霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章

インフォメーション
題名:第17章 著者:出口瑞月
ページ:59 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B117100c17
一、教役者に告ぐ。汝ら布教の為めに、役員または信者の家に至りて宿するときは、宜しく心を配りて遠く(おもんぱ)かるべし。
二、人は食ふが為めに生くるにあらず、生くるが為めに食ふなり。ゆゑに飽くまで食らひ飽くまで飲むものは、不道徳の至りにして神の御旨(みむね)に叶はざるなり。
三、神の御旨に叶はざるものは、(おのづ)から亡びを招くべし。
四、あまり大食するものは、人に(いや)しまるるのみならず、神の御名(おんな)までも悪くするの(おそれ)あり。
五、曲津神に襲はれしものは総て大食するものなり、大飲するものなり。
六、飯は一度に三(わん)(さだめ)とすべし。あまり空腹(すきばら)のときは四椀食するも可なり。これより超ゆるものは不道徳の至りなり。
七、汁は二椀を越ゆべからず。これより多く吸ふものは恥を()らすものなり。
八、止むを得ざる時の外は、必ずや正午前、または夕飯前には、役員信徒の家に至る事なかれ。されど先方より招かれしときはこの限りにあらず。
九、また正午前と夕飯まへには決して信徒の家に止まるなかれ。(おのれ)が定まりたる住家に帰るべし。
一〇、教役者よ汝ら役員信徒の家に宿りたるとき、家人の朝起き出るまで起きる事なかれ。また家人の起き出でたりと知らば、直ちに起き出でて自ら寝床を片付け、決して家人を労する事なかれ。
一一、又かりそめにも、食ふもの飲むものの話など為すを慎しむべし。
一二、あまり大食するものはその家の内儀に第一に忌み嫌はるべし。
一三、富める家には長く止まりて良し。貧しき家にはあまり長居すべからず。
一四、三度の食事よりほかに(みだ)りに食らふを慎しむべし。
一五、あまり茶をがぶがぶ飲むな、茶菓子をあらすな、恥を思へ。
一六、家人の忙しき事に掛り居るを見れば、勉めてその業を手伝ふべし。
一七、本章は殊更(ことさら)に王仁が本教の教役者に忠告する所なり、朝な夕なに省みよ。