霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章

インフォメーション
題名:第16章 著者:出口瑞月
ページ:53 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B117100c16
一、(みづ)(みたま)の大神現世(げんせい)に再び現はれ給ひて昔より世に隠れたる事を、筆と口もて(あかし)し玉へども、今の世の中の人々は、(さかし)き目(さかし)き耳なれば、少しも覚らず、かへつて虚偽の言葉と思ひて或は(そし)り或は笑ひ、或は罵りて顧みる者なきは、誠に皇国の為に悲しむべき事なり。
二、貧しき人といへども神の国に至るべき誠の教を覚りたるものはいとも幸ひなり。そは人のこの限りある(うつ)し世の生命のみにあらず、限りなき生命を継ぐ事を得べければなり。
三、富めるものといへども、誠の道を踏み、神の御恵みを(わきま)へ覚らざる人は大なる災禍(わざはい)なり。たとへ現し世にて形の上の宝に富むとも、後の世の宝とならざればなり。
四、誠の神に仕へ誠の道を行ひたる、正しき事の(むく)ゐより(ほか)に、宝となるべきもの無し。
五、富めるものは、大方は心(たか)ぶりて、神を知らず識らずの間に軽んじ、拭ふべからざる罪を作り居るものなり。
六、罪その霊魂を苦しめて、()の国(そこ)の国に(いざな)ひ行かんとす。故にこの世において、富める人の高天原(たかあまはら)に至らんとするは、枯れたる木に花を咲かせ、実を結ばせんとするに等し。
七、されど富める人にして神を知り道に従ひ、悔い改め信仰を養ひ得たるものは、また一層幸ひなり。そは富める人は、神の御業を補ひ助け(まつ)るの便宜を得ればなり。
八、世の中の事柄は多く、黄金の力にて高きに登り得べく、また知識を研き学問を勉め励みて以て高き位に登り得るなり。されどそは身に付ける欲にして、霊魂につける誠の(さかえ)にはあらざるなり。
九、誠の栄へは、高天原の神の国の取次(とりつぎ)、証し(びと)となり、万世動きなき天津日嗣(ひつぎ)を守る道の武士(もののふ)となるにあり。
一〇、生きて神の為め、天皇の為め世の為めに力を尽し、心を尽し死しては忠義の鬼となりて、神の御道(おんみち)を守り、皇室を(とこし)へに守るは、人と(うま)れしものの本分なり。
一一、日本の国に生れたりとも、日本人たるの行ひなきものは、()国人(くにびと)に等し。
一二、日本民族の正に行ふべき道は、万世一系の皇室を崇めて神を第一とするにあり。
一三、外国人たりとも、日本の神の国の誠の教を守りて、天立君主たる吾大君(おほぎみ)に仕へ奉るものは日本の(たみ)に等しかるべし。
一四、方今(ほうこん)吾国民の多数は、皇国の大本(たいほん)たる神教を覚らず、外尊内卑の慣習(つね)となり、外教に沈溺して聖明の御世(みよ)(けが)さんとす。実に悲しむべきの至りなり。
一五、妖魅の独り(はびこ)れる世は、善を善とするものなし。善は善人に善とせられ、悪人には悪とせらるるものなり。
一六、鬼大蛇(おろち)悪魔の得意なる現世の民は、敬神忠君愛国の神教を()みて、怪しき教に心酔す。国家の為めに将来恐るべきものなり。
一七、本教を奉じて悔ひ改むるものは稀れなり。敵するものは五月蠅(さばへ)の如し。されど最早(みづ)(みたま)天より降り玉ひて、黄金の光を放ち(あま)ねく暗きを照し玉へば、本教によりて悔い改めざるものは、厳しき神の審判を免がるる事あたはざるなり。一日(ひとひ)も早く直日(なほひ)(みたま)によりて省みよ。
一八、天より選まれたる瑞の霊は、誠の神の霊を()けて、この暗き世の中の直霊(ちよくれい)となりて現はれたり。されど瑞の霊の大神は、至仁至愛にましませば、人を別ち玉はず(ほか)の教と競ひ玉はず、争ひ玉はず、善し悪しをも審判(さば)き玉はざりき。
一九、ゆゑに王仁に懸り玉ひても、今迄はよく隠忍して時を待たせ玉ひしなり。
二〇、されど、いつまでも教へず、云はざれば救ひの道を伝へ、(あめ)が下を清むる(あた)はず。すなわち王仁(みづ)(みたま)の大神の御命(みこと)(かし)こみて、家を出で(あま)ねく世界の為めに、悪鬼邪神の群に忍び入りて曲津神の根城(ねじろ)を覆へさんと、八歳の間心を苦しめたり。
二一、この世界は神の田にも(はた)にも、(かり)入るべきものは沢山(さは)にして働くものは、いと少し。刈入るるものとは、誠の信者なり。働くものとは神の道を宣伝する教役者(けうやくしや)なり。
二二、この刈入れしものは、神の国の、万世朽ちぬ宝の倉に安く収めらるべし。
二三、今の世に(みづ)(みたま)審神者(さには)現はるるは、あたかも盗賊無頼(ぶらい)の徒の群に一人の捕吏(とりて)来りしが如く。逃げ惑ふものあり、恐れ謹しみて、心を改むるものあり、罵るものあり、一人として驚き迷はざるはなし。されど誠の人は直日の(みたま)の光りによりて、正しき道なる神を賞め称へ、親に会ひたる如く喜び勇むものなり。