霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 (おも)ひの掛川(かけがは)〔二〇四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第81巻 天祥地瑞 申の巻 篇:第3篇 木田山城 よみ:きたやまじょう
章:第13章 思ひの掛川 よみ:おもいのかけがわ 通し章番号:2040
口述日:1934(昭和9)年08月14日(旧07月5日) 口述場所:水明閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一方エームス太子は、木田山城の奥殿に恋の悩みを述懐の歌に歌っていた。父王がイドム国を滅ぼしたために、自分がチンリウ姫の親の敵になってしまったことで、父王エームスへの恨みを歌った。
そこへ朝月、夕月が帰ってきて、チンリウ姫の心は固く、説得に失敗したことを報告した。そこでエームス太子は、侍女のアララギをこちら側に引き入れて、姫を説得させる策を思いついた。
さっそくアララギを縛ったまま太子の前に引き出した。朝月は、このまま姫が太子の思いを拒み続ければ牢獄に苦しみつづけ、思いを受け入れれば太子妃として栄華を得られるだろう、と二者択一を迫り、アララギを問い詰めた。
するとアララギは恐れ気もなく、姫を必ず説得させようと太子の前で約束した。そして牢獄に送還されたアララギは、言葉を尽くしてチンリウ姫を説得にかかった。
このままでは、我々は処刑されてしまう、それよりはエームス太子の妃になって牢獄から抜け出せば、命も助かり、よい暮らしも出来、イドム国の再興もなるだろう。何より、従者である自分たちの命を憐れと思い、どうか助けてください、と最後は姫の情に訴えた。
アララギ、センリウ母娘の嘆願によって、チンリウ姫は憐れみの心から、ついにエームス太子の思いを受け入れることに決めた。
エームス太子はさっそく三人を牢獄から解放し、立派な衣装に着替えさせ、宮殿に迎え入れた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8113
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 497頁 修補版: 校定版:280頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 木田山城(きたやまじやう)奥殿(おくでん)には、002エームス(わう)只一人(ただひとり)黙然(もくねん)として(こひ)(なや)みながら、003(かすか)(こゑ)にて述懐(じゆつくわい)(うた)ひつつありぬ。
004『この()(うま)れて二十年(にじふねん)
005(ちち)(はは)との膝下(ひざもと)
006(うづ)御子(みこ)よと(はぐく)まれ
007(あさ)(ゆふ)なに諸々(もろもろ)
008(つかさ)側女(そばめ)にかしづかれ
009(たの)しき春秋(しゆんじう)おくり()
010ここに二十年(はたち)(はる)(むか)
011もののあはれを()()めて
012(なや)みの(ふち)(しづ)みつつ
013あらぬ恋路(こひぢ)にとらはれて
014(あさ)(ゆふ)なの(くる)しみを
015(かた)らふ(すべ)()くばかり
016わが()(こひ)にとらはれて
017()()身体(からたま)(ほそ)りつつ
018(たま)生命(いのち)朦朧(もうろう)
019行方(ゆくへ)()らずの(おも)ひなり
020ああ如何(いか)にせむわが()ふる
021(ひめ)はまさしく敵国(てきこく)
022アヅミの(きみ)(むすめ)とかや
023わが(ちち)(ちから)如何(いか)(まさ)るとも
024(なさけ)如何(いか)(ふか)くとも
025この(こひ)のみは如何(いか)にして
026()りとげ()べき(よし)もなし
027(たま)()生命(いのち)()えむと(おも)ふまで
028(あさ)(ゆふ)なにこがれたる
029生命(いのち)をかけての恋人(こひびと)
030げに(かな)しもよ敵国(てきこく)
031アヅミの(きみ)愛娘(まなむすめ)
032(おも)へば如何(いか)にこがるとも
033わが(おも)ひねのとどくべき
034()くなる(うへ)はわが(ちち)
035イドムの(くに)(ほろ)ぼせし
036(ゐや)なき(わざ)もにくらしく
037()(うら)めしく(おも)はるる
038生命(いのち)をかけて(こが)れたる
039(ひめ)(うらみ)如何(いか)にして
040はらはむ(よし)(なつ)()
041(そら)をふさげる五月闇(さつきやみ)
042()時鳥(ほととぎす)(こゑ)かれて
043()()(おも)ひのわが()なり
044朝月(あさづき)夕月(ゆふづき)二柱(ふたはしら)
045(こころ)づくしも(いま)となりて
046(なん)(いらへ)(なつ)()
047(みじか)(こころ)如何(いか)にして
048われはつながむ百鳥(ももとり)
049(きよ)きなく()百花(ももばな)
050(かを)りも(われ)には(しこ)(こゑ)
051(しこ)小草(をぐさ)(はな)なれや
052()るもの()くもの(ことごと)
053(かな)しみの(たね)(うさ)(たね)
054(なげ)きの(たね)()くばかり
055()くなる(うへ)はわが生命(いのち)
056()きて(せん)なし木田川(きたがは)
057(みづ)藻屑(もくづ)になり()てて
058水底(みなそこ)(ふか)くひそみつつ
059(こひ)(なや)みを(なが)さむか
060ああ(かな)しけれわが恋路(こひぢ)
061ああ(うら)めしもわが(ちち)
062(ゐや)なき振舞(ふるま)(いま)となりて
063(われ)恋路(こひぢ)()かしむるか
064果敢(はか)なき浮世(うきよ)のありさまや
065(つれ)なきこの()のたよりかな。
066わが()ふる(ひと)(てき)ゆゑ真心(まごころ)
067うたがひかへりて(うら)みかへせり
068恋人(こひびと)はわが敵国(てきこく)(きみ)御子(みこ)
069()けばきく(ほど)(かな)しかりけり
070かなはざる(こひ)(おも)へどわが(ちから)
071もちて(なび)けむ(こころ)ならずも
072(こころ)なき(はな)()()づる不甲斐(ふがひ)なさ
073(おも)へば(こひ)はかなしかりけり
074わが(こひ)(ゆる)さぬ(むすめ)真心(まごころ)
075(おも)へばふかく(にく)まれもせず
076われは(いま)(こひ)悪魔(あくま)にとらはれて
077()()()えず(やみ)にさまよふ
078手折(たを)るべき(はな)にあらずと(おも)へども
079(おも)ひかへせぬ(すべ)なき(われ)なり
080よしや()(かは)藻屑(もくづ)となるとても
081この恋心(こひごころ)永久(とは)()せざらむ
082朝月(あさづき)生言霊(いくことたま)夕月(ゆふづき)
083情言葉(なさけことば)()かぬ(ひめ)かな
084腰元(こしもと)のアララギうまくとりこみて
085(ひめ)(こころ)(うご)かさむかな』
086 ()(うた)(をり)しも、087朝月(あさづき)088夕月(ゆふづき)(うやうや)しくも御前(みまへ)(すす)(きた)りて(うた)ふ。
089朝月(あさづき)『いろいろと言霊戦(ことたまいくさ)射向(いむか)へど
090千引(ちびき)(いは)(うご)くともせず
091チンリウの(ひめ)(こころ)大岩(おほいは)
092(よそほ)ひなしてびくとも(うご)かず
093村肝(むらきも)(こころ)つくしてかけ()へど
094よろしき便(たより)なく(よし)もなき
095わが(きみ)()はさむ(かほ)もなきままに
096(なや)みて()りぬ夕月(ゆふづき)(とも)に』
097 夕月(ゆふづき)(うた)ふ。
098若王(わかぎみ)(きよ)(こころ)()らさむと
099(おも)ひしことも(ゆめ)となりける
100御父(おんちち)(うら)(こころ)(ふか)くして
101チンリウ(ひめ)(すこ)しも(うご)かず
102わが(ちから)最早(もはや)()きたりこの(うへ)
103手玉(てだま)()へてのぞまむと(おも)ふ』
104 エームス(わう)(うた)ふ。
105『さまざまと汝等(なれら)二人(ふたり)(はたら)きを
106(われ)よみすれど(こころ)さみしき
107この(うへ)侍女(じぢよ)のアララギ()(いだ)
108()づは言向(ことむ)(やは)すべきかな
109()(もつ)てさそへば侍女(じぢよ)のアララギは
110(かなら)(なび)かむ如何(いか)(おも)ふぞ』
111 朝月(あさづき)()()つて(うた)ふ。
112若王(わかぎみ)御言(みこと)かしこみアララギを
113(まね)きて(ひめ)(こころ)をさそはむ』
114 夕月(ゆふづき)(うた)ふ。
115『アララギの(こころ)(うご)かば(かなら)ずや
116チンリウ(ひめ)もまつろひ(きた)らむ』
117 ()くて朝月(あさづき)118夕月(ゆふづき)獄吏(ごくり)(めい)じ、119アララギを(しば)りたるまま、120(わう)(まへ)()(きた)らしめければ、121万事(ばんじ)抜目(ぬけめ)なきアララギは、122()くやと早合点(はやがてん)しつつエームス(わう)(まへ)引出(ひきだ)され、123平然(へいぜん)として(ひか)()る。124朝月(あさづき)()づアララギに(むか)ひて(うた)ふ。
125『チンリウの(ひめ)(つか)ふる()乳母(うば)
126アララギなるかいざ言問(ことと)はむ
127(くる)しかる獄舎(ひとや)につながれうごかぬ(ひめ)
128(なれ)(ちから)にたのむなるらむ
129さまざまの責苦(せめく)にあふより(やす)らけく
130(くらゐ)(さか)えをほりせざるにや
131()(こころ)(ひと)つによりてチンリウ(ひめ)
132センリウ(ひめ)(はな)(さか)ゆべきを
133チンリウの(ひめ)(ころ)すも永遠(とことは)
134(はな)()かすも(なれ)(ちから)
135アララギよ(こころ)しづめて(いら)へせよ
136(なれ)生死(せいし)(さかひ)なるぞや
137わが(きみ)(あつ)(こころ)をなみすれば
138三人(みたり)生命(いのち)(あや)ふかるべし』
139 アララギは怖気(おそれげ)もなく満面(まんめん)()みを(たた)へつつ(うた)ふ。
140(およ)ばざる(われ)なりながら姫君(ひめぎみ)
141(きみ)(こころ)(つた)(まつ)らむ
142二十年(はたとせ)(つか)(きた)りし(ひめ)なれば
143わが言霊(ことたま)をうべなひ(たま)はむ
144さりながら(ひめ)御父(おんちち)御母(おんはは)
145(うら)ませ(たま)へば()()ひがたし
146言霊(ことたま)のあらむ(かぎ)りを()()して
147(ひめ)(こころ)(うご)かして()む』
148 朝月(あさづき)(おも)をやはらげながら、
149『アララギの言葉(ことば)よろしも若王(わかぎみ)
150御為(おんため)(まこと)をつくし(たま)はれ
151若王(わかぎみ)(こころ)にかなひ(まつ)りなば
152(なれ)御国(みくに)(はな)(さか)えむ
153永遠(とこしへ)生命(いのち)(たも)ちてこの(しろ)
154(はな)(にほ)ひつ(きよ)(さか)えよ』
155 エームス(わう)(うた)ふ。
156『さかしかる(なれ)アララギを(ちから)とし
157(ひめ)のよろしき便(たより)()たむ
158わが(おも)(なれ)(ちから)になるならば
159(われ)(むく)いむ(くらゐ)(あた)へて』
160 アララギは(うた)ふ。
161『ありがたし若王様(わかぎみさま)御宣言(みことのり)
162生命(いのち)()ててもかなはせ(まつ)らむ』
163 これよりアララギは、164(わう)御前(みまへ)をさがり、165朝月(あさづき)166夕月(ゆふづき)従神(じうしん)(おく)られ、167チンリウ(ひめ)()()められて()獄舎(ひとや)(かへ)(きた)り、168チンリウ(ひめ)(こころ)(うご)かすべく、169言葉(ことば)をつくして(うた)ふ。
170『チンリウ(ひめ)(きこ)()
171われは御前(みまへ)()()され
172さも(おそ)ろしきくさぐさの
173(きみ)御言(みこと)()のあたり
174()()かされて(おどろ)きぬ
175吾等(われら)三人(みたり)今宵限(こよひかぎ)
176(ゆふ)べの(つゆ)()ゆる()
177水責(みづぜ)火責(ひぜ)めは()(おろ)
178あらゆる責苦(せめく)にあはされて
179(なぶ)(ごろ)しにあふところ
180わが言霊(ことたま)善用(ぜんよう)
181エームス(わう)御心(おんこころ)
182(なご)(まつ)ると百千々(ももちぢ)
183(こころ)(くだ)きし甲斐(かひ)ありて
184姫君様(ひめぎみさま)返辞(いらへごと)
185(ひと)つによりて生死(いきしに)
186(わか)るるきはとなりにけり
187チンリウ(ひめ)御君(おんきみ)
188生命(いのち)ありての物種(ものだね)
189如何(いか)なる(うら)みはおはすとも
190生命(いのち)なければ(むく)ゆべき
191(すべ)絶対(ぜつたい)なかるべし
192ここは(しばら)御心(みこころ)
193(なご)(たま)ひてエームスの
194(きみ)(こころ)にまつろひて
195()しき生命(いのち)(たも)ちませ
196アララギ(われ)姫君(ひめぎみ)
197(おな)(こころ)(うら)めども
198(なん)とせむ(すべ)なきままに
199(おそ)(おほ)くも(ひめ)(さま)
200エームス(わう)()(きみ)
201(たてまつ)らむと(ちか)ひけり
202(ゆる)させ(たま)姫君(ひめぎみ)
203(こひ)しき御父(おんちち)御母(おんはは)
204()はせ(まつ)るとアララギが
205真心(まごころ)こめての仕組(しぐみ)なり
206(かなら)()しく(おぼ)すまじ
207忠義一途(ちうぎいちづ)(かた)まりし
208このアララギの真心(まごころ)
209完全(うまら)委曲(つばら)(きこ)()
210エームス(わう)恋心(こひごころ)
211()たさせ(たま)惟神(かむながら)
212(かみ)仕組(しぐみ)(おも)(ゆゑ)
213真心(まごころ)こめて()(まつ)
214()しも(うべな)(たま)はずば
215アヅミの(きみ)御娘(おんむすめ)
216(たふと)御身(おんみ)(たちま)ちに
217(おも)生命(いのち)(うば)はれて
218(あだ)をかへさむ(よし)もなく
219(うら)みの(おに)となり(さが)
220千代(ちよ)八千代(やちよ)(うか)()
221()くなく(なげ)きに(しづ)むらむ
222まげて吾等(われら)(ねが)ひをば
223(ゆる)させ(たま)へと()(まつ)る。
224姫君(ひめぎみ)(こころ)()らずにあらねども
225生命(いのち)のためにすすめ(まつ)るも
226姫君(ひめぎみ)生命(いのち)無事(ぶじ)にささへつつ
227御親(みおや)(うら)みはらさむと(おも)ふ』
228 チンリウ(ひめ)はわづかに(うた)ふ。
229(なさけ)なき乳母(うば)アララギの言葉(ことば)かな
230(てき)にわが()(まか)すべきやは
231武士(もののふ)(むすめ)(うま)れし(われ)なれば
232よしや()すとも()しまざるべし
233アララギの(ゐや)なき言葉(ことば)()くにつけ
234わが(たましひ)()せむとするも
235(たま)()生命(いのち)()しみて父母(ちちはは)
236(あだ)にまつらふ不孝(ふかう)はなさじ
237千万(ちよろづ)(あま)言葉(ことば)(わが)()には
238(にご)れる(まが)のささやきなりける』
239 センリウ(ぢよ)(うた)ふ。
240姫君(ひめぎみ)言葉(ことば)うべよと(おも)へども
241ここ(しばら)くを(しの)ばせ(たま)
242姫君(ひめぎみ)(こころ)(ひと)つにつながりし
243吾等(われら)生命(いのち)あはれみ(たま)
244姫君(ひめぎみ)(いらへ)如何(いかん)三人(さんにん)
245(たま)生命(いのち)にかかはるものぞや
246わが(はは)吾等(われら)生命(いのち)諸共(もろとも)
247(すく)はせ(たま)へチンリウの姫君(ひめぎみ)
248 チンリウ(ひめ)(うた)ふ。
249(うら)めしき(あだ)なりながら汝等(なれら)母子(おやこ)
250生命(いのち)(おも)へばためらひ(ごころ)()
251如何(いか)にせむ()きもかへりもならぬ()
252(われ)()すより(くる)しかりけり
253アララギやセンリウ(ひめ)(ころ)すかと
254(おも)へばかなしき生命(いのち)のわが()
255わが(こころ)かなはずまでも(いま)(しば)
256エームス(わう)御言(みこと)にかなはむ』
257 ()(うた)(をは)るや、258朝月(あさづき)259夕月(ゆふづき)物蔭(ものかげ)より(あら)はれ(きた)り、260(こゑ)もさはやかに(うた)ふ。
261 朝月(あさづき)(うた)
262『あはれあはれ(ひめ)(こころ)(おほ)きさに
263木田山城(きたやまじやう)(よみがへ)りたり
264エームスの(きみ)はさぞかし御心(みこころ)
265(きよ)きを()きて(ゑら)(たま)はむ
266(われ)もまたチンリウ(ひめ)御言葉(おんことば)
267()きて生命(いのち)(さか)えを(おも)ふ』
268 夕月(ゆふづき)(うた)ふ。
269『ありがたし(こころ)つくしの(うみ)()
270()えたる(つき)(うか)ばせ(たま)へり
271チンリウ(ひめ)雄々(をを)しき(こころ)()くにつけ
272(われ)はかげより男泣(をとこな)きせり
273ありがたき御代(みよ)(さか)えのためしかな
274エームス(わう)(きさき)(むか)へて
275いざさらば(きみ)御前(みまへ)にまつぶさに
276(ひめ)真心(まごころ)(つた)(まつ)らむ
277アララギよチンリウ(ひめ)よセンリウよ
278(こころ)(やす)かれやがて(むか)へむ』
279 アララギは(うた)ふ。
280『ありがたしチンリウ(ひめ)真心(まごころ)
281われ()生命(いのち)(すく)はれしはや
282エームスの(きみ)御前(みまへ)にわが()りし
283生言霊(いくことたま)(つた)(たま)へよ』
284 朝月(あさづき)(うた)ふ。
285『アララギの(こころ)づくしの功績(いさをし)
286うまらに(きみ)(つた)(まつ)らむ
287よき便(たよ)()たせ(たま)へよ(われ)(いま)
288(きみ)御前(みまへ)にかへりごとせむ』
289 ()くしてエームス(わう)(こひ)(やうや)曙光(しよくわう)()えたれば、290(わう)(ただ)ちにチンリウ(ひめ)以下(いか)牢獄(らうごく)より開放(かいはう)し、291立派(りつぱ)なる衣裳(いしやう)着替(きか)へさせ、292(わう)宮殿(きうでん)参入(さんにふ)せしむることとはなりぬ。
293昭和九・八・一四 旧七・五 於水明閣 内崎照代謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。