霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章

インフォメーション
題名:第27章 著者:出口瑞月
ページ:102 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B117100c27
一、大曲津神(おほまがつかみ)八十曲津神(やそまがつかみ)共に欺かれて、(そお)れ多くも天神地祇(ちぎ)の神霊の()らせ給へる神号幅(しんがうふく)、守り札、(ならび)に辞令書などを渡したる信者は、知らぬ事とは云ひながら少しも罪なきものといふべからず。
二、人は天津神より賜はりし直日(なほひ)(みたま)あり。この(みたま)の光らざりしがゆゑに彼れ八十枉津(やそまがつ)神に欺かれて、知らず識らずのうちに神明に対して不敬の罪を重ねをる故なり。
三、直日の霊の曇りある者は、既にその心に大曲津潜み居るが故なり。
四、大曲津の指図に従ひて信者より尊き神号などを奪ひ取りたるものの罪はなかなかに重し。されど奪はれしものも罪なしといふべからず。何んとなれば我家の神床(かむどこ)に祭りある神は我家のもの、守るべきは信者たるの務めなればなり。
五、王仁は常にこれらの役員信者の罪を赦されん事を日夜神に祈りつつ、数多の人の罪に代りて千座(ちくら)置戸(おきど)を負ひて堪へ忍びたりき。
六、これらの事を(あまね)く信者に告げて過てるを改めしめ汚れたるを清めんとはするなり。
七、王仁今や天津神の御許しを得て蜂の(むろ)蜈蚣(むかで)の室屋、(まむし)の室屋を逃れ出で、ここにいよいよ救ひの旗を押し立て、五月蠅(さばえ)成せる曲津の(とりで)に追撃せんとす。汝ら世の為め我と共に千座(ちくら)置戸(おきど)を負ひて立て。