霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章

インフォメーション
題名:第26章 著者:出口瑞月
ページ:100 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B117100c26
一、(みづ)(みたま)の大神天より降りて、あらゆる世の中の罪を洗ひ、穢れを清めんとて、天津神の御旨のまにまに、この大本教を開き始め給へるなり。
二、王仁(おに)常に大神の御諭(おんさと)しに依りて常に審神(さには)の道を研き究めつつあるなり。
三、今迄は時鳥(ほととぎす)六畳の別荘に姿を隠し、蔭より道を守りつつありき。
四、蔭の守りといへども神の御稜威(みいづ)は変ることなし。
五、神は影日向を分ちたまはざればなり。
六、道の(しをり)、道の大本などの(ふみ)を著はして天津御国の言葉を(あまね)く広く世に伝へたり。
七、この(ふみ)は神の()言葉なれば動かざること(いはほ)の如し。神の御心もこれに含まれたり。
八、王仁の(からだ)もこの(ふみ)に籠もり、霊魂(たましひ)もまたこの書に籠れり。
九、神の御教へ(なほ)きが上にも直く、正しき上にも正しくして限りなし。ゆゑに神の御教に(まつ)らふ者はその心常に勇ましく嬉しく楽しく覚ゆるものなり。
一〇、自愛深き瑞の霊の御恵みは、人々のいつまで心を尽し身を尽して仕へ奉るとも報ひ果つべきものにあらず。
ただ我身我心を大神に捧げて只管(ひたすら)に仕へ奉るべし。