霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章

インフォメーション
題名:第1章 著者:出口瑞月
ページ:1 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B117100c01
一、天帝すなはち天之御中主の大神は無始無終である。天帝は万物の造り主である。ゆゑに天帝は造られたるにあらず。もし他に天帝を造りたりとせば、その他力(たりき)こそ天帝である。もしまた外に大他力ありてその他力を造りたりとすれば、その大他力こそは誠の天帝である。天帝は独一(ひとり)真神(まことのかみ)である。ゆゑにその知識と能力(ちから)の深き事、大いなる事、極まりなきものである。天帝は独尊(どくそん)の性質を有し給ふも自然の道理である。
二、物質界の遠大なること誰かその(さかひ)を定むるを得ん。実に天帝の(たい)は無始無終である。天体学者の説によれば、地球と月との距離は九万七千八百五十里、太陽との距離は三千八百四万里、海王星との距離は十一億九千万里である。海王星は太陽系の最も遠きものである。海王星より他に存在する恒星に至りてはその距離億里兆々里をもつて数へねばならぬ。恒星の最も太陽系に近き者といえへども、その距離は二十二兆英里(えいり)も在る。ゆゑに恒星の最も遠きものに至つては、億々兆々里の距離ありて数ふべからざる無限のものである。
三、光線の速力は一秒間に七万六千里である。太陽の光線は三千八百四万里の距離ある地球に八分間余りにして達するのである。海王星の光線は十二億里の距離より地球に四時間余にして達するのである。恒星の最も近きものはその光線二年余りをもつて地球に達するのである。恒星の最も遠きものは幾千万年の久しきを経て始めて地球に達するのである。
四、また宇宙間にある天体の多き事、如何なる天体学者といへども、その全数を明かに数へ見ること(あた)はぬものである。恒星は皆太陽である。恒星を肉眼をもつて明かに見る事を得るもの五千ばかりあるが、もし望遠鏡の力を()りてこれを窺い見るときは、恒星の数は実に億万をもつて数へる事が出来るのである。かの銀河とて俗に称ふる天の河の如きは、数限りなき恒星細く集まりてなりたるものにして、天の川の中に存在する恒星は三千万も在るのである。我太陽には附属の小星がおよそ三百余りである。おのおの恒星にもまた附属の小星がある。ゆゑに天の川の中にも三億の天体があると云はねばならぬ。ああ宇宙の洪大なる、天体の数多き実に測り知るべからず。
五、この洪大無辺なる宇宙間においてこの数限りなき天体を創造してこれをば統べ守り、天体の運転活用少しもその時を誤たず、天体の順列少しもその所を乱る事なくして、幾億万年の昔より幾億万年の今日に至るまで、この広き世界を支配したまふ天帝においては、必ず無始無終の霊魂と無始無終の(れい)(りよく)(たい)の在るからである。天帝を上帝と言ひ、天神とも言ひ、真神(しんしん)とも言ひ、大金神(こんじん)とも言ふ。皆無上独尊の性を有し万物の大本(たいほん)をなしたまふが故である。