霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章

インフォメーション
題名:第33章 著者:出口瑞月
ページ:118 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B117100c33
一、今の世は物質的文明の壮年時代とも(とな)ふべき時代にして、鉄、石炭、電気などの利用によりて、交通機関の完備し坤与(こんよ)を縮少せしめたる事幾千里、実に便利極まる聖代とはなりぬ。
二、されどまた(ひるがへ)つて一方より社会の裏面を観察する時は、(いま)だ以て完全なる文明社会と思惟(しゐ)するを得ず。何ぞや、人々の精神界の暗黒なること()れなり。
三、人々の精神界の文明を開発し以て世界の平和と進歩を計るは皇国本教の主旨なり。
四、精神的文明をあまねく布教して天下の幸福を増進せんとするは、まづ皇祖皇宗の始めたまひし祭祀の道を(さかん)ならしめざるべからず。
五、ここに於てか、不肖王仁(おに)神界の(めい)を遵奉して大本教護国の旗を揚げたるなり。
六、果実多く実りたる年はその果実の味ひ(はなは)だまづく、また少なく実りたる年の果実はその味ひ至つて宜しきものにして、その形もまたいと大なるが如し。(あめ)益人(ますびと)らが日に月に増し行くにつれて人の人たる(あぢは)ひを失はんとするは実に悲しむべきの至りなり。
七、人は道に依りて活くる者なればその精神も日に月に進み行くべきものなるに、()はなくてその反対なるはそもそもまた何の理由ぞや。
八、これ全く成り成りて成り(たる)はす所の惟神(かんながら)(いのち)の道に遠ざかりて寂滅為楽、狂妄の邪道に陥りて、未だその眼覚めずその場の欲に心奪はれるが故なり。
九、今の世は精神のみか身体(しんたい)までも古人(こじん)にしかず(おほい)に退歩しつつあるなり。これまた皇道に反すが故なり。
一〇、皇道とは御国(みくに)の本教なり。即ち(さい)なり、(けう)なり、(くわん)なり、(ざう)なり。
一一、万世一系の皇上を心底より崇敬し神祇(しんぎ)を畏敬し、殖産興業を励み、本教に依りて人の本分を覚り、以て国家の富強を企図し、決して邪教に迷はず、因縁因果の道理を捨て自力を養ふべし。これ日本帝国に住める者の(まさ)に尽すべき本分なるべし。