ぐんしう)一度(いちど)賛同(さんどう)
257(しこ)(ひそ)める城内(じやうない)
258(くも)(かすみ)押寄(おしよ)せぬ
259軍師(ぐんし)エーマン(おどろ)きて
260(たちま)水乃(みなの)激流(げきりう)
261()()生命(いのち)()せにけり
262ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
263(しろ)(うち)には敵将(てきしやう)
264(かげ)(まつた)()()せて
265無人(むじん)(はら)()(ごと)
266(これ)(まつた)()(かみ)
267公平(こうへい)無私(むし)なる御裁(おんさば)
268(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)
269()くなる(うへ)一日(ひとひ)だも
270(はや)くアヅミの(わが)(きみ)
271(むか)(まつ)りて(あたら)しく
272御代(みよ)()てさせ(たま)ふべく
273()ひのみ(まつ)国民(くにたみ)
274(あか)(こころ)をまつぶさに
275(まう)(つた)へよ右守神(うもりがみ)
276ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
277今日(けふ)(よろこ)(かぎ)りなし
278()()(かぜ)(さはや)かに
279天地更生(てんちかうせい)(ひびき)あり
280月光山(つきみつやま)(さか)しとも
281(たに)(なが)れは(ふか)くとも
282(なに)かひるまむ大丈夫(ますらを)
283弥猛心(やたけごころ)突進(とつしん)
284(きみ)御前(みまへ)復命(かへりごと)
285(まう)さむ(とき)こそ(たの)しけれ
286ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
287御霊(みたま)幸倍(さちはへ)坐世(ましませ)
288昭和九・八・五 旧六・二五 於伊豆別院 森良仁謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。